「やめてください」とやんわり伝えたい。どう言えば炎上しない? 5つの言い回し

日常のちょっとした言い回しに難しさを感じたことはありませんか? 今回は、言葉にまつわる記事を人気順にお送りします。

 

第1位:「やめてください」とやんわり伝えたい。どう言えば炎上しない?

「もう本当にやめてほしい」そう思っていることを敬語に直すのって大変ですよね。
心情的には「止めろって言ってるでしょう!?」くらいのこともあるでしょう。今回は、そんな時の言い回しについて。

みんなは「やめて」ってこと、どう言ってる?

続きは>>>「やめてください」とやんわり伝えたい。どう言えば炎上しない?

 

第2位:「すみませーん」と語尾を伸ばす話し方が絶対NGな理由

「すみませーん」「先日お話しした件なんですけどー」「おねがいしまーす」

どこの職場にも、語尾を伸ばす人って、いますよね。また、接客業にも語尾を伸ばす人がいて、こちらの方には良く出会います。

「いらっしゃいませー」
「大変お安くなっておりますー」
「こちら、セットのサラダになりますー」

続きは>>>「すみませーん」と語尾を伸ばす話し方が絶対NGな理由

 

第3位:「ご用件は?」「お名前をお伺いしても?」知らずに言いがちな失礼対応

仕事の用があって電話をかけた時、希望する相手が不在で「ご用件は?」と聞かれたことがある人も多いはず。確かに相手にしてみたら、留守中に電話があったことだけを伝えるよりも、その内容を伝えた方が良いのでしょうね。しかしこの「ご用件は?」……何かイラッとするのはなぜでしょうか。

続きは>>>「ご用件は?」「お名前をお伺いしても?」知らずに言いがちな失礼対応

 

第4位:「~じゃないですか」と言うべきではないこれだけの理由

「その件については、先日申し上げたジャナイデスカ」

「最近はこんな店が流行っているジャナイデスカ」

「黒い服って白い服より意外と汚れが目立つジャナイデスカ」

こんなふうに「ジャナイデスカ」を使用する人がいます。今は口語として一般的になっていますが、大人の女性の場合は「お里が知れる」と言いますか、あまり使わない方がよいのです。あなたは「ジャナイデスカ星人」になっていませんか?

続きは>>>「~じゃないですか」と言うべきではないこれだけの理由

 

第5位:ついつい使いがちな「ら抜き言葉」3大NGは来れる・見れる、もう1つは

言葉は時代と共に変化するものであり、それは自然で、そして必要なことです。
しかし、ビジネスシーンで使う場面を想像してみてください。相手が年上である場合には、できるなら誤用は避けたいもの。敬語の誤りに厳しい世代、言葉の変化が認められにくい世代の人達に対して使う時には特に気をつけたいものです。
だとしたら、正しい使い方をマスターした方が良いですよね。今回は3つだけなので、まるっと覚えてしまいましょう。

続きは>>>ついつい使いがちな「ら抜き言葉」3大NGは来れる・見れる、もう1つは

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク