目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?「参ります」は?|日本語の誤用ランキング

40代働く女性がいつでも気になることの一つは「言い間違い」。中でも、あっているのかとっさにわからない敬語・丁寧語はウッカリ間違いで済まないシーンもあるので、いつでも情報を更新しておきたいところ…そんな40代がチェックしている記事を人気ランキングでご紹介!

 

1位・目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください」は、例えるなら釈迦に説法。それとは少し違う意味ですが、目上の方、特に体を気遣うべき年齢の方や、少し体が弱っている方に「お体ご自愛ください」というのは、実は失礼に当たります。

1・お願いごとのメールはお願いで結ぶのがルール

2・返信不要メールに返信不要と書くのはNG

3・「取り急ぎ」もNG

4・「ご自愛ください」は元気な人にだけOK

5・身体が弱っている方へは、むしろ一般的な挨拶でOK

6・元気な方への結びの言葉は季節を盛り込むとOK

7・「おいといください」は目上の人にOK


>>目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

 

2位・「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。

メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、本当はどちらを使うべきなのでしょうか?

実はこれ、小中学生の教科書では、明確に区別されている表現です。どんな違いがあるのでしょう。

>>「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

 

3位・敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。

そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。

中でも代表的な間違いは「させていただく」「よろしかったでしょうか」「お帰りになられる(二重敬語)」でしょう。

間違いがちな3つの敬語は、どう言い換えればいいのでしょうか?

>>敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

 

4位・丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、本人に自覚がないと、繰り返し失礼を塗り重ねてしまう可能性もあり、ちょっと心配。今日はそんな「意外な無礼」を3つ紹介します。

>>丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

 

5位・「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並みに敬語を使われる立場になりました。同じ立場の友人たちにもヒアリングしてみた結果、言われる方がうんざりするような敬語の特徴が浮び上がってきました。

敬語を使うことが、人間関係を作っていくのに、マイナスと感じるのはどのようなときかという文化庁の調査に対して、「敬語を使っているために、相手との距離を縮めることができないとき」という回答が5割台半ばと最も高いという結果が出ました。

(平成28年度「国語に関する世論調査」結果より)

敬語を使うと、相手と距離を置いてしまうように感じる。でも使わないわけにはいかない。そんなジレンマがまずあります。その結果、本心からの言葉が使えず、それがまた距離感を生んでしまうという悪循環がありますよね。また、距離を縮めたい思いが雑過ぎて、それが言葉に出てしまい、その結果本当に距離を置かれてしまう場合もあります。今日はそんな敬語と距離感について。そして言われる方がうんざりする敬語3つのパターンとは。

>>「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

 

 


																																								
									

スポンサーリンク

目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

以前、目上の方に帰りしなに「これからも頑張って下さい!」と伝えたら、「あなたがね」と失笑された経験があります。頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください…

「伺います」と「参ります」どちらを使うべき?意外な敬語の間違いと意味

仮に、アポイントの確認をするとしましょう。「明日、オフィスに伺おうと思います」「明日、オフィスに参ります」。メールでも電話でも、どちらも正しいように感じますが、…

敬語の3大間違い。「させていただく」「よろしかったでしょうか」「おっしゃられる」

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。中でも代表的な間違い…

「甘味処」は「かんみどころ」じゃない⁉簡単なのに読み間違える熟語10個

「重版出来!」という速報を読んで、「○○さんの本、じゅうはんできだって!すごいね!」と伝えてくれた友人。ツッコミどころ満載でしたが「へー、すごいね!」と流しました…

こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話を…

丁寧なつもりが無礼に!3つの危険な日本語「了解」「大丈夫」もう1つは

礼儀正しく言っているつもりが、実は「失礼」にあたる言葉だった。そんなガッカリなことはありませんよね。もちろん、人間なのでつい言い間違えてしまうこともありますが、…

言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

元女性議員の暴言が話題ですが、あそこまでひどくないにしても、言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少し…

