植松晃士の美人のたしなみVol.2 「顔のゴミ出し」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。すっかり寒くなってきましたが、風邪などめされていないかしら?

熱い想いでスタートした「美人のたしなみ」ですが、2回目はいきなり「見た目」の最重要事項にもなる“お肌”についてお話したいと思います。

Beautiful young sexy woman with dark hair wet, evening makeup, takes bath with milk and rose petals and candles, beauty salon and spa Valentine's Day.

アラフォー女性の「見た目」に差が出やすいのが、お肌。しかも、顔や手、首や髪といった、洋服では覆い隠せない部分の比重が大きいと思うんです。どんなにキレイな格好をしていて、上手にメイクしていても、手や首のシワとか、白髪とか髪のパサつきで年齢が出るっていうじゃないですか。

 

もちろん、ボディラインの衰えも気になりますが、例えば、おなかがたっぷりしてるとか、お尻が大きいとかだとしたら、体型をうまくカバーするお洋服を着たらいいでしょ。つまり、ファッションは体のお化粧と考えればいいんです。

じゃ、お肌もお化粧すればいいじゃないかと思って、シミ部分をコンシーラーでカバーするけど、そうなるとやっかいなのは厚塗り感が出てくるってこと。今の時代ツヤ肌が旬なのに、やたらめったら厚く塗ってると逆に老けて見えちゃう。しかも、乾燥しているから厚く塗るとそのうちヒビ割れてくるでしょ。20代の頃は、とある有名な油取り紙をもらって狂喜乱舞して使ってたけど(苦笑)、今その油があればツヤ肌も叶うかもだけどね~。

また、目尻のシワも問題。ファンデーションがたまって、時間が経つにつれてよけいシワが強調されちゃうこと、ないですか? アラフォー以上の女優さんでも、目まわりにはファンデーションを塗らない、というのが主流のようですから。

 

シミもシワも、いわば人生の記憶よね~。紫外線がエイジングの原因となるのは、もうみなさんはご存知ですよね。長い間日差しを浴びてきたんですから、その記憶が溜まりに溜まって出てきても仕方ないこと。でも、見た目を美しくするためには、その記憶をなくしてしまったほうがベストです! 忘れてしまいましょ~(笑)。

ちなみに、僕は20代の頃は日差しと大の仲良しだったけれど、不思議とあまりシミはないんだよね~。やっぱり毎日のビタミンC&乳酸菌摂取が効いているのかしら?(このお話は今度の機会にゆっくりいたしますね) とはいえ、セルフでできることは「予防」でしかないから、今お顔にある、見た目を阻害している“ゴミ”は積極的に出してしまったほうがいいの!

 

ゴミ出しには、やっぱりレーザーや光治療(IPL)が効果的だと思います。クリニックでカウンセリングしてもらって、自分に合う方法でやるといいんじゃないかしら。ちなみに僕が個人的におすすめするのは「ライムライト」。光治療のひとつですが、フォトフェイシャルと違って日本人の肌に合わせて開発されているそうだから、効果も実感しやすいと思います。ダウンタイムもないからすぐメイクもOKだしね。

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a0%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e6%96%bd%e8%a1%93%e9%a2%a8%e6%99%af

 

光治療は複数の波長が含まれているから、シミやそばかす以外にも、小じわとかたるみとか肌のキメなども同時にケアできて、大人女子には最適! ちなみに、僕が時折お世話になっているアヴェニュークリニックだと、全顔照射1回で48,600円(カウンセリング、初診、再診料なし)。4回1クールだと17万2,800円です。

beautyplus_20161101155614_save

こちらのクリニックは特殊なクーリング法を用いているから、痛みも最小限に抑えられるんですって。照射時間は20分前後。ただ、カウンセリングとかあるから、1時間くらいかしら。いろいろ調べてみて、自分の気になるクリニックへ行ってご相談してみて~。

 

大人のお顔のゴミ出しは、ピーリングとセットでやってもいいかも。きちんとお手入れできていないと、角質だってけっこう溜まっているから。20代では新陳代謝も正常で、28日周期くらいで肌が生まれ変わっていたけど、40代ともなると新陳代謝が遅くなって肌のターンオーバーには40日かかるというウワサもあるくらい。

%e3%83%94%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%91

角質がぶ厚い状態だと、どんなに高機能な化粧品を使ったとしても効果は半減。だって、浸透しないんですから。透明感がなくて、黄ぐすみ、赤ぐすみ、茶ぐすみが出てくるのも不要な角質のせい。放っておくと土偶化してきちゃうから、自分でピーリングするのもいいけれど、どうせならクリニックで安全に効果的にシミもシワも古い角質も落として、生まれ変わったほうがいいのでは?

