【40代編集長の婚活記#211】これはムリ!? 50歳医師の決定的なひとこと

40代の婚活は艱難辛苦!? 婚活歴4年となるOTONA SALONE編集長・アサミ(48歳)、いまだに迷走し続けている。

現在婚活中のお相手は、婚活アプリで出会った50歳の眼科医・レンズさん。メッセージ交換から始まり、3回目デートまで続いているけれど……。この話は40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

相性は五感を含めた「感覚」が大切

眼科医・レンズさんとの3回目デートは瀟洒なベトナム料理店。前回のフレンチに続いて、ステキなお店だった。

美味しいと思うものやお店の雰囲気など、感覚的なものはわりと合う気がしていた。男女の対等な関係性を望んでいることや、キャリアを積む女性を尊重する点、ゴルフとしう共通の趣味もある。言葉づかいは丁寧で紳士的だし、仕事に対するプロ意識という部分もステキだと思っていた。

お付き合いをするなら相性が大事。何をもって相性がいいとするかは、人それぞれの尺度があるかもしれないけれど、私にとっては五感を含めた“感覚”だ。

 

なんてキチンとさんなの!

ただ、時間に対する感覚は、どうやら違うようだった。

仕事もプライベートも30分前行動です」

「子供のときからです。父の教育が30分前行動でしたから」

「起床時間、就寝時間は基本的に一定にしています」

なんて時間にキチンとしすぎているの……。

それに比べて私のギリギリ感! 過去4年間の婚活デートで、待ち合わせはたいていオンタイム。早く到着しても10分前だし、5分くらい遅刻したこともある。さすがに初対面や連絡ナシの遅刻はしたことないけれど。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク