【40代編集長の婚活記#170】イヤな予感!「2人では会わない」理由って?

始まりはY嬢の「暴露」から

会話の口火を切ってくれたのはY嬢だった。

Y嬢「今日は3人での食事ってことで不思議に思われたかもしれないんですけど。アサミさんとゲームさん、お二人で行かれたらと提案したんですけど、ゲームさんが緊張するから一緒に来てくれっておっしゃるんです」

ゲーム「いきなりバラすんだ(苦笑)」

Y嬢「ゲームさん、とても社交的でフレンドリーな方なんですけど、意外と照れ屋さんなんです。年下の私が申し上げるのも恐縮なんですが、そういうところがまた魅力的といいますか!」

そうなんだ……。ゲームさんったら意外とシャイなの。ちょっとかわいい、かも。

アサミ「照れ屋さん(笑)。そんな風にお見受けしなかったです」

Y嬢「ですよね! それがまたギャップ萌えポイントではあるんですけど」

ゲーム「いいから、もう。よけい恥ずかしい(苦笑)」

 

正直、3人で会うことに、しばらく連絡が途絶えてしまっていたことに、勝手に不安をいだいてしまっていた。けれど、Y嬢の暴露(?)で始まった会話から、なんだか楽しい夜になりそうな予感がした。

【前回はコチラ】

【40代編集長の婚活記#169】バツイチ男の本音って? 思わせぶりなメッセージの真意

【続きはコチラ】

【40代編集長の婚活記#171】ギャップ萌えと偶然の一致に、40代独女「決意」する!

1 2 3 4

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク