#157 「ごめん」って? 距離を置いた恋人と再会してみると【40代編集長の婚活記】

40代の婚活はシンプルにはいかない……。OTONA SALONE編集長アサミ、47歳。人生初の婚活をスタートさせて約3年。

地道な婚活2年半で、やっとのことで恋人(ジェントルさん・49歳・バツイチ・別居中の子供あり)ができる。が、しかし、交際2カ月にしてその彼にシリアスな病気が発覚。それを気にしてか、彼から距離を置かれてしまうこと1カ月。久しぶりに彼と電話ではなして……? これは40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

「別れよう」を覚悟していた

「今から少しお話できますか?」というジェントルさんからのメッセージを受け、久しぶりに電話で話した。

付き合って2カ月間は、ほぼ毎日連絡をとり、ほぼ毎週末を一緒に過ごしていたけれど、この1カ月弱は会うことはもちろん、電話でさえ話していなかった。

きっと「別れよう」と言われるんだよね……。

そう覚悟して話をしたけれど、そこまでハッキリとは彼は言わなかった。

 

交わらない、お互いの主張

ただ、お互いの意見が平行線だったのは事実。

ジェントルさんの病気の状況はややシリアスで、突然何かが起こる可能性もある。

だから彼は「アサミさんに迷惑をかけたくないから、僕には構わなくていいい」と言う。

私は「病気が心配だから、万が一のときこそそばにいたい」と伝える。

 

たぶん、それぞれに頑固で、折れようとしない……。

 

寄りかかってほしいのに

彼が私に迷惑をかけたくない、という気持ちはわからなくはない。

「アサミさんには未来があるから」というのは、私のこれから先の人生を慮ってのことだろう。やさしさだと思う。

一方、私の言っていることも、彼は理解している気がする。

たぶん完璧主義なところがあるジェントルさん。私に寄りかかることをしてはいけないと、自分を律しているんじゃないだろうか。

寄りかかっていいのに。大丈夫、ジェントルさんから見たらあぶなっかしいかもしれないけど、かなり強いの。

「エツコの「エ」は笑顔、エツコの「ツ」は強い、だよ」

父にそう言われて育ってきた(※編集長アサミのファーストネームはエツコです)。笑顔で強い子、エツコなのだから!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事