「さすがです」は実は失礼?相手をうんざりさせる3つの敬語

敬語に関して、使う立場としては、本当に色々気を遣っているのですが、果たして敬語を受ける立ち場の方から見ると、どのような感じなのでしょうか。私も年齢を重ね、人並み…

「させて頂く」とは失礼!そのワケと改善案を解説

あなたが今朝送ったメールに、「させて頂く」という言葉は何回出てきましたか? そして「いただく」を「頂く」としていませんでしたか? 今日はその2点について、どうし…

「過不足」は「かぶそく」ではない!ありがちな濁点がらみの誤読5つ

新年号が「令和」に決まりましたね。清音か濁音かという間違いがない熟語で良かったです。「平成」に元号が変わった時は、「へいぜい」ではなく「へいせい」でいいの?のよ…

藤原紀香、梨園入りしても芸能活動をやめないたった1つの理由 |オンナのイキザマ人気ランキング

マニアではないけれど、いつでも心のどこかで気になっている芸能人の動向。オトナサローネでは単なる芸能記事より、「なぜなのか」その背景の解説記事がよく読まれまる傾向にあります。中でも芸能ライター・仁科友里…

薄毛、白髪、コシのなさ…「40代からの髪悩み」を解消する5つのアイテム

肌同様、見た目の印象を大きく左右する髪。そんな髪も年齢を重ねるごとに悩みはふえていきます。すこやかな頭皮環境や毛髪をとり戻すために、ヘア専門の美容ライターが使っているアイテムは?悩み別に教えてもらいま…

ギョッ、それは痛いオバサンだわ…40代独身女性が意外と無意識にやっている4つのコト|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「オバサン記事」や「漢字の読み方記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(10…

英語で「栗」は「マロン」じゃない?正解は意外なコレでした|NG英語ランキング

日本人がうっかり間違えがちな、すぐに使えて役立つ英会話をお届けする「1日1英語」。オトナサローネの連載で「いちばん読まれた英語」こそが、みんなが「わからなかった英語」です!そして意外にも、「わからないof…

【ランキング】まんが10秒ゆるみ、みんなが読んだ記事は?人気ストレッチ5選

ちょっと伸ばしてほぐすだけでピンと効く!オトナサローネで人気の柴先生のワークが、10月17日に「3コマ・ストレッチまんが」として発売されました。オトナサローネでは3週間に渡って毎日書籍の中身を先行配信中。…

【男の心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイプも解説|恋愛ランキング

オトナサローネで大人気の恋愛記事。みんなが気になるのはやっぱり男性心理…?よく読まれている、人気の恋愛記事をランキングでご紹介します。1位・【男性心理】浮気に走る本当の理由は◯◯だった!?浮気しやすいタイ…

手の力を抜いてみて?「指が丸まってる人」はスマホ肩こりかも|ストレッチ人気ランキング

日頃から「なんだか不調」ではないですか? 自分自身がOLとして「身体にかけていたストレス」と向かい合いなおし、現在はストレッチインストラクターとして女性の健康改善を発信する青柳さん。彼女の記事を見てみる…

「うわ、その髪型やめて!」男性が心底ギョッとした40代女性のヘアアレンジ3例|今週の人気記事

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「ヘアアレンジ記事」や「漢字の読み方記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。…

手土産で喜ばれる「ナチュラルなワイン」とヘルシーおつまみって?

ホームパーティーへの差し入れやお世話になったかたへの贈り物に、お酒を選ぶ機会は多いもの。今回はお酒好きな女性の間で人気が高まるナチュラル&オーガニックなお酒を種別にご紹介します。おすすめのマリアージュ…

トイレのあとが「くさい」人。実はそれ異常なんです|気になるニオイのランキング

40代女性がある日突然直面する「ニオイ」の問題。きっと根本にあるのは女性ホルモン分泌の減少なんですよね。実は腸の状態がニオイに関連していたり、男性のものだと思っていた加齢臭問題が女性にも勃発したり…。み…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WORKに関する最新記事