【ランキング】知らないとヤバい!淑女のためのマナー記事ベスト5選

もう大人の女性なのだから、言葉使いや日常の立ち振る舞いをしっかりしたい……と思いつつ、イマイチ自信が持てないと悩んでいる人も多いのでは?

今回は、言葉使いから香典、食事のマナーに至るまで、特に読まれているマナー記事を厳選してお送りします!

 

1位:目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

頑張って成果を出している人に対し「頑張ってください」は、例えるなら釈迦に説法。それとは少し違う意味ですが、目上の方、特に体を気遣うべき年齢の方や、少し体が弱っている方に「お体ご自愛ください」というのは、実は失礼に当たります。

詳しくは>>目上の人に「お体ご自愛下さい」は失礼?NG敬語メールと文末の正解7ポイント

 

2位:こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

クリスマス・パーティ、忘年会シーズンですね。気の置けない仲間とワイワイするのもよし、職場の仲間と一年の労を労うもよし。そういう中で、自然と人が集まる素敵な会話をする人もいれば、「うわ、始まった……」と、その場から退散する理由をあれこれ探しながらその人の話が終わるまでじっと我慢するというような人もいます。その人達の会話には4つの違いがあるのです。

詳しくは>>こんな会話をする人は嫌われる!言語哲学者に学ぶ「4つのNG」

 

3位:香典やお見舞いの金額。祖父祖母や嫁の親、叔父叔母の相場はいくら?

冠婚葬祭にまつわるお金の相場は、さまざまな条件によって違ってきます。身近に相談できる人がいない場合や、引越し直後で地域の相場が知りたいという場合、いちばん頼りになるのは地元の老舗デパート。冠婚葬祭関連の売り場でスタッフに聞いてみてください。そのほか、今回は主婦の友社のアンケートなどをもとに平均を集計しました。

詳しくは>>香典やお見舞いの金額。祖父祖母や嫁の親、叔父叔母の相場はいくら?

 

4位:言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

言葉の悪さは育ちの悪さに対するイメージと直結します。いわゆる「お里が知れる」とはこのこと。ほんの少しの油断で発したひどい言葉遣いは、あとでリカバリがとても難しいのです。でも心配しないで。今からでも実践できる言葉遣いの直し方をお伝えしましょう。

詳しくは>>言葉遣いを直したいあなたへ。今すぐできる2つの対策

 

5位:間違っている人が多い!洋食でライスを食べる時、フォークを持つ手はどっち? 【オトナの常識#15】

右手のナイフで料理を切り、左手のフォークで刺していただく洋食。でも……。ライスはフォークで刺すことができません。どうやって食べればいいのでしょう?

詳しくは>>間違っている人が多い!洋食でライスを食べる時、フォークを持つ手はどっち? 【オトナの常識#15】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク