#160 婚活独女、9年ぶりにできた彼との「恋の顛末」【40代編集長の婚活記】

止めたいのに溢れる涙

涙をぬぐってもぬぐっても溢れてくる。当然、声も涙声になっている。

なんとかして冷静に話したいのに、涙がコントロールできない。

アサミ「数カ月間のデートで、あなたのやさしいところ、紳士的なところ、仕事のこと、尊敬できるところをたくさん知って……。だから好きになったんです」

自分の気持ちを正直に伝えた。

アサミ「でも、ずっと思っていたんです。私なんかでいいのかなって。なんでもできてしまうあなたに、いろいろと足りない私はふさわしくないんじゃないかって。心のどこかでずっと自信がなかったんです」

ジェントル「泣かないで、アサミさん」

彼はやさしく言ってくれているけれど、私の感情は落ち着かない。

アサミ「至らないところは直したいんです。欠点がたくさんあることはわかってます。その中でも何がよくないと思ったのか、教えてくれませんか?」

過去の恋愛でも、聞いたことがある質問を投げかけた。結局、誰も答えてくれなかったけれど……。でも、本当に知りたい。

ジェントル「直してほしいところがあるわけじゃないんです。そのままでいいんです。合わせなくていい。僕だって会うたびにアサミさんのこと好きになっていったし、だからお付き合いしたいと思いました」

それなのに?

ジェントル「あなたの問題じゃない。いまだって、嫌いになったんじゃありません。好きだからこそ、アサミさんには自分の人生を大切にしてほしいんです。こんな、いつどうなるかわからない男にかまっていないで」

 

「好きだからこそ」っていう言葉がツラい

いっそのことなら、好きじゃなくなったと言ってほしかった。「好きだからこそ」なんてやさしい言葉をかけてくれるのが逆につらくなる。

もうやめよう、ジェントルさんとのことはあきらめよう……。頭の中ではわかっているのに、気持ちが追いつかない。

アサミ「どうしてだろう……。他のことはなんとかなっても、恋愛だけはうまくいかない。いままで恋愛でいい思いをしたことがなくて」

事実、過去の恋愛はいつも短い期間でフラれて終わるパターン。

アサミ「でも、ジェントルさんは恋愛の素敵な面を教えてくれた。だから、ずっと一緒にいたいと思ったんです。なにか困難なことがあっても一緒に乗り越えていきたいって」

また同じなんだと思うと、隠せないくらいの涙声になってしまった。でも泣いてすがりたいわけじゃない。なんとかして涙を止めたいのに……。

ジェントル「僕自身の問題なんです。アサミさんには……子供がいないから、わからないと思いますが」

彼の声が、いままでで最もクールに、いやドライに聞こえた。

 

ドライに響いた彼の言葉

その言葉に、たとえようのない気持ちになった。バッサリと何かを断ち切られた気がした。

アサミ「そりゃ、私には子供はいませんけれど……」

でも、いないからわからないっていうのは……。確かにそうかもしれないけれど、私なりに受け止めているつもりだったし、そこには踏み込まないつもりだった。

そのとき、自然と涙がひいてきた。

ジェントル「僕は離婚をして、子供と離れて暮らすことになって、本当につらい毎日でした。一生、一緒にいると決めて結婚したのにそれを継続できなかった。失敗した人間なんです」

離婚歴のある人がときどき口にする言葉、「失敗」。彼も何度か言っている。そんな風に自分を責めることないのに。

ジェントル「せめてもの罪滅ぼしとして、子供をずっと支えていこうと約束したのに病気のことがわかって。もしかしたらその約束すら、僕に万が一のことがあったら守れないことになるんです」

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク