旬のたけのこでチンジャオロースー。藤井恵さんの「たまらない」秘技

中華の炒め物と聞くと、豆板醤、甜麺醤、XO醤… そんな中華っぽい調味料が必要なイメージはありませんか?

 

チンジャオロースーは、家にある材料だけで完成する手軽な中華料理。

 

忙しいときに、肉も野菜もしっかりとれる炒め物が、ささっと作れるといいですよね。

 

お店に負けない味になります

今年で料理研究家20周年を迎える藤井恵さんによると「ほんのひと手間で、仕上がりが劇的に変わります。省いてもそれなりにできますが、コツをおさえたらお店に負けない味になりますよ」とのことで、早速ポイントを教えてもらいました。

   

>>>掲載は『藤井恵 繰り返し作りたい定番料理』

手軽だけど本格的なコツ1

牛肉には、片栗粉をつけてなめらかに

 

片栗粉をまぶすことで、牛肉の表面に薄い膜ができて、肉がかたくなりにくいのです。また、しょうゆ、酒で下味をつけておくと、肉のうまみが引き出てきます。

 

手軽だけど本格的なコツ2

ピーマンは一度炒めて取り出す

 

よく炒めて取り出しておくことで、ピーマンの加熱しすぎを防ぐほか、ピーマンから水気が出て、全体が水っぽくなるのを防ぐ目的も。

>>>詳しくは『藤井恵 繰り返し作りたい定番料理』

チンジャオロースーの美味しい音

プライパンから香ってくる、にんにくとねぎの香り。そして、肉と野菜を炒めるおいしい音が食欲をそそります。ピーマンが水っぽくないおかげで、筍のシャキシャキ感が引き立つこと! お肉はやわらかくてふわふわ。これぞ至福の一品。

画像をクリックすると拡大します

画像をクリックすると拡大します

もっといろいろ作ってみたい人は『藤井恵 繰り返し作りたい定番料理』にレシピが載っています。一般的なレシピ書籍には掲載されないような、コツや味つけの秘密が満載。「この一冊があれば、家庭料理は十分です」と藤井先生も太鼓判。ぜひ作ってみてください。

画像をクリックすると書店一覧にジャンプ

 

『藤井恵 繰り返し作りたい定番料理』1,650円/主婦の友社

→藤井恵さんが教える 新じゃがで「やみつき」コロッケを作る3つのシンプルなコツはこちら

→藤井恵さんのハンバーグレシピ 在宅ストレスを「おいしさ」に変える魔法はこちら

→藤井恵さんの結論 絶対もう一度作りたくなる”五目炊き込みごはん”レシピはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク