#160 婚活独女、9年ぶりにできた彼との「恋の顛末」【40代編集長の婚活記】

40代で婚活を始めたOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティに参加したり、婚活アプリに登録したりするものの、好きな人も恋人もできないまま2年以上が経過。

しかし、2年が過ぎたころに出会ったジェントルさん(49歳・バツイチ・別居中の子供あり)とデートを重ねるうちにだんだん好きになり、お互いの気持ちを伝えて交際が始まった。ところが交際3カ月にして別れの危機が訪れて……。これは40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

会ったときのラブラブから一転して

デートが直前キャンセルになり、メッセージもなかったので、心配になって連絡してみた。

電話で彼と話す。

前回、ひさしぶりに会ったときはラブラブに戻ったのに、電話での彼はまた様子が変わっていた。

ジェントル「病気のことがあってわかったのは、僕はアサミさんを一番にはしてあげられない。いまだけじゃなくて、たぶんずっと。それはアサミさんに申し訳ないことです」

私のことを思って言ってくれているんだろう。

ジェントル「いまはそれでいいと思うかもしれません。でもこの先を考えたら……アサミさんがどうしてもそばにいてほしいと思ったとき、僕はいられないこともあるんです。アサミさんに悲しい思いをさせてしまいます」

言葉が、出てこなかった……。

 

会う前の状況に逆戻り

1週間ちょっと前に電話で話した内容に戻ってしまった。

直接会って、お互いの目を見て話すことで恋愛の危機を乗り越えられたと思っていた。

でも、また会う前の状況に逆戻り。

どうして?

会ってお互いの気持ちを話したとき、「そのままのジェントルさんでいい」って伝えた。

そしたら「ありがとう」って言ってギュッとしてくれた。

 

1週間ちょっとで、また気持ちが変わってしまったの? どうして? 悲しい……。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク