【40代編集長の婚活記#170】イヤな予感!「2人では会わない」理由って?

どうして3人で会うことに?

編集長アサミの婚活スタートから、2年弱までをまとめた「40代ご無沙汰女子のざんねんな婚活」。好評発売中です。

ほどなくしてY嬢からメッセージが届いた。

Y嬢「お疲れ様です! アサミさん、ゲームさんとの食事会の件です。来週か再来週あたりで夜のスケジュールご都合いかがでしょうか? 超超お忙しいと思うのですが、ぜひ候補日をいただけたらです」

なんだか仕事で会う予定をたずねられている感じ(笑)。

アサミ「そんな、超超忙しくなんてないですよ。来週の金曜、再来週の木曜、金曜はいまのところ大丈夫です」

Y嬢「ありがとうございます! ではその3日間をしばしキープさせていただければ幸いです。ゲームさんのご予定をお伺いします。お仕事入るようでしたらおっしゃってください!」

何かと気をつかってくれるY嬢。いい子だなぁ、改めて。

アサミ「こちらこそ、Y嬢もお忙しいと思うのに調整ありがとうございます」

Y嬢「いえいえ。決まり次第、すぐにご連絡いたします。何卒よろしくお願いいたします!」

 

なんだかY嬢に間に入ってもらってしまって申し訳ないような……。何しろ、ゲームさんと私はお互い連絡先を交換しているのだから、直接やってよって思ってないかしら。

ま、流れに身を任せるしかない。

 

途切れてしまったメッセージ

それから約2週間後の金曜日の夜。

私は恵比寿にいた。Y嬢とゲームさんとの食事会のお店へ向かっていた。

不思議なことにこの日までの2週間、ゲームさんとのメッセージはどちらからともなくプツリと途切れていた。仕事が忙しかったこともないことはないけれど、それは理由にならない。

なんとなく……理由はわかっている。

2人じゃなく3人で会うということになって、ゲームさんの私への関心が薄れている気がしたこと。

ゲームさんに対して、私の恋愛スイッチが入らないこと。

結局まだ、別れてしまったジェントルさんのことが忘れられないこと。

 

たぶん、この3つせいだ。ま、ゲームさんからのメッセージが途絶えた正確な理由はわからないけれど、私の予想はそんなに間違っていない気もする。

 

金曜日の夜、恵比寿にて

ゲームさんの名前で予約してあったお店は、恵比寿にある隠れ家的な和食店だった。一見さんではわからないような、奥まったところにある入り口。和モダンな内装。

アサミ「19時半から、“ゲームさん”の名前で3人で予約しているのですが」

とお店のかたに伝えると、いちばん奥にある個室に通された。わざわざ個室を予約してくださったんだ……。少し恐縮に感じた。

 

お店に入ったのは私が一番最初だったが、ほどなくしてY嬢もゲームさんも到着した。私はY嬢と並んで座り、ゲームさんはテーブルをはさんで向かいの席に座った。

 

スポンサーリンク

【みんなが言わない秘密の話】40代女性が本当に男性と出会える場所は◯◯だった!

何年も彼氏がいない友人からよく聞くのが、「気づけば40代で、いまだ独身。どこで男性と知り合えばいいの!?」という話。確かに周りには既婚が増えてきて、自然な出会いが…

【男の本音】40代女性はあなたの恋愛・結婚の対象になりますか?

別に悪いことをしてきたわけでもないのに、ただ年齢を重ねたというだけで男性に対してどこか引け目を感じてしまう、そんな瞬間はありませんか?40代になるとだんだんと若々…

【男性心理】40代バツイチ男を落とすコツと、選ばれる女になる理由とは?

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返る連載第2…

【40代編集長の婚活記#10】モテ服メイクのルールを全部守ってみた

44歳、未婚独身、ペットなし、会社員。「どうして結婚しなかったんですか?」と聞かれても「別に……」とかつての某女優さんのようにしか言いようがない編集長アサミでござい…

「なぜ彼女は独身なの?」40代独女の本音とは【新連載】

はじめまして。イラストレーターのNobbyです。大学を卒業してすぐフリーランス人生が始まり、絵を描いたりトロンボーンを吹いたり歌ったり、とにかく好き放題で生きてきま…

【40代編集長の婚活記#20】結婚できない40女は〇〇が多すぎる!?

