#157 「ごめん」って? 距離を置いた恋人と再会してみると【40代編集長の婚活記】

初めての時よりキンチョーする

18時、彼のマンションのインターホンを押す。

初めて来たときより、ずっとずっとドキドキしている。

ジェントル「はーい」

インターホン越しに彼の声。

アサミ「こんにちは、アサミです」

ジェントル「どうぞ」

オートロックの共同玄関のドアが開いた。1カ月前、毎週のように来ていた部屋へとエレベーターで上がる。彼の家の前に着いたとき、ドアが開いた。彼が出迎えてくれた。

 

約1カ月ぶりの、再会!

アサミ「お久しぶりです。会えてうれしい」

満面の笑顔でそう言った。ちょっとだけ顔がやせたような気がするけれど、顔色は悪くなさそう。

ジェントル「うん……ごめんね」

いきなりごめんねって……。

アサミ「思ったより、元気そうでよかった。今日、病院、行ってきたの?」

ジェントル「うん。あ、お茶、重かったでしょ?」

そう言って、ペットボトル2本が入ったビニール袋をサッと持ってくれる。いつも通りのやさしいジェントルさん。

ジェントル「あ、2本も買ってきてくれたの! ごめんね。ありがとう」

2リットルのペットボトルを2本持っていった。1つでいいと彼は言っていたけれど。

アサミ「いえいえ。撮影のときとか、もっと重いものを持ってましたから大丈夫!」

力持ちをアピールする私。それが頼りがいってものでもないんだけれど。

 

あれ、意外といい感じ⁉

彼の部屋に入る。1カ月前とほとんど変わらず、ちゃんと手入れをされているキレイな部屋。体調が悪いと部屋も荒れやすいって聞いたことがあるから……ちょっと安心する。

アサミ「あ、いい匂いがする! 何を作ってるの?」

美味しそうな、料理のいい香りがした。

ジェントル「ハヤシライスとね、サラダとスープ。あ、キウイも買っておいたよ」

アサミ「わーうれしい! いい匂いだからお腹すいてきちゃった!」

ジェントル「じゃ、早めに食べようか」

うん、出だしは順調。なんだ、意外といい感じじゃない。これなら以前のようなお付き合いに戻れそう。出だしの好感触にホッとしながら、ハヤシライスとサラダ、スープを食べ始める二人。

この1カ月間の距離が、一気に縮まったように感じた──。

 

大募集! 8月15日(木)の夜はコチラへ

※西郷どんのお面をかぶっているアサミです

ストレートに言います。ご愛読のみなさまへ、ぜひ来てくださいっm(__)m 現状で何人くらい応募があるかわからず、正直、不安しかありません……。

書籍『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』を発売した編集長アサミ、対談イベントを実施します! 日付はお盆の真っ最中、2019年8月15日(木)の20時から。

テーマは「婚活の理想と現実」。対談相手は、これまた婚活をつづったマンガ『美人が婚活してみたら』の著者の、とあるアラ子さん。楽しく婚活トーク、いたしましょう!!

詳しくはコチラ

 

【これで2人は元通りに戻れそう!? 続きはコチラ】

#158 別れの危機、どうやって回避する? 47歳独女の場合【40代編集長の婚活記】

【前回はコチラ】

#156 別れ話?それとも? 20日ぶりの彼からの電話とは【40代編集長の婚活記】

40代編集長の婚活記まとめ

1 2 3 4

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク