いま現金で払ったら大損?いまひとつわかりにくい「キャッシュレス還元」の基本

元国税局職員 さんきゅう倉田です。

お笑い最大手、吉本興業で芸人をしています。手前味噌ですが、税金やお金の良い知識をたくさん持っているので、個人事業者や経営者向けに講演会をしています。

最近は、子供向けのお金の教室で講師を務めることもあります。子供のお母さんたちに話を聞くと、小学校低学年は、買い物はできるけれど、お金の概念はないようです。電子マネーで買い物をするので、カードが1枚あれば、無限に買い物ができると思っていると。自分の子供の頃とは異なりますね。

 

僕が渋谷で見た「キャッシュレス還元」の浸透率

さて、10月からキャッシュレス還元事業が始まりました。10月1日に、渋谷の小さなハンバーグ屋さんで、「キャッシュレス使えますか?」と聞いたら、20代前半の金髪の店員さんが「キャッシュ?キャッシ!?キャッシュ!?」と、慌てふためいていました。

 

このお店では、キャッシュレス還元事業に参加するかどうか、検討もしていないのでしょう。その存在すら周知されていなかった。まだまだそういう店も散見されますが、読者のみなさんには、積極的にキャッシュレス決済を使っていただきたいです。

今回は、キャッシュレス決済の良いところを整理しました。

 

キャッシュレス決済にはどんなものがあるか

 

キャッシュレス決済とは、「現金を使わない決済」です。

 

問題はこの「キャッシュレス」に何が該当するかです。

 

おもに、クレジットカード、電子マネー、QRコード決済です。

 

クレジットカードの説明は不要ですね。

 

電子マネーには、SuicaやPASMO、ICOCAなどの「交通系」もありますし、nanacoやWAON、QUICPay、PONTAといった「非交通系」も無数にあります。

 

QRコード決済は、PayPayやLINEペイなど群雄割拠で、覇権を握るためにさまざまなキャンペーンを行っています。店舗側の導入が比較的容易なので、クレジットカードや電子マネーの導入を避けていたお店でも使えるかもしれません。

 

(「電子的に繰り返し利用できる決済手段」と定義されています)

キャッシュレス決済の良いところ

国もキャッシュレス決済を勧めています。キャッシュレスが普及すれば、紙幣を刷るコストも減るし、事業者が現金を準備・管理するコストも減るし、消費者がATMに並ぶ頻度も減ります。そういう必要のない作業にお金や時間を割くなんて、先進国として恥ずかしい。

 

科学の力でもっともっと便利にできるのに、その恩恵を受けないなんて、狂っています。ほとんど現金で決済している人は、この機会に、キャッシュレス決済について、よく考えてみてください。

 

キャッシュレスを使えば、

・ATMに並ばなくて良い
・レジで財布から小銭を出したり、釣り銭を受け取ったりする必要がない
・会計が早いから、後ろに並んでいる人を待たせない
・お金に触らないから、手が汚れない
・落としても、補償が受けられる場合が多い
・ポイントが貯まる
・決済履歴を管理しやすい

 

といった、メリットがあります。メリットを挙げたら、デメリットも挙げないと不公平です。

 

デメリットといえば、現金より「使った感」がないので、お金を使いすぎてしまうことでしょうか。昔から、月収を超える金額をクレジットカードで決済して、返済が終わらなくなってしまう人が一定数います。

ただ、昔と違って、使用した金額を、いつでもアプリで見ることができます。家計簿アプリを使って、自分で入力することもできます。

 

ぼくも、会計をするたびに、マネーツリーに入力しています(5年ほど使っていますが、見やすく、美しく、簡単でおすすめ。ゾウさんのマークもかわいいし)。都度、入力して、その週や月の使用額を把握していれば、使いすぎてしまうこともないでしょう。

 

キャッシュレス決済は何を準備すればいい?

 

ここまで読んで、でもキャッシュレスを「始める」なんて、面倒だって思っていませんか。

 

クレジットカードはほとんどの人が持っているし、少なくとも電車で通勤しているならばSuicaやPASMOを持っていない大人は見たことがありません。QRコード決済は、スマホにアプリをインストールして、銀行口座やクレジットカードと紐付けるだけで利用できます。

 

ただし、ポイント還元を受けるには、対応しているお店で決済する必要があります。

また、還元率が2%のお店と5%のお店があるので注意が必要です。

なお、キャッシュレス還元事業の期間は、2020年6月までの9ヶ月間となっています。

>>>店舗の確認/対応している決済方法かの確認「キャッシュレス・ポイント還元事業」

 

使った人だけが得をするキャッシュレス。国から還元が受けられる9ヶ月の間に、始めてみませんか。

しばらく使えば、「どうして早く教えてくれなかったのか」と怒ると思います。

スポンサーリンク

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯…

【勝手に貯まるオンナ】頑張らないでも貯金が増える!5つのチェックリスト

貯蓄を頑張っても貯まらない女性もいる一方で、頑張らなくても貯まる女性もいます。自分は貯まる女性なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、5つの…

40歳時点で必要な貯蓄額を、定年から逆算してみると…えっ500万も?