アラフォーで肌を一度クリアにしておくと、その後の人生が変わるはず。どうせ、シミもシワもまた出てくるとは思うけど、セルフケアにも念が入るだろうし、一旦見た目がキレイになると自信もつくから。ちなみに、ゴミ出しは紫外線が弱めの冬がおすすめ。それでもUVカットは毎日怠らないようにね!

では、また次回お会いしましょう★

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ストレスの肌荒れに悩む人へ! 口周りの吹き出物・大人ニキビを改善する4つの習慣 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

ほうれい線よりもケアすべきは、不幸顔印象を与える小鼻の横にある溝だった!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

パサ髪、オバ髪脱出! 髪のツヤを取りもどす5つのヘアケア

エイジングとともになくなるのが髪のツヤ。子供のころはツヤツヤしていたけど、気づいたら天使の輪が見えなくなった……なんて人も多いはず。髪のツヤは見た目年齢を大きく左…

植松晃士 ご注意!「生活感ある」オバ髪にならない方法

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回のコラムを読んで、さっそくセールに行った方はいらっしゃるかしら?ぜひ、新しいアイテムでフレッシュな自分を見つけてくださいね。40代、くれぐれも「髪」にご注意をさて…

植松晃士 40代がセールで「買っていいもの、ダメなもの」2018

みなさん、こんにちは。植松晃士です。あっという間に半年が過ぎました。6月後半あたりから、セールが始まってますよね。毎年9月10月くらいまで「もしかして、まだ夏?!」というくらいに暑いから、このセールで秋まで…

植松晃士 一歩間違うと「オバ見え」です! 大人スニーカーのたしなみ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回はダイエットのお話をしましたが、今回は足元ファッションのお話。ラクだから。老いも若きもスニーカーちょっとでも理想の体型に近づいてきたら、やっぱりファッションも気…

植松晃士「やせにくい」40代からのダイエット。成功させる4つのポイント!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。最近、一気に夏っぽくなってきましたね。ファッションも露出が多いものが増えてきます。そこで! 今回は、ダイエット話をしようかな~なんて思っております。痩せすぎても「老…

植松晃士 「上品な女性」になるために、40代から使ってほしいもの

みなさん、こんにちは。植松晃士です。暑い日が続きますね~。すっかり夏のファッションにシフトしていることと思います。が、今回はビューティ編。しかも「香り」についてお話したいと思います。ちなみに、読者の皆…

植松晃士 体型カバー・流行・好感度が手に入る40代の「美人見え」コーデとは?

みなさん、こんにちは。植松晃士です。ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか? 長い人は10日ほどもお休みできたんじゃない?誰もが「美人見え」の鉄板コーデって?さて。僕は相変わらず、都内をパトロールの…

植松晃士 赤リップが「似合わない」? おすすめ&選び方のコツ教えます!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。もうそろそろ、ゴールデンウィークの計画も進んでいる頃じゃないでしょうか? リゾートに行く方々は、くれぐれも日焼けにご注意を。紫外線はハンパないから最高UVカット値のも…

植松晃士 40代ファッションで取り入れたい「春の流行」4つのポイント

みなさん、こんにちは。植松晃士です。雪が降ったと思ったら、そのあと急に暖かくなって桜が花開いてびっくり。あっという間に春到来、でしたが、お花見は楽しめましたか?僕はそんな季節の間、お仕事がらみで全国へ…

植松晃士 春のメイク「美人とおブス」の差はコレで決まります!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回は春ファッションについてお話したので、今回は春メイクのお話をさせていただきますね。プロが上手に使っているアレ大人の美醜を分けるのは、ずばり「ハイライト」です! …

植松晃士 オバ見えを避けたいなら「買っていい色、ダメな色」!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。そろそろお花見の季節になりますが、桜!と浮かれても、朝晩はまだ冷え込むよね~。とはいえ、やっぱり気持ちは春。お買い物に行って新しいお洋服を買いたくなりますね。2018年…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事