いまオネエでもバイでも、未来の自分がどうかはわからない。「執着しない」NYの生き方

NYでかっこいい人はみんなゲイ……。それを知った日本からのゲストはみんながっくりして帰っていきます。オネエ系が多い日本と違い、アメリカのゲイは爽やかマッチョ系も多く、男っぽいゲイピープルが本当に多いんです。

 

勝手な思い込みで、人のステータスを決めると間違った理解も起こる

メンズコスメのイベントで街のヒーロー、消防士ことファイヤーファイターたちがゲストとして出演していたときのこと、日本から撮影で訪れていたクライアントが「なんてかっこいいの!」とうっとり。有事に備えてトレーニングを積み、みな筋肉粒々。男同士の友情や正義感、と漫画の主人公のような清々しさ。憧れる子供たちも多く、その研ぎ澄まされた肉体を写したカレンダーは毎年人気! 

 

ですが購入するのはゲイの方々も多く、実際、ファイアーファイターにもゲイは多いと聞き、日本から来た女性たちはがっくし。

 

実際、NY在住のモデルやデザイナーなどのファッション業界人にもゲイは多く、スタイリッシュでかっこいいオトコはみんなゲイ!という刷込みが確かにNYではありました。

 

こんな例も。知り合いのフランス人カメラマン、パスカルはフランス人らしからぬ? 陽気でフレンドリーなキャラクター。当時恐らく30代半ばかな。シングルかつ愛敬のあるルックスで、いかにもモテそうなタイプでした。

 

けれどダチョウ倶楽部のどうぞどうぞのお約束よろしく、仲間内ではお互いにおすすめしあっている状態……。もちろん彼氏としては理想的だったんでしょうが、一歩踏み出せない何かが。それは……彼にゲイ疑惑があったからなんです。

 

「今度食事にいこうよ」「このブラウス似合っているね」なんて言葉が出るたびに、「パスカルったら私たちを誘ってカムフラージュにして!」「ブラウス、自分で着たいということかしら?」なんて疑惑が深まり、真偽をめぐってひそひそ。

 

その疑惑をさらに深めたのは、ステファンというルームメイトの存在。彼は同じフランス人の同世代のその友人とダウンタウンのアパートメントをシェアしていたのですが、二人で語るフランス語での会話がもう、中年版「風と木の詩」そのものだったのです。目が合うと「あ!」と慌ててやや早口の英語に戻るのですが、ささやきあうフランス語の調べはもう恋人同士のようにロマンチック。

 

そんなあるとき、ホームパーティでまたもやパスカルとステファンは見つめ合い、ささやき合っていました。それでも「僕はこういう女性が理想だ」みたいなことを言っていたので友人の一人が思わず「え? でもあなたの相手は男性でしょ?」と言葉に出してしまったのでした。

 

その瞬間、パスカルとステファンは口をそろえて「No~~~~~n! We like wome~~~~~~~n!!!!!」と絶叫。失礼しました。私たちの勝手な思い込みだったんですね。ちなみにその会話は明日のクロワッサンどっちが買っていく?みたいな内容でした(それはそれで恋人っぽいが……)。

 

そもそも人のステータス(状態)は揺らぐもの

そういえば数週間ほど前、イタリア人、ペルー人も参加していた宴会で、幹事役のようなことをやっていた私ともう一人に当然のように「キミたち、夫婦でしょ?」と言ってたのに驚いたっけ。ちなみにその相手は私よりも数十倍ショックを受け「自分には同棲しているガールフレンドもいるし、全く違うから‼」と猛烈に訂正してたのは逆にショックでしたが。そこまで断固否定しなくてもいいのに(笑)。

 

ま、何が言いたいかっていうと、勝手な思い込みでその人のステータスを決めてつけても意味はないってこと。爽やかスポーツマンでもゲイだったりするし、完全オネエ系でもファッション業界だったりすると営業ゲイで中身はバリバリストレートの肉食男子なんてこともある。そもそもそんなステータスは揺らぐものだしね。

 

未来の事は何もわからない!だからこそ、色々な可能性が広がってる

ひっくり返る例だってあります。例えば彼氏と長く同棲していたNY時代の女友達の場合。ボーイフレンドと別れて傷心だったと聞き心配していたのですが半年後、道でばったり。近況を聞くと「彼女ができたの~」と満面の笑み。え?え?ええ!?どういうこと?と驚きました。いつのまにか女の子に目覚めちゃったんですね。

 

なんでも仲のいいグループで集まると、そのスウェーデン人の彼女の隣になんとなく座ってしまう自分に気づき、告白された時、自然に受け入れてしまったのだとか。隣にいて居心地がいい、安心できると感じ、そこではじめて、これが友情ではなく恋だということに気づいたそうなんです。

 

ほかにも結構、ふっとした瞬間に同性に惹かれ、そっちの道に進んだパターンは多々ありました。もしかしたら新しい扉が開くかもしれない。逆に対象外だとあきらめていた相手がストレートに転向する可能性だって……!

 

未来のことは自分自身でさえわからない。う~ん、人間って奥深い!

