「役務」って正しく読めてる?簡単なのに間違える漢字10選

新元号に変わり「令和」となりました。この「令」という文字は、フォントによって形が違います。万葉集が出典だったこともあり、日本語に興味が集まっているようです。今回も、誰もが知っている漢字を使っているのに、誤読の多いものを選んでみました。

 

1・灰汁

読み間違いの例

はいじる

正しい読み

あく

意味

灰を水に浸して取った上澄みの水。炭酸イオン・アルカリ金属イオン等を含み、汚れの洗い落とし、染色などに用いる。植物中に含まれる渋み、えぐみなどのある成分。肉などの煮汁の表面に浮かぶ白い泡状のもの。人の性質や文章などに感じられる、強すぎてなじみにくい癖や個性。

あの人は、灰汁(あく)の強い人だ。

説明

野菜などを煮たときに、上澄みに泡のような苦いものが発生します。それを灰汁(あく)といいます。灰汁を「あく」と読める人が少ないので、レシピなどでは「アク」とかたかな表記する場合が多いですね。昔は灰を水に浸した上澄み液で、アクの強いもののえぐみを取っていたので、その作業そのものに当てられる字となったようです。いくらくせが強くても「悪」ではありませんので、気をつけましょう。

 

2・行灯

読み間違いの例

ぎょうとう

正しい読み

あんどん

意味

木などのわくに紙を貼り、中に油皿を入れて灯火をともす具。室内に置くもの、柱に掛けるもの、さげ歩くものなどがある。

行灯(あんどん)に灯がともる。

説明

これも聞いたことがある言葉だと思います。現代では木や竹、籐などの枠の中に照明があるものを指しますが、初めは、その他に手に提げて持つ物もありました。そこから「行灯」の文字が当てられ、唐読みで「あんどん」になりました。手に持つタイプは提灯(ちょうちん)に取って代わりましたので、今では据え置き型のものを「行灯」と言うようになりました。このような語源を知ることも、誤読を防ぐ方法の一つですね。

 

3・役務

読み間違いの例

やくむ

正しい読み

えきむ

意味

労働などによるつとめ。

日本、フランス両政府は、自衛隊とフランス軍が物資や役務を融通し合う物品役務(えきむ)相互提供協定(ACSA)に署名した。

説明

例文のような場合や、「役務商標」「役務賠償」などの熟語で目にすることが多い言葉ですね。一般人は声に出して読み上げる機会がないので、文字通り「やくむ」と読んでしまう人が多いのかと思います。

 

4・言質

読み間違いの例

げんしつ・げんしち

正しい読み

げんち

意味

後日の証拠となる(約束の)ことば。ことばじち。

ちゃんと先方の言質(げんち)を取ってきなさい。

説明

「言質を取る」という熟語で使われる言葉です。「言質を取る」とは、後で証拠となるような約束の言葉を得ることを言います。ことばじち、言葉の人質ですね。

 

5・好々爺

読み間違いの例

こうこうじい

正しい読み

こうこうや

意味

人のよい老人。にこにこしたやさしそうな老人。

水戸黄門は好々爺(こうこうや)として慕われていました。

説明

「爺」は「じいさん」の「じい」ですが、この場合は「や」と読みます。

 

6・強面

読み間違いの例

きょうめん

正しい読み

こわもて

意味

こわおもて。おそろしい顔つき。また、相手に対して強く出ること。

客商売なのに、強面(こわもて)な店主。でも、実は優しい男だ。

説明

厳つい(いかつい)顔の人や、おっかない顔の人を言う時に使う言葉です。「強面」で画像検索すると「あ、こういうことね」と分かる言葉ですよ。

 

7・席巻

読み間違いの例

せっかん

正しい読み

せっけん

意味

席(むしろ)を巻くように片端から土地を攻め取ること。転じて、圧倒的な勢いで自分の勢力範囲に収めること。

平成の映画はスタジオジブリ作品が席巻(せっけん)した。

説明

石鹸と同じ読みなので、不思議な感じがしますね。「圧巻」は「あっかん」と読むので「席巻」を「せっけん」と読んでしまうのではないかと推察します。

 

