松嶋菜々子、繰り返し離婚のウワサが浮かぶのに逃げ切れる意外な理由|人気記事ランキング

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。

それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。

(1月13日~1月19日)

 

1位・松嶋菜々子、繰り返し離婚のウワサが浮かぶのに逃げ切れる意外な理由

以前に「VERY」(光文社)のモデルは案外離婚していると書いたことがありますが、最近では連載執筆陣も離婚を発表しています。

>>松嶋菜々子、繰り返し離婚のウワサが浮かぶのに逃げ切れる意外な理由

 

2位・年収1億円が実行する毎日の習慣、必要なのはどこでも買えるこの2アイテムだけ

前回までのコラムでは、読書の効果を最大に高めるためには「目的を明確にする」ことが大切だとお伝えしました。

脳はとても優秀な追尾機能をもっています。あなたに目的があれば、本の中から勝手に必要な情報を選び取り、脳に記憶しようとしてくれます。

逆に、目的が曖昧だと、脳はすべての内容を同等の情報と見なしてしまいます。すると、どうなるでしょうか。脳にはメモリースペックがあります。一度に記憶できる容量はほんの一部です。つまり、本を読んでもほとんどの内容を記憶に留めることさえできないわけです。

>>年収1億円が実行する毎日の習慣、必要なのはどこでも買えるこの2アイテムだけ

 

3位・2画めはどこを書く?意外とみんな間違えている「西」の筆順

「今は、ほとんどの文字をスマホやPCで入力するので、正直筆順なんてどうでもいい」と思っている人も多いでしょう。では、文字を書くという機会は、どんなシーンで残っているでしょう。そうですね。冠婚葬祭での記帳、会議の時の板書など、厳粛な場や、皆が注目するシーンでこそ、筆順を見られる場面があります。またそもそも正しい筆順で書くと、文字は美しく書けます。今日は、簡単な文字で、筆順をチェックしてみましょう。

 

「西」の一画目は横。では二画目は?

>>2画めはどこを書く?意外とみんな間違えている「西」の筆順

 

4位・【植松晃士】その服、何年着てるの? アレの劣化が「オバ見え」のもと!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。2020年を迎えて、初めてのファッション編をお送りしたいと思います。

>>【植松晃士】その服、何年着てるの? アレの劣化が「オバ見え」のもと!

 

5位・40代、独身だと同窓会はこの扱い?ガチで「なぜ私たちは結婚しないのか」というと…

【なぜ彼女は独身なの?40代独女の本音 ♯105】

アラフォー独身のイラストレーターNobbyさんが、絶賛婚活中の編集長・アサミといっしょに、婚活中の独身女性と「私たちはなぜ婚活し続けるのか」まったり語り合うレポマンガです。新しい婚活人が登場!1人前の「婚約破棄」小松さん編はこちら、2人前の「出てくるオトコが全員クズのドロ不倫沼」高村さん編はこちら、全連載の最初から読む人はこちら

>>40代、独身だと同窓会はこの扱い?ガチで「なぜ私たちは結婚しないのか」というと…

 

いかがでしたか?

来週もお楽しみに!

 

スポンサーリンク