 

【間庭典子のSINGLE AND THE CITY】

#1・何歳になってもNY女性はモテる!秘密は「○○を堂々宣言している」から

#2・「ほめる」「〇〇を上げる」人間関係が3倍よくなるニューヨーカーの習慣

#3・チャンスは自分で作る!「恋愛会話テクニック」で恋を一歩前進させる!

#4・恋愛に年齢なんて関係ない!いくつになっても現役感のある女性の特徴は……

#5・いまオネエでもバイでも、未来の自分がどうかはわからない。「執着しない」NYの生き方

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説

働き盛りの30~40代の男性たち。仕事にも余裕が出てきて、浮気をする時間もお金も持っているので、さまざまな女性と交流するチャンスもゴロゴロ。前回の浮気されやすい女性…

僕たち、独女のコレに弱いです!男性が思わず「ドキドキする瞬間」3つ

思いもしなかった瞬間に欲に襲われることって、ありますよね。40代独女のどんな姿にムラムラする? と男性に尋ねてみたところ、ズバリ「無防備な姿」にやられる、という声…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

いちばん「冷たい男」が多い血液型って…? ダントツでアノ型でした!

交際している恋人に対し「こんなに冷たい人だったなんて……」と、愕然とした経験はありますか?お付き合いに至る前には優しい男性でも、“自分のもの(!)”になった途端に、…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

優しい男性がいちばん多い血液型って?なんとアノ血液型でした!

「お付き合いするなら優しい男性がいい!」「結婚するなら、妻に優しい男じゃないと」と思っている女性のみなさん。優しい男性は、どんな血液型に多いと思いますか?今回も…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

南仏発の新習慣「ジェルブレ」で私のライフスタイルをバージョンアップ!

Sponsored by 大塚製薬いつでも新しいライフスタイルを作り出すグローバルなフリーライター、間庭典子さん。いつもアクティブな彼女が最近いっそう身軽になったみたい。特におしゃれで手軽な食事の新習慣を開拓した…

[PR]

オトナの一人旅を楽しみ尽くす。新幹線の「グランクラス」に乗ってみました♪

オトナの一人旅、最近では「乗り物」で過ごす時間も目的の一つという声がよく挙がります。中でも人気は新幹線ですが、もはや「移動」ではなく「滞在」になった! そう思えるほどゆったりとくつろげ、ほっとするよう…

[PR]

山でも海でも絶対焼かない!【アウトドアのUV】隠れた名品オススメ5つ

夏ですね~ 1日中、アウトドアで過ごすため、真夏のラウンドは歩いているだけで体力が消耗し結構ハード。だからこそUVケアも暑さ対策も万全に。そんな太陽からがっちりガードするためのグッズがゴルフ用品にはたく…

高齢親と旅行してわかった「親孝行旅・7つの盲点」と国内3つのオススメ旅行先

オトナになると増えるのが、年老いた父母との親孝行旅。この春、私もお墓参りを兼ねて京都・岡山へと70代の両親、そして途中で合流した妹と旅してきたのですが、良かれと思ったことが負担になるなど、親世代との感覚…

後輩とのコミュニケーションは、教えるよりも○○が大事!NY流、後輩を育てる4つの方法

NYの姉御が遠い空へと旅立ってしまった。その悲しい知らせを聞いたとき、ちょうどその彼女がコーディネイトした某有名ブランドのタイアップ記事をなんとなく眺め、「あぁ、お元気かなあ」と思い出していました。NYの…

10日で5㎏減!「集中玄米ダイエット」で気づいた40代の太らない暮らし方とは

人生2回目の7号食デトックスもなんとか終了! GWの10日間連休(自分自身はほぼ通常営業でしたがW)をつかってのチャレンジでしたが、いや~ 長かった! そしてやりました! その後、するする体重が落ちて回復食…

【実況】GW10日で玄米ダイエットチャレンジ!果たして結果は?

10日間の7号食デトックスも後半戦に突入! GW中はプチ引きこもり生活を続けているのでなんとか誘惑には負けずにいられるけれど、玄米食だけの日々にかなり飽きてきた… そして令和カウントダウンの暴飲暴食ですっか…

【実況】「玄米で毒出し!」7号食ダイエット・元号またぎの10日チャレンジ前半

40年以上ためこんだ毒素を玄米食だけで10日間すごし排出する「7号食ダイエット」。18年3月にチャレンジ、つまづきながらも成功し、なじみのバーでは「間庭重病説」まで流れるほどカラダもすっきり。しばらく快適で健…

費用もお手軽?40代の歯列矯正「部分矯正」のコストと時間は?やってみたデメリットは?#1

GW10連休! フリーランスの私はこの期間は都内で静かに過ごすのが恒例。この10日間を生かして「7号食ダイエット」に再びチャレンジし毒素排出、部屋の模様替えを本格的にする断捨離大作戦、とさまざまなリセットを…

恋愛に年齢なんて関係ない!いくつになっても現役感のある女性の特徴は……

ズバリ、NYでは恋愛に年齢なんて関係ない! オトコ、オンナ、どっちが上でも20歳の年の差カップルなんてザラにいるし、それに関して外野はやーやー言わずに、自然に受けとめている。そんなの個人の問題だし、精神年…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事