【おば見え解消】インフルエンサー美容師NOBUさん直伝! 簡単なのにおしゃれに見える涼感アレンジ

2021.06.23 BEAUTY

前回、最新ヘア・ヨシンモリでマイナス5歳見えを叶えてくれたALBUM(アルバム)NOBUさん。インフルエンサーとしてトレンドヘアを発信するだけでなく、結んだり留めたりのアレンジも上手と評判です。

今回は簡単なのにこなれて見えるまとめ髪2パターンをNOBUさんがレクチャーします。ちょっとしたコツを覚えれば、古くさい印象にならずに憧れの“こなれ感”が手に入るそう。ジメジメした梅雨や夏の暑さをすっきり乗り切れる涼感アレンジ、即トライしなきゃ!

 

前回はNOBUさんのカット&巻きテクで変身! 最新ヘア・ヨシンモリをおさらい

モデル:針北真衣さん 重ためロブをベースに表面や顔まわりにレイヤーを入れて、やわらかな動きをプラス。アイロンで巻いて不規則なカールをつくり、最新ヘアのヨシンモリが完成。

「2ヶ月近くサロンに行っていなかった」という針北さん。残念ヘアからNOBUさんのカット&アイロンワークで、最新ヘアのヨシンモリに変身。見事におば見えが解消されました。前回の記事はこちら

大人セクシーなヨシンモリはアレンジしやすいのも魅力。今回はNOBUさんに40代におすすめの涼感アレンジ2スタイルを教えてもらうことに。在宅ワークの日もちょっとしたお出かけの日もこなれアレンジでセンスアップを!

 

「低めおだんご」は最初からくずすとおば見えに。あとから凹凸をつくるのがコツ

 

「まずはパパッとできるルージーなおだんごをアレンジご紹介。

髪を低めの位置で結んだら後頭部を少しずつ指でつまんで凹凸をつくるのが、こなれ見えのコツ。

ルーズなおだんごと言っても最初からくずすとただ雑な感じになって老け見えにもつながるので、きっちりアレンジしてからくずすのがポイントなんです。

長めの前髪を生かしてアンニュイな雰囲気に仕上げることで、色っぽさが倍増します。横顔にグッと惹きつけられる男性が続出するはず!」(NOBUさん)

雑とルーズの違い、気になります! NOBUさん、早速アレンジの仕方を教えてください。

 

①前髪がつぶれてしまうのを防ぐために 、大きめのマジックカーラーで内巻きにします。 弱風のドライヤーで30秒程度熱を与えると◎。

②ブラシでサイドの髪を後ろ向かってとかします。

③ダッカールで両サイドの耳横の髪を留めておきます。 こうしておくと余計な髪が落ちてこないので、きれいに仕上げられます。

④髪全体をなるべく下の位置でひとつにまとめます。 まとめた毛束をシリコンゴムに通し、きつくなる1歩手前まで毛束を数回通します。

⑤毛束を輪っかにしてゴムで留めます。これでカジュアルなゴムおだんごが完成。

⑥このタイミングでダッカールをはずします。結び目を指でおさえながら後頭部の毛束を数ヶ所引き出し、ふんわりボリュームを持たせ凹凸をつくります。

⑦おだんごの毛先部分を半分に分けてグルっとゴムに巻きつけ、ゴムを隠します。

⑧巻きつけた毛先をアメピンで数ヶ所留めます。

⑨前髪のカーラーをはずし、ざっくりセンターパートにします。フロントのトップをつまんで高さを出して完成です。

ルーズなおだんごと流れ落ちる前髪で、肩の力が抜けたリラクシーな雰囲気に

長め前髪のミディアムを生かしたアンニュイムードが大人の色気を放出。

ゴムでおだんごをつくればOKなので、不器用さんでもこなれ感のあるまとめ髪が簡単につくれます。

前髪をマジックカーラーで巻いてふんわりさせたり、後頭部に凹凸をつくるひと手間でアレンジ上級者を目指しましょう!

