「オレの愛人にならない?」と、仕事相手から言われた話 #metoo未満

悩み、ストレス、それは誰もが大なり小なり抱えているものですが、働く女性ならではの悩みやストレスがあると思います。仕事とプライベートのバランス、人間関係、仕事のやりがい……。

そうした悩みの中でも、最近たまたま立て続けに告白されたことがあります。「セクハラ・パワハラ」の問題です。プライベートで会って近況報告をしている中からポロッと出てきたものでした。

 

メーカーのPR・A子さんの話

「業界的に仕方ないものなんでしょうか」

そう問いかけてきたA子さんは、33歳。仕事は、あるメーカーでPRを担当。取引先は、主にテレビや雑誌、web媒体などのメディアです。

自社の商材を取り上げてもらうべく各メディアにアポイントを取り、そのターゲットへのメリットを紹介する業務。情報がたくさんあふれる昨今、簡単に取り上げてもらえないこともある中、A子さんが説明にいったあるメディアがかなり大きく取り上げてくれることになりました。

そのメディアに取り上げられたことは、上司にも先輩にも評価され、また商材のブランド担当者にもよろこばれ、A子さんはとてもうれしく感じたといいます。

 

「飲みに行こうよ」と誘われる

しばらくして、取り上げてくれたメディアの担当者から「飲みに行こうよ」と誘われたそうです。

担当者は40代後半の男性。二人だけで飲むことに少し戸惑う気持ちはあったけれど、男性は社会的地位もキャリアもある人であり、仕事の会話の中で妻子がいることも聞いていました。

あくまでもビジネスでのお誘いですし、取り上げてもらったお礼の気持ちもあるので、OKしたのだそうです。

 

最初は取り上げもらった商材の話、男性が担当するメディアの話、彼女の職歴の話など、ビジネスの話で進んでいたそうです。けれど、どこかのタイミングから、様子が変わってきたのだとか。

「彼氏いるの?」「どのくらいいないの?」といったパーソナルな話。

とはいえ、彼女もキャリアを積んできた30代の女性。笑顔で対応しつつも、話題をできるだけビジネスの方向に変えようと試みたそうです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク