#160 婚活独女、9年ぶりにできた彼との「恋の顛末」【40代編集長の婚活記】

「他にいい人がいる」って言うけれど

編集長アサミの婚活スタートから、2年弱までをまとめた「40代ご無沙汰女子のざんねんな婚活」。好評発売中です。

ジェントル「まだアサミさんの人生は長いんです。あなたを一番にしてくれる人を見つけたほうがいいいんです」

アサミ「……」

ジェントル「アサミさんはいい人です。やさしくて素敵な人です。だから……こんな僕なんかより他にずっといい人がいるし、ずっとふさわしい男性と出会えるはずです」

僕よりいい人、か。そうね。いい人はいるかもしれない。いや、いると思う。でも……。

アサミ「私はジェントルさんが好きです」

それしか言えることがない。

ジェントル「ありがとう。でも、僕なんかに付き合ってこの先のアサミさんの人生を過ごすのは、もったいないことです」

 

「いい人」はいると思うけれど

いい人はいると思うけれど、彼より好きになれる人は……わからない。

私はあまり惚れっぽいほうではないし、恋愛に器用なほうでもない。ジェントルさんが好き。簡単に気持ちは切り替わらない。

アサミ「……」

中途半端な気持ちでお付き合いを始めたつもりじゃない。真面目なお付き合いをしたいことは彼に伝えた。そして、彼も真剣な気持ちだと言ってくれた。あれからたった3カ月なのに。

あぁ、もうどうにもならないんだな。これで終わりなんだ。

 

もうこれで、お別れなんだ…

悲しい気持ち、自分のふがいなさ、また同じことの繰り返し……。

いろんな気持ちがこみ上げてきて、ホロリと涙がこぼれた。

初デートから7カ月、つきあって3カ月でこんなことになってしまうなんて。彼なら信頼できる、長くお付き合いできると思ったのに。

アサミ「私の、至らないところを教えてください」 

私の何が悪かったのだろう。思いやりが足りない? 空気が読めない? 頑固? 恋愛の精神年齢が幼いところ? いっぱいあると思うけれど、彼が思う私のよくないところを知りたい。直したいと思う。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク