【40代編集長の婚活記#179】筋肉男子・ジムさんには「意外な過去」があった…⁉

筋肉トークの限界!

『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活: 婚活して初めて気づいた、人生において大切な17のこと』

 

ジムさんと挨拶したところからいまに至るまで、なんだかんだで「筋肉トーク」。自分なりに持てる知識を総動員しながら質問を投げかけていたけれど、そろそろ筋肉トークに限界を感じていた。

それを察したのか、ヘアメイクさんが別の話に切り替えてくれた。

ヘアメイク「ジムはさ、いまどのくらい彼女いないんだっけ?」

ジム「え~っと、3年くらいになるかなぁ」

アサミ「そうなんですか」

ヘアメイク「前の彼女とは、結婚しようと思ってたんだよね?」

ジム「まぁ、僕はね。でも彼女はそうじゃなかったみたいだから」

ヘアメイク「だって彼女、若かったじゃん!」

 

ジムさんの「元カノ」の話

若かった元カノ? ふ~ん。じゃ、30代とかかしら。聞いてみよう。

アサミ「当時で彼女はおいくつですか?」

きっとジムさんの10歳くらい年下、36~37歳とか答えるんでしょうね。

ジム「僕が47歳のとき……28歳だったかな」

え⁉ 予想外の数字に耳を疑う。

アサミ「え、28歳⁉ 若っ!! 19歳年下ですか⁉」

ジム「一緒に住んでたし。彼女も30歳になるまでに結婚したいって言ってたからさ」

ヘアメイク「だから自分と結婚したいのかなって思ったわけでしょ?」

アサミ「彼女、結婚願望あったのに……なんでお別れしちゃったんですか?」

ヘアメイク「ほかに男を作ったのよ。で、ジムとはサヨウナラ、でしょ?」

ジム「事実だけどさ、どストレートに言うなぁ」

 

「19歳年下」と付き合っていた過去!

3年前というとジムさんが47歳のときに28歳の彼女かぁ。いま私が28歳の男性と付き合うとか……。私には恐縮すぎて無理だわ。19歳年下なんて、息子の領域だもの。

もしかしてジムさんは若い女子が好きなのかしら。コチラ、47歳ですけれど。

ヘアメイク「僕が思うに、ジムはフラれて傷心の心を鍛えることで癒しているんじゃないかと」

ジム「違うよ! 確かに、ヒマになったからマメに筋トレに通うようになったけどさ」

ヘアメイク「あら、そうだった? ごめんなさい」

元カノは19歳年下、19歳年下……。その言葉が頭の中をグルグル回っていて、他の情報が入ってこなくなっていた。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク