元CA&ホステスがズバリ指摘!そのファッション「おばさん丸出し」ですよ!

年齢を重ねるほど、ポジションが上がるほど、私たちは「見た目」に気を配らねばなりません。美しさが大前提であるホステスも然り。私たちは日々「オバ化」していくのです。今回は、多くの男性が「これは、オバサン」と指摘するがっかりポイントを、CA歴4年、クラブママ歴10年の筆者がお伝えします。

 

その1:楽ちんペタンコ靴で色気ゼロ

年を追うごとに、ハイヒールから遠ざかってしまうのがアラフォー女性の実情です。でも、楽さを優先するあまり、ペタンコ靴を履いてばかりだと「色気ゼロ」「緊張感がない」と男性からは不評の声。

ホステスも、店内では7~10センチのハイヒールがお約束。しなやかな美脚は、女性の武器と言ってもいいでしょう。CA時代は爪先が丸くラウンドした「オーバルトゥ」のシューズを支給されましたが、美脚を目指すなら爪先が尖った「ポインテッドトゥ」もおススメです。シャープなシルエットは脚長効果があるうえ、女性をよりエレガントに見せてくれると評判なのです。

移動中はローヒールでも、せめてオフィスやパーティでは必ずハイヒールを履きましょう。

出典>>クラブママがズバリ指摘!そのファッション「おばさん丸出し」ですよ!

 

その2:枯れ葉色、煮しめ色で5歳老け

身にまとう色で、女性の印象はガラリと変わります。高級クラブでは、男性客のダークスーツと同化する「黒・紺・グレー・茶」等のドレスをNGとしている店も多く、ホステスたちも顔映りが良く、華やかな印象の明るいキレイ色を着ています。
秋に人気の「渋色」は注意!枯れ葉色、煮しめ色は「掃除や食堂のおばちゃんみたい」「5歳は老けて見える」と男性には意外に不評。「脱オバ」を優先するなら、レフ版効果、女優ライト効果のあるキレイ色がオススメです。ダークカラーを着る際も、顔や首周りに明るい色を持ってくると、肌が明るく見えますよ。

出典>>クラブママ直伝「脱・オバ見え」40代のファッション4ポイント

 

その3:「レギンス&トレンカ」でプロレスラー風

美脚に見えることに加え、保温などの機能性に富んでいる「レギンス」「トレンカ」は、女性にとって心強いアイテムのひとつ。ミニスカやチュニックに合わせるコーディネートでも一時期、流行りましたね。

しかし、男性から見ると「肌の露出が減って、全然セクシーじゃない」「脚を見せたいのか、隠したいのか、中途半端で意味不明」「そもそも、スタイル悪く見えるんじゃない?」「手抜きもいいとこ」とレギンス&トレンカ憎しの声、声、声。

特にブラックのタイプは、「プロレスラーのタイツに見える」こともあるよう。

女性が思う良いものと、男性が思うそれとは若干のズレがありますが、レギンス&トレンカは、そのトップと言っても過言ではありません。男性の前では極力控えたほうがよさそうです。

出典>>【男の本音】ホステスが教えるオフィスの超がっかり「おばファッション」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク