失礼ながら、幸薄そう…! 男が「貧相な顔」認定する40代女性のメイク癖3例

2019.02.20 BEAUTY

ズバリ!お金が貯まらない人の「ポーチの中身」ありがちな3大NG自分では、きちんと身なりを整えているつもりでも、男性目線だと「幸薄そう」「貧相」などの不名誉なジャッジをくだされていることもあります。

では、男性たちが、そんなネガティブな評価をくだしがちな顔の特徴とは……?

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とし、時短美容家でもある並木まきが、男性たちが「幸薄そうで苦手です」と口にした40代女性のメイクにまつわる特徴を3選ご紹介します。

 

失礼ながら…貧相です!幸薄そうに見える40代女性のメイク癖1:色白肌を際立たせるすっぴん風ベースメイク

「どんなに肌がキレイだろうが、40代になってすっぴん風のメイクをしている女性は、それだけで貧相な感じがすると思います。

僕が特に『なんだか、暗い雰囲気だなぁ……』と感じているのは。色白肌ですっぴんの40代女性。

若い子なら、肌がイキイキして見えるからナチュラルな感じがするけれど、いい歳したオバサンがすっぴんで色白だと、病的に見えるデメリットのほうが大きいと思いますね。

美肌を自慢したい?のかもしれないけど、歳を重ねてロクに化粧もしない姿は、貧乏くさい生活感を思わせる人のほうが圧倒的に多いですよ。

こういう女性は、面倒なニオイもするので、僕は恋人や妻には選ばないですね……」(45歳男性/飲食店経営)

 

透き通るような美肌の持ち主であるほど、デイリーのベースメイクは“薄づき”に仕上げ、自慢の美肌を披露したくなるもの。

しかし男性目線だと、40代が「すっぴんっぽい」というだけで、生活感を与え「貧相だよなぁ」と思わせる引き金にもなりかねないというわけです。

血色が足りない肌感であるほどこの傾向は強いと思われるため、チークを使わないメイク癖がある女性ほど、ご注意を!

 

失礼ながら…貧相です!幸薄そうに見える40代女性のメイク癖2:眉毛がスーパーナチュラル

「眉に手をかけていないオバサンは、それだけで幸薄そうな顔に見えてキライです。

今って、みんなそれなりに、眉を整えているじゃないですか?

だから、ボサボサの眉で平然としている女性は、疲れて見えるだけでなく、美しくあることを諦めているようにも見えるし、男ウケも気にしていない感じがします。個人的には、ホント残念だと思う!

男に媚びないっていうのとはちょっと違って、女であることを諦めたってイメージに近いかな。

個人的には、きちんと整えられた女性の眉って、年齢に関係なくセクシーだと思っているので、眉をおろそかにする女性は、恋愛対象として論外です」(42歳男性/運送会社勤務)

 

スーパーナチュラルな眉、つまり男性から見て「手をかけていない」ように見える仕上がりだと、40代という年代とあいまって「すでに女であることをやめた」とまで悪い印象を与えてしまうことも。

眉は顔の印象を大きく左右するパーツであるのは言うまでもなく、だからこそ、ここをおろそかにしてしまうと、それだけでワケあり感のある幸薄っぽさを醸し出す要素にもなりうるのです。

ナチュラル仕上げを極めると、とかく自然体に走りがちですが、眉マスカラで毛流れを整える、眉尻くらいは描き足して手をかけている雰囲気を出すなどの“ひと工夫”で、幸薄感はかなり打破できるはず。

 

色がついていないだけで、不健康に見えるあのパーツ……!

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
時短美容家 並木まき

スポンサーリンク

スポンサーリンク