世の中の40代は貯蓄をしっかりしているだろうと周りが気になるものの、お金の話は友人にはしづらいものです。貯蓄ができないことを何年も心の片隅にあるものの、一向に貯蓄…

ああ、勘違い…コレやってる人は貯まらない!お金が逃げるやりくり習慣5つ

あなたが「やりくりのつもり」でしている習慣、実はお金が貯まらない習慣かもしれません。当てはまることがあれば要注意。貯まる体質になるためにチェックしてみましょう。…

50代独身女性の平均年収と平均貯蓄は?いま貯めておくべき貯蓄額はいくらでしょう

定年退職までの残りがあと10年を切る……そんな50代。それまで漠然としていた「退職後の生活」が急にリアルになり、具体的なことを考えるようになります。50代の女性のマネー…

ほったらかしでもラクラク貯まる!カンタン貯金の仕組み3選

お金を貯めたいと思っていても、なかなか貯まらず「よし来月から!」と思っていませんか? ダイエットと貯金は似ているところがあり、始めようと思ってもなかなか貯まらず…

1つでも被ったらNG。28歳で借金250万円をつくった芸人の3つのお金グセ

ほとんどの若手芸人が、多かれ少なかれ借金があります。それは、“お笑い”をお金にするのがとてつもなく難しいということもありますが、ぐうたらのダメ人間が集まる巣窟だか…

ほんとうにあった!一瞬で1万円も損したコワ~い「クレカ」の話

元国税局職員さんきゅう倉田です。記事を書いたり、Twitterを更新したり、イベントを催したり、講演会に呼ばれたり、賢いおじさんと飲んだり、本を読んだり、ジムに行ったり、ワインを勉強したりして、生活していま…

「デートでサイゼに連れてく男」はアリか?人として最低限度なお店選びの話

元国税局職員 さんきゅう倉田です。お金や税金の記事を書き、取材を受け、講演会に呼ばれることで生計を立て、慎ましく生活しています。芸歴は10年目で、34歳、独身です。独身なので、女性と出かけることがあり…

コンビニ持ち帰り弁当は8%。では、従業員が休憩室でお弁当を食べたら8%?【税率クイズ】

元国税局職員 さんきゅう倉田です。吉本で芸人をしています。芸人の働き方も多様化していて、みんな自分の特技や趣味を活かして、仕事を得ています。ぼくは、村上龍さんの『半島を出よ』(幻冬舎)を読んでから趣味…

【マジ?】「生きた魚」は税率8%。では熱帯魚は?知れば知るほど混乱する軽減税率の話

元国税局職員 さんきゅう倉田です。好きな言葉は「増税」です。大学を卒業して、東京国税局に入り、退職して、吉本興業で芸人になりました。芸歴は10年目です。「どうして芸人になったんですか?」と週3回ほど聞…

【軽減税率】意外な盲点!「重曹」は8%?10%?間違えると損をする!

元国税局職員 さんきゅう倉田です。大学を卒業して、東京国税局に入り、退職して、吉本で芸人をやっています。芸人として得た知識やスキルで、記事を書き、講演会を行い、ファイナンシャルプランニングをやっていま…

年収8000万のお金持ちが飛行機に乗るとき「絶対しないこと」って?

元国税局職員 さんきゅう倉田です。大学を卒業して、国税局に入り、退職して、現在は、吉本興業で芸人をやっています。芸人として売れていませんが、アルバイトはしていません。みなさんの知らないところでメディア…

【二度目のデートに誘われない女】年収8000万に「嫌われること」とは…

元国税局職員のさんきゅう倉田です。吉本で芸人をしながら、税金のことを日々考えて生活しています。税金のことを考えていないときは、ご飯のことを考えています。今日はどこへ行こうかな、明日はどこへ行こうかな、…

年収8000万以上の人はアレを食べない⁉ 寿司屋での「お金持ちの流儀」とは

元国税局職員さんきゅう倉田です。吉本興業で芸人をしながら、どこかで書いたりどこかに出たりしています。取材を受けることもありますし、取材をすることもあります。それはもう、様々な人と出会います。出会って、…

30代半ば芸人は年収190万、バイトで生計を立てる。その暮らしは明るいのか?

元国税局職員のさんきゅう倉田です。吉本興業で芸人をやっています。日々、お金の知識や情報を集めていますが、その中でも芸人たちのお金事情は大変興味深いと思います。実録!若手芸人のアルバイト事情とは95%の…

吉本のギャラは本当に9:1?現役芸人が語る「コスト」の話【元国税芸人】

元国税局職員 さんきゅう倉田です。世間の注目を浴びている吉本興業株式会社で芸人をやっています。芸人さんたちのTwitterの投稿には「吉本という会社が好きです」「嫌な思いもしたけど、素敵な社員さんもたくさん…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事