「ぱいぱい」ではない!必ず読めない超難読の日本語3つ(前編)

2022.05.16 QUIZ

「ときどき」「ますます」など、私たちが普段よく使うこれらの言葉は、畳語(じょうご)といいます。同じ言葉を似回繰り返すことで、より強い意味を表現するのです。今日は、普段よく使っている畳語を漢字にしてみたものを3つ紹介します。あなたは3問中何問読めるでしょうか。挑戦してみてください!

 

第1問:「愈愈」の読みは?

 

ヒントを読んで、読み方を当ててみましょう!

「愈愈」の意味は次の通り。

1 その上。より一層。ますます。
例文「雨が愈愈はげしくなる」
2 とうとう。ついに。
例文「愈愈本降りだ」
3 さしせまった状態。
例文「愈愈という時になっておじけづいた」

分かりましたか?

次ページ>>正解は…。そしていよいよ「兀兀」の読み方が明らかに!

続きを読む

       

■「更年期とお仕事のしんどさ」について教えてください!■
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク