「パケ買い」してしまう金額はいくらまで?40代女性の平均を聞いてみた

OTONA SALONEの中でも安定的な人気を誇るのが「お土産」に関する記事。ちょっとしたお祝いなどのプレゼントに、自分へのご褒美に、手ごろな価格のかわいいデザインのスイーツや雑貨が私たちに「買って買って」と呼びかけています。編集部の中でも「マイブームとパケ買いが合わさると、自制心がきかなくなっちゃうんですよ」とのコメントが。

そんな読者のみなさまの最近の「パケ買い」事情はどうなってるんだ?ということで、自称OTONA SALONE随一のスイーツ男である私が、会員制コミュニティサイト「OTONA倶楽部」で聞いてみました!

 

そもそもパケ買いってなに?

パケ買いとは、パッケージを見て商品のことを気に入ってしまい、思わず買ってしまう行動のことをさします。効能・機能がある程度わかっている商品では、パッケージデザインが良いとそれだけで好印象となり、衝動買いの理由となるというものです。Twitterで「パケ買い」と検索すると、みなさん思い思いのパケ買い商品を写真つきでアップされているのがわかります。食品と化粧品が多いのが特徴ですね。

 

 

パケ買いしてしまう価格はいくらまで??

まずは、ついパケ買いしてしまう価格はいくらまでか聞いてみました。

OTONA倶楽部2017年3月調べ(n=17)

みなさんはいかがでしたか? 1,000円以上~3,000円未満が多いようですね。確かにちょっとしたプレゼントの予算、3,000円までがボーダーラインになっているような気がします。私も親への手土産、友人へのお祝いは中身と同じくらいパッケージは重視した上で、予算は大抵2,000円~3,000円くらいが多いです。

 

最近パケ買いしてしまったものは?

続いて、最近ついパケ買いしてしまった商品を聞いてみました。

全体的に、かわいいパッケージの化粧品・キャラクターを活用した限定パッケージ・限定デザインにはやっぱり惹かれてしまうという結果に。

昨日、スーパーで見つけた苺。
なんと、「リカちゃん」が!
リカちゃん、さがほのかイメージキャラクターなんですって!
これは、買わなあかんでしょう(笑)
リカちゃんを起用とは・・・やるな、JAさが( *´艸`)(MIKAさん)

 

可愛い猫の表情に思わずパケ買いしてしまいました。
味は極普通のフルーツキャンディーでしたが、お値段も安いし何より気持ちがほっこりしました。(yukiさん)

 

編集部タカハラが最近気になったパッケージは?

最近では著名デザイナーを起用してパッケージから店頭のデコレーションまで統一するようなケースも出ていますね。そんな中で今私が一番注目しているのが、イチゴとチョコのスイーツ専門店「AUDREY」のパッケージです。

先日アートディレクター・グラフィックデザイナーである渡邉良重さんの展示を見に銀座クリエーションギャラリーG8まで行きまして、実はここで初めて「AUDREY」のことを知りました。

見てください、この麗しいパッケージの数々!

 

パッケージのいいところは、中身を楽しんだ後もずっと手元に置いて、小物入れなどにして楽しめるところですよね。こちらのAUDREYのお菓子も缶入りの洋菓子で3,000円前後と、読者アンケートとピッタリ合った価格帯になっています。

日本橋と横浜の髙島屋に店舗があるそうです。お菓子そのものはもちろんですが、パッケージも楽しみにお店に行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

OTONA SALONEのパッケージに関する記事もぜひ読んでみてくださいね。

見た目も値段もキュート! 「1,000円で買える」東京デパ地下スイーツ3選
https://otonasalone.jp/15884/
ミッキープレートも!Francfrancのギャザリング雑貨に注目!
https://otonasalone.jp/6940/
台湾で絶対買いたい!オシャレ・美味しい・キレイ、人気のオススメお土産6選
https://otonasalone.jp/5745/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク