30代までは不要でも……40代になったら「手元にあったほうがいい」アイコスメ3選

「目のまわりには、年齢が出やすい」とも言われるだけに、日ごろからフレッシュな仕上げを意識している40代には、アイメイクは若見えor老け見えの明暗を分ける重要なパーツのひとつ。

30代までとは異なり、睡眠不足や生活の乱れなどが顔に出やすくなる傾向もあるので「年齢を感じさせたくない!」と思っている女性ほど、目まわりのメイクにも工夫が求められます。。

「私も最近、目もとの年齢が気になっています」な40代女性のみなさま、春が本格化してきた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

今回は、30代までは必要を感じなくとも、40代になったら手もとに置いておきたいアイコスメのお話です。

 

うっかりオバ見え!を回避してくれる40代のアイコスメ1:淡いピンクのくすみ隠しアイシャドウ

その日の気候や体調によって、目もとがくぼんでいるように見える機会も増えがちな40代には、淡いピンクのアイシャドウが手もとにあると、頼りになる存在に。

やわらかなピンクの発色には、沈んだ目もとを明るく演出してくれる効果が期待でき、上からブラウンなどのアイシャドウを重ねる場合にも、ベースとして活躍します。

くすんだまぶたに、そのままメインのアイシャドウを塗ってしまうと、さらなる沈んだ印象にも仕上がりかねないので、この“ひと手間”がオバ見え回避には有効なテクニック。

また、スッピン感のあるナチュラル仕上げを狙いたい日にも、何も塗らないままだと沈んだ目もとに生活感が出やすく、これを回避するにも「塗っているのがわからないくらい、淡い色合いのピンク」のアイシャドウがあると、重宝します。

 

 

うっかりオバ見え!を回避してくれる40代のアイコスメ2:リキッド状のコンシーラー

目もとの“くま”や、色むらを回避するには、コンシーラーを活用するのが王道テクニック。

しかし「コンシーラーなら、なんでもいいわよね?」と、その形状にこだわらずに選んでしまうと、かえってオバ見えを招く要因にもなりかねません。

40代の目もとには、小さなシワや皮膚の“しぼみ”が出ていることも少なくなく、硬い形状のコンシーラーだと、ここにコンシーラーが入り込んでしまい、ヨレや悪目立ちを招くことも……。これがオバ見えの元凶にもなりうるというわけです。

そこで、手もとにあると重宝するのがリキッド状のコンシーラー。トントンとなじませながら、目もとのアラを薄づきながらもフォローでき、便利です。

オバサンっぽさを回避するには、薄づきに徹するのがマスト。少量を丁寧に塗っていくよう、意識してみてください。

 

目もとが寂しげかも?と感じる日には、仕上げにひと手間を!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事