「ぼんて」ではありません!「凡て」の正しい読み方、知っていますか?

 

漢字の中には、思いもよらない読み方をする漢字があります。実際の読み方は普段よく口にしている言葉だったりするのですが、漢字で書かれると分からないもの。

そこで本記事では、意外と読めない漢字のクイズを出題します!

「凡て」の読み方、知っていますか?

「平凡」などに使われる「凡」の字。「そんな読み方ないよね・・・」と分かっていながらも、一か八かで「ぼんて」と読む人もいるのではないでしょうか。

「凡て」の意味は、

[名]ある物や、ある事の全部。いっさい。
[副]
1 ことごとく。残らず。
2 おおよそ。大体。総じて。
3 (打消しの語を伴って用いる)全然。まるっきり。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

です。

正解はコチラです!

「すべて」です。

「すべて」は、

  • 全て
  • 凡て
  • 総て

どの書き方でも正解です。

漢字それぞれに意味があり、意識して使い分けることも可能です。とはいえ、現代では「すべて」は大抵「全て」という漢字を使います。どの漢字を使っても間違いではありませんから、無理に「凡て」を使おうとしなくても大丈夫です。

なお「全」「凡」「総」、それぞれの「すべて」の意味は以下の通りです。

  • 全て
    「全い(まったい)=完全」
  • 凡て
    「おおよそ」「おしなべて=一様に」
  • 総て
    「たばねる=まとめる」

 

ちなみに、今回ご紹介した「凡」には他にもさまざまな読み方があります。

おお〔おほ・おぼ〕

1 事物の形状や人の心情などが、はっきりしないさま。ぼんやりしているさま。いいかげん。
2 事物の状態などが、他と比べて特に際立っていないさま。普通。

おおし〔おほし〕

[副]おおよそ。総じて。

ぼん

1 全体を通じて。おしなべて。
2 一般的で特に目立たない。普通。

はん

全体にわたるさま。あらまし。

引用元:小学館 デジタル大辞泉

ここまでさまざまな読み方があるにも関わらず、「凡」を「すべ」と読むのは「凡て」と書いたときだけ・・・はじめて「凡て」という字を見たとき、なかなか読めないのも納得ですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク