#57ハイスペック弁護士と婚活デートしてみたら【40代編集長の婚活記】

40代女性が結婚につながる出会いは「紹介」と「趣味」きっかけが多い。婚活を始めて1年になるOTONA SALONE編集長アサミ。アラフォー婚のリアル事情を調べていたらこの結論に達した。

まずは「紹介」が近道ではと、以前にチラッと「紹介したい人がいる」と言っていた知人Y氏を頼る。紹介された男性・ベンゴシさんは、写真で見ていた以上の濃厚な顔で厳格そうな雰囲気。あまりの「圧」に、めずらしく緊張を覚え……。これは40代独女のリアル婚活ドキュメントである。

 

珍しくベンゴシさんに緊張する

出会いの場所は「ザ・ 新橋のオヤジが集う焼き鳥店」。店内っはだいぶ年季の入った印象で正直にいえば小汚いのだが、カウンター席もテーブル席も満席。人気店のようだ。しかも、見渡すかぎり男性客しかいない。

知人Y氏「こちら、例の編集長のアサミさん」

アサミ「はじめまして。アサミと申します」

ベンゴシ「はじめまして」

ハンパない顔面の迫力。しかも、ちょっとドスの利いた低音ボイス。しかも「はじめまして」と言っただけで、特に会話を続ける風でもないベンゴシさん。無口なタイプ?あんまり会話をリードしてくれない感じ? それならこっちがリードするわ……って思ったけれど、珍しく言葉がポンポン出てこない。めったに緊張することのない私でも緊張するタイプだわ、ベンゴシさん。

 

「婚活記」の感想&質問の会!?

そこを上手くつないでくれたのが知人Y氏。

知人Y氏「彼にはね、けっこう前からアサミさんのこと話してて。婚活の記事も読んでくれたんだよね?」

ベンゴシ「……あぁ」

アサミ「ご覧いただき、ありがとうございます」

知人Y氏「いや、でも実現するとは思わなかった。アサミさん婚活が忙しそうだし、モトカレさんとヨリを戻すのかなって感じだったし」

アサミ「紹介してくださるって話してくれたの、半年くらい前でしたもんね。忙しいのは仕事もあったんですけど」

知人Y氏「モトカレ、別れちゃってよかったんですか? ホントにあれから連絡取ってないんですか?」

アサミ「一切、連絡取ってないですよ。あれはあれでいいんです」

知人Y氏「いやー、なんかもったいない」

すっかり知人Y氏のイチ読者としての感想&質問トークになっているけれど……。初対面でちょっと固くなっているベンゴシさんと私の会話を弾ませるための気遣いなのかな。肝心のベンゴシさんはというと、淡々と飲みながら聞いているだけだ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事