 

時短アレンジの代表「くるりんぱ」は3回繰り返すと、立体感がアップ!

「2パターン目はトリプルくるりんぱでつくる大人可愛いアレンジ。

くるりんぱを3回おこなうことで立体感が出て、とても凝ったように見えるんです。覚えておくとお呼ばれにも対応できるし、女子会でも差がつくはず!

夏はノースリーブのワンピースに合わせると絶対モテますよ(笑)。

こちらも最初はキツめにアレンジをしてから、くずして凹凸ニュアンスをつくるのがコツ。バランスのいいシルエットに仕上がり、こなれ感が出せます」(NOBUさん)

アラフォー女性のモテアレンジ、ぜひ教えてほしいです!

 

①おだんごアレンジのときと同様に前髪はマジックカーラーで巻き、サイドはダッカールで留めておきます。 バックの髪をひとつにまとめてゴムで結びます。ゴムの結び目の上に穴をあけ、上から毛束を通してくるりんぱをします。

②くるりんぱをしたあと毛束を真ん中で分けて左右へと引っ張ると、ねじり部分の凹凸がきれいに出て立体的に仕上がります。

③その下もゴムで結び、指で穴をあけてくりんぱします。

④②と同様に毛先を左右に引っ張りながらゴムを締めて、立体感のあるねじりをつくります。

⑤さらにもう一度くるんぱをして、トリプルくるりんぱした状態がこちら。 ゴムで結んだら毛先を左右に引っ張り、立体感のあるねじりをつくるのを忘れずに。

⑥くるりんぱでできたねじり部分の外側を指で少しずつつまみ、無造作な凹凸ニュアンスを出します。

⑦前髪を半分残し、こめかみに落ちてくる前髪を後方へとねじります。 きっちりしすぎないように、根元部分をつまんでふっくらさせてから毛先をアメピンで留めるのがコツ。

⑧残しておいた前髪をバックに流すようにカールアイロンでリバースに巻きます。

360度どこから見ても素敵! 品よく可愛い褒められアレンジ

デイリーはもちろん、華やかなシーンでもマルチに活躍するくるりんぱアレンジ。

3回くるりんぱを繰り返すことで、立体感がグッとアップ。最後に前髪をアイロンで巻くことで顔まわりに女性らしいたゆんとした動きが生まれ、モテオーラを発揮♡

バレッタなど好みのヘアアクセサリーを合わせれば、お呼ばれシーンにも対応します。

 

NOBUさんからOTONA SALONE読者にメッセージ

「僕のお客さんには10代から40代まで幅広い世代の方がいらっしゃいます。中でも、いちばんおしゃれで美意識が高いのが40代なんです。

40代の働く女性って会社でヘアスタイルのことで怒られることも、そうそうないですよね(笑)。だからみなさん“らしいヘア”を堂々と楽しんでいてカッコいい。おしゃれに服を着こなすためにジムに通って体を鍛えていたりと、僕も刺激を受けます。

OTONA SALONE読者のみなさんには自身が美の発信者・主役になって、これからのトレンドをつくっていってほしいです。僕もそんな気持ちで、毎日インスタで発信しています」

 

今回のヘアを担当したのはNOBUさん/ALBUM SHINJUKU

ALBUM プロデューサーとしてALBUM4店舗を統括しつつ、Instagramフォロワー数は、驚異の24万人超え(2021年6月時点)。多くの女性誌や業界誌でオリジナルのトレンドヘアを発信し、そのメディア力は業界を超えて注目を集める。サロンワークの他に雑誌の撮影、ヘア・メイクショーの出演、セミナー講師など多岐に渡り活躍している。Instagram@nobuhair

 

 

 

ALBUM SHINJUKU アルバム シンジュク

住所:東京都新宿区新宿3-28-11 市嶋第三ビル4F TEL:03-6457-8701 ALBUM HP

 

撮影/土屋哲郎

スポンサーリンク