オバ見え払拭! 40代の「マスク顔メイク」コツって?

マスクをしている時間が、長くなっていますよね。装着中は顔の下半分が隠れ、マスク内の呼気によってメイクが崩れたり肌に違和感が生じたりもしがち。これまでよりもマスクの時間が増えているからこそ、“マスク顔”のメイクに悩んでいる40代女性も少なくないかもしれません。

「マスクをするときのメイクの正解が知りたい!」な40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。終わりの見えない自粛生活が続くなか、メイクや美容のパワーで少しでも元気をもらえたら、少しは心も穏やかに。

そこで今回は、40代のマスクメイクで失敗しないコツをお話します。

 

これで失敗しない!40代のマスクメイクのコツ1:アイメイクは普段よりはっきりめに

マスク装着中は、顔の半分が隠れるため目や眉だけが出ているだけに。そのため、目もとがぼんやりしていると、全体的に不健康なイメージが強まりがちです。特に40代は、目もとがたるんできたり色むらが出たりして、年齢を感じさせやすい傾向もあるので、ここがぼやけていると残念な印象を招きやすいでしょう。

そこで、マスクをしている日でもアイメイクだけは「インパクト」を意識した足し算メイクを。締め色アイシャドウやアイラインを目のキワに塗るなどして、普段なら「ちょっとやりすぎ?」と思うくらい濃いほうが、マスクによる不健康なイメージを払拭しやすいです。

下まぶたにも、“涙袋メイク”を意識して軽めのピンクやベージュを塗っておくと、病的になりがちなマスク顔でも、顔色を明るく見せてくれる効果が期待できます。

 

これで失敗しない!40代のマスクメイクのコツ2:マスク部分も下地はオン

マスクをしていると、どうしてもベースメイクが崩れがちですよね。そのため「ベースメイクは、上半分だけ」な40代女性の声もチラホラ聞こえてきます。

しかし、完全なるすっぴん肌に長時間のマスクは、美容の視点ではあまりおすすめできない方法。呼気によって蒸れたりマスクを外したときに乾燥したりといったダメージだけでなく、マスクを外したときに、下半分がすっぴんでは老け見えを加速させる引き金にも!

そこでおすすめは、下地のみをオンしておくベースメイク。ファンデーションまで塗らずとも、下地を塗っておくだけで、摩擦などからも守られるメリットが期待できるほか、“がちんこのすっぴん”は回避できるので、マスクを外したときの違和感を払拭しやすいです。上半分との境目は適度にぼかしておく手間もお忘れなく。

 

マスクをしている時間が長くなるほど、メイクの仕方にも工夫が必要ですよね。リップメイクではティントタイプを塗るなどの応用が定番ですが、ついでに40代特有の“オバ見え”も防げたら、マスクをしている日のメイクでも、もっと自信がもてるはず。デイリーメイクでも、ほんの少しの華やぎを取り入れつつ、穏やかな気持ちで不安な日々を乗り越えていけますように。

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
時短美容家 並木まき

スポンサーリンク

スポンサーリンク