お風呂上がりに5分のデトックス! 今日からできるリフレクソロジーの基本

桜の開花宣言も出て、だんだん春らしくなってきましたね。

暖かくなってくると、「それほど体も冷えていないから、いいや」と、ゆっくりお風呂につからずにシャワーですませてしまうことも増えてきますが、そんな日々こそ、簡単なセルフメンテナンスをするかしないかで大きな差が出るかも……!?

足の裏は人体模型!?

リラクゼーションサロンや整体などで「リフレクソロジー」や「足ツボ」などのコースは老若男女を問わず人気があります。

足の裏は、まさに人体模型と呼んでもいいほど、全身のいろいろな器官の反射区が集中している場所なのです。

「反射区って、ツボとどう違うの?」

と聞かれることがありますが、いちばんわかりやすい違いは、「ツボ=点」であるのに対して、「反射区=面」、つまり範囲が広いこと。

中でも、欠かすことのできない反射区が、腎臓から膀胱にかけての泌尿器系です。

「老廃物を体の外へ出す」といえば、まず思い浮かべるのはトイレに行くことですから、ここの機能が疲れて滞っていたのでは困りますね。

リフレクソロジーは通常、足の裏の中心にある腎臓の反射区からスタートして、そのまま土踏まずへ向かって、尿管膀胱という、泌尿器系の反射区をしっかりさすって目覚めさせて、いわば「全身デトックスのスイッチ」を入れておいてから、足の指からかかとまで全体をほぐしていきます。

足の裏にひしめく反射区をすべて覚えるのは大変ですし、知ってはいても自分では力をかけにくい場所というのも多いので、まずはこの泌尿器系の3か所をつなぐライン(=足の裏の真ん中から、土踏まずへ)だけ覚えて、お風呂上がりの日課にしてみましょう。

ところで、なぜ、お風呂上がりがいいかというと……?

夜の間に体をリセット! 寝る前の5分メンテナンス

リフレクソロジーは、かなり即効性があります。

たとえば、私のサロンでいちばん短いコースは30分ですが、それでも両足の裏・甲・足首まわりの反射区をひととおりほぐすと、全身の循環が急速にアップして、体が「老廃物デトックスモード」になるため、施術が終わるやいなやトイレに行きたくなる人がとても多いほど。

自覚以上に大きな疲れを溜め込んでしまっている人は、好転反応として、全身がとても重くだるく感じたり、眠くてたまらなくなってしまう場合もあります。

まして、夜というのは誰しも、1日の疲れがそれなりに溜まっているもの。

だからこそ、「お風呂から出て、寝る前」が、足の裏をほぐすのにベストなタイミングなのです。

眠くなったら、体の声を素直に聞いて、寝ればいいだけの時間なのですから!(笑)

足の裏に、すべりの良いオイルかマッサージクリームをつけて、両手の親指を重ね合わせ、足の裏の真ん中にある「腎臓」から、土踏まずの「膀胱」までのラインを、やや強めの力でさするようにほぐしてみてください。

むくみがちな体質の人や、忙しいとついトイレを我慢しがちな人、疲れやストレスが溜まっている自覚のある人などは、おそらく「アイタタタ……」とびっくりするはず!

無理せず、我慢せず、自分がちょうど気持ちいいと感じる強さでほぐしましょう。

そして、仕上げには1杯の白湯をどうぞ。

以前に、「今すぐトイレに行きたくなる、便秘解消ワザ」の1つとしてもご紹介しましたが、寝る前にあたたかい白湯を飲むというのは、老廃物をスムーズに流しやすくすると同時にリラックス効果も高い、おすすめの方法です。