44歳・独身・恋人いない歴7年。特に「結婚しない」とも「結婚したい」とも思っていなかったが、気づいたら40代で独女だったというOTONA SALONE編集長アサミが婚活を始めて…

【男性心理】40代バツイチ男と結婚するために大切なこと

アラフォー独女必見!40歳を目前にして離婚したバツイチ男が、40歳初婚独女と再婚に至るまでの4年間にどんな思いでどんなことをしてきたのか、そのリアルを振り返ります。

【祝!婚活2周年】婚活連載がついにマンガ化!「40代編集長の婚活記」#1

年を経るごとにハードルが上がると聞く「婚活」、実際やってみるとどんなものなの?「果たして40代の私に結婚市場のニーズはあるのか」という単純な動機を胸に、16年8月に…

【新連載・40代編集長の婚活記#1】40代独女が初めて婚活したらどうなる?

結婚できないんじゃなくて、しないだけです。でも、してみてもいいのかも? 「どうして結婚してないの?」と聞かれても「なんとなく……」としか答えようのないみなさま、こ…

いちばん浮気性な男が多い血液型って…?ぶっちゃけアノ血液型です!

「浮気性な男だけは掴みたくない!」と思っている女性は多いもの。40代になってまで、ハラハラする恋愛トラブルには巻き込まれたくない本音だってあります。では、浮気性な…

【40代編集長の婚活記#172】だからフラれる!「キミは一人で大丈夫」3つの理由

40代の婚活は、そう簡単には進まない。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年以上、一人の男性とのお付き合いがスタートしたと思いきや、たった3カ月でフラれて終了。しかし、捨てる神あれば拾う神あり? …

46歳は曲がり角⁉ 生理周期や量に異変あり【100人の更年期 #18】

Sponsored By 小林製薬どうも生理周期の様子がおかしい‥…。それに気づいたのは約1年前、46歳のときでした。ちょっと前までほぼ規則正しくやってきていたのに、あるとき気づいたのです。「あれ、生理が2カ月来ていな…

[PR]

【40代編集長の婚活記#171】ギャップ萌えと偶然の一致に、40代独女「決意」する!

紆余曲折ありまくりの40代の婚活。44歳から始めて3年以上が経過した、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活。やっとのことでお付き合いする男性ができるも、たった3カ月でフラれる。失恋直後、知人Y嬢から誘わ…

【40代編集長の婚活記#169】バツイチ男の本音って? 思わせぶりなメッセージの真意

47歳のOTONA SALONE編集長・アサミは、婚活をスタートさせてから早3年。出会いを求めて婚活パーティへ行ったり、婚活アプリを試してみたり、一人でバーに行ってみたりするが、いまだにゴールは見えず。やっとのこと…

#168 「安心感」は 運命⁉ 失恋の直後に出会ったバツイチ男性【40代編集長の婚活記】

混迷を極める40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、婚活歴が3年を超えるも、いまだにうまくいかない。果敢に出会いを求め続け、やっとのことで恋人ができても3カ月でフラれてしまう。失恋ではげしく傷…

【斎藤工さんに聞いた】もし、シンガポールの街をエスコートするなら?【独占インタビュー】

日本人初のシンガポール観光大使として、2年間活動をした俳優の斎藤工さん。主演映画『家族のレシピ』の撮影やその他の仕事でもたびたびシンガポールを訪れているそうです。そんな斎藤工さんにシンガポールのおすす…

#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。失恋直後に知…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

インスタ映えで人気! シンガポール「カトン地区」でプラナカン文化に触れる

パステルカラーの可愛い街並みが「写真映えする!」と人気上昇中なのがシンガポールのカトン地区。プラナカン建築、お菓子、雑貨、衣装など、シンガポール独自の文化に触れるなら、絶対に訪れたいカトン地区の見どこ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LOVEに関する最新記事