8・造詣

読み間違いの例

ぞうし

正しい読み

ぞうけい

意味

学問または技芸に深く達していること。

彼は造詣(ぞうけい)の深い人だ。

説明

「造」「詣」も「ある域まで達する」という意味がある感じです。「初詣」では「はつもうで」と読む「詣」ですが、音読みでは「ケイ」「ゲイ」「ゲ」と読みます。

 

9・約定

読み間違いの例

やくてい

正しい読み

やくじょう

意味

人と事を約し定めること。契約して定めること。約束。契約。

共同で開発することを約定(やくじょう)した。

説明

「定」は「テイ」とも読みますので、このような誤読が多いのだと推察します。しかし「定規」でも分かるように「ジョウ」とも読みます。「約定」の場合は「ヤクジョウ」です。

 

10・廉価

読み間違いの例

けんか

正しい読み

れんか

意味

値段が安いこと。やすね。安価。

このギターはとても高価だが廉価版(れんかばん)も市販されている。

説明

「兼」の文字が入っているので「ケン」と読んでしまう人がいるようですが、この字は「レン」としか読みません。覚えておきましょう。

みなさん、どれくらい正解でしたか?どれもこれも簡単な漢字なのに、うっかり間違えてしまうものばかりですよね。間違っていたものは、この機会にしっかりと覚え直しましょう。

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

「大舞台」だいぶたいで合ってる?みんなが間違える日本語の読み

読み間違いしやすい漢字を集めたコラムは世の中たくさんありますが、何回も見てしまうのは、うろ覚え、覚え切れていないからかと思います。国語教師としては、そのあたりの工夫を凝らしてみたいもの。今日は、例文を…

「押印」おういん?簡単なのに読み間違える漢字10選

この原稿を書いている日は五月ですが、空は快晴です。とても気持ちの良い晴天です。しかしここで「五月晴れ」と書いてはいけません。この「五月晴れ」を「ごがつばれ」なんて読んではいけないし、しかもこの言葉は「…

「一段落」は「いちだんらく」?知らないと恥かく読み間違え10選

元号改正で再び漢字に注目が集まっています。誤読をした政治家が立たされるなど、ヒヤヒヤする場面も。今回は、誰もが知っている漢字を使っているのに、誤読の多いものを選んでみました。1・一家言読み間違いの例い…

合いの手は「入れる」?「打つ」?意外と曖昧な言葉5選

言い回しが何だかとっても似ていて、もうどっちが正しいか分からなくなってしまった言葉はありませんか? そんな言葉の中から、間違いやすい曖昧な言い回しを5つ選んでみました。解説も付けましたので、今日、この5…

「極めつけ」「極めつき」どっちが正しい?うろ覚えだと恥ずかしい言葉10選

日本語の言い回しには、とても似通ったものがあり、きちんと覚えていないと、恥ずかしい言い間違いになってしまうことも。今日はそんな「うろ覚え」な言い回しを10個選んでみました。どうして覚え間違いをしているの…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のような話もありました。「平生(へいぜい)」…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました。こういう言葉の訂正って、人間関係に響く…

「ちょっと」を○○に言い換えるだけで…劇的上品な言葉づかいベスト10

特に敬語をふんだんに使っているわけでもないのに、なぜか言葉が美しいと感じる人がいます。雑な感じがしない、ある種、格のある雰囲気の言葉を使う人です。そういう人たちの言葉の特徴に「あらたまった」感じがする…

「おざなり」と「なおざり」どっちが正解?わかりにくい日本語の意味

ぼくたち、ずっとこのことを「おざなり」にしてきたよね。なんとなく意味は分かりそうですよね。では次の言葉はどうでしょう?ぼくたち、ずっとこのことを「なおざり」にしてきたよね。このカップル、どっちの状態が…

早急を「そうきゅう」と読んだら間違い!みんなが怪しい読み方10選

写真を貼付するのと、写真を添付するのとでは、すべきことが違います。今日はそんな言葉の中からビジネスシーンで恥をかいてしまいそうな誤読を10個集めてみましたので、こっそりチェックしてみてくださいね。1 代…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事