「入れる」ことより「出す」ことが大事

人は、疲れやストレスが溜まると、何かを自分の中へ「入れる」という行為をしたくなってしまいがちだそうです。

甘いものをやたらと食べたくなる、コーヒーやお酒をつい飲みすぎる、衝動的にあれこれと余計な買い物をする、などなど……。

そういう、目に見えるものだけではありません。

観たいわけでもないテレビを点けっぱなしにしたり、ネットサーフィンをしたり、SNSのやりとりや長電話をしたりして気を紛らそうとすることもありますが、それも、いろいろな情報や音声や人の感情などを自分の中へ「入れる」行為なので、ストレス解消のつもりでいたのに実は逆効果で、さらに疲れてしまう…… ということも大いにあるわけです。

できれば、夜はゆっくりお風呂に入り、体が温かくやわらかくなったところで、足の裏をセルフマッサージしたり、簡単なストレッチをしたりして過ごしましょう。

その日の疲れはその夜のうちにデトックスのスイッチを入れておいて、眠くなったところでゆっくりと眠り、翌朝のトイレでスッキリ流す、ということができれば、体はかなり軽くなるはずですよ!

スポンサーリンク

「酢キャベツ」は効く?40代の「ヤセ菌増やし」ダイエット10日チャレンジ#2

幼い頃のぽっちゃり経験から、体重コントロールに対する意識は非常に高かったのに、40代半ば頃からかなり苦戦中!少食なのに太る、運動の時間が取れない。そんな私が出会っ…

脚のむくみは肥満のもと! むくみを取る日常習慣3つのコツ

寒い冬の到来です。オフィスにいても、寒さのあまりデスクから動かないで1日が終わってしまった。そして、「なんだか、足がむくんでいるような……」なんてことはありません…

夏までにお腹ぺったんこに!お腹やせの秘訣は「3つの腹」刺激

はじめまして。エステセラピストの町山和代です。私は、2011年に“癒し、美容と健康”をテーマに、美しさと輝きを自然の力で取り戻すことを目的とした自然派サロンをオープン…

有名人御用達のマッサージ師が教える「老廃物・脂肪」をスッキリさせるコツ

疲れが取れない、むくみが取れない、脂肪が落ちにくくなった……。そんな悩みを感じてはいませんか? その原因は「リンパや血液の流れが滞って老廃物や余分な脂肪がたまって…

取りたい、ひざ上の肉を落とす方法! リンパマッサージでめざせ美脚【40代からの美容道】

ものすごくひざ上に肉が気になるようになったのは37~38歳からでしょうか。けっして細い脚ではないけれど健康そうな脚ではあったので、30代半ばまではショーパンやミニスカ…

だるい、眠い、イライラ……プチ不調を解消1分ハンドマッサージ

3月も半ば、指先のネイルも春らしい色にチェンジしたくなる季節ですね。手や指が美しいか荒れているかで、印象はかなり変わりますし、保湿などのケアも大切なのですが、手…

【マンガエッセイ】台湾・台北の足つぼマッサージ、おすすめは?

台湾に旅行!といえばなんといっても”マッサージ”は欠かせません。普段デスクワークで甘やかしてる足が突然酷使される海外旅行、1日中歩き回って靴の中にきゅうきゅうに収…

40代の「ヤセ菌ダイエット」酢キャベツ10日でここまでやせた!チャレンジ#4

ヤセ菌を増やすべく、玄米や発酵食品を中心にした食事、そして酢キャベツを取り入れる生活を始めて1週間(具体的なルールはこちら)。酢の利尿作用でむくみ感が軽減したり…

痛すぎる「ワキもみ」で40代の身体こりが劇的にとれた!一人でもできるワキもみの方法とは

いま私は放心しています。ベローチェではアイスルイボスティー(カフェインレス)をオーダーしました。身体が「これ以外の悪いものを口にしたくない」と訴えているのです。…

「酢キャベツ」でめざせ「ヤセ菌」体質10日チャレンジ#3 が、7日めに起きたのは

少食なのに太りやすい、運動の時間がとれない。糖質オフをしても、サラダだけで食事を済ませても、ちっともリセットできない。そんな私が偶然目にしたのが、「世界一受けた…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事