「今日の服、年齢が出ちゃったね…」40代が着てはいけないトップス

年齢に応じて変化するカラダ。とくに気になるのはデコルテ、バストラインなどの上半身周りのシルエットではないでしょうか。かつて似合っていたお洋服が似合わないと感じるのもこのカラダや肌、顔つきの変化によるものが大きいようです。そこで今回は、体型やシルエットから年齢を感じやすい、大人の女性が着てはいけないトップスアイテムをご紹介します。

 

デコルテを露出し過ぎるVネック

定番アイテムとも言われるVネック。本来なら大人の女性らしい品格を表現してくれる相性の良いアイテムです。しかし気になるのはデコルテの骨っぽさ、バストの下垂。若い頃特有のハリや肉感がなくなるのでVネックが開き過ぎていると胸元が寂しく貧相に見えやすいです。それが実際の顔立ち以上の老け感を与える可能性もあるので気をつけましょう。

 

同じVネックでも、取り入れる素材とシルエット、Vネックの開き具合によってはOKな場合もあります。Vネックは浅めのものだと失敗しにくいですよ。素材はハリと立体感のあるシルエットを表現できるものを選びましょう。お手持ちのVネックのデコルテが開き過ぎている場合は、ラウンドネックのインナーを合わせてカバーすると良いでしょう。

 

ボディラインが目立つボーダートップス

大人の定番カジュアル、ボーダートップスも要注意ポイントが。Vネックトップス同様に素材が柔らかくボディラインがわかるようなシルエットはオススメしません。とくに落ちにくい首や二の腕の肉感が目立つ方は薄手のボーダートップスを着るとオシャレというよりは「休日のオカン」といったイメージになりやすいです。

こちらも出来れば厚地で立体的な素材を選びましょう。バスクシャツと呼ばれるボーダートップスなら比較的ハリがあるのでオススメです。また身幅、肩、袖のラインは直線的なシルエットのほうが体型カバーに効果的。

 

似合う服を選ぶには素材・シルエットに重視を

つねに変化する私たちの顔、カラダ。この変化を「若さが失われる」と思うと悲しくなりますが、変化に応じて似合うスタイルを探求し続けていこうとすれば、歳を重ねることだって楽しい気持ちになるものです。40代という年齢を素晴らしいものにしていくにはやっぱりお洋服の力は必要。

ご自身の顔立ちや体型に合わせた服選びを楽しんでくださいね。その際は、お洋服のデザインや色も大切ですが、まずは似合う素材とシルエット選びに注目すると良いですよ。ぜひ、ご参考までに!

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
ファッションライター 角佑宇子

スポンサーリンク

スポンサーリンク