誰かに「悪口」を言われたとき、40代独女が心がけたい対応って?

職場の同僚であったり友人であったり、誰かの悪口を言う人は必ずいます。

もし自分がターゲットになってしまったとき、まず心がけたいのは「話を広げないこと」。自分まで「○○さんにこんなことを言われている!」と周りに吹聴してまわるのは、それだけマイナスな関心を引くことになるので注意しましょう。

相手と同じ土俵に上がらない勇気を持つことが、自分を守るために有効です。

悪口を言われたときはどんな対応をすれば良いのか、お話します。

 

悪口を言いたいのは自分が満たされていないから

 

「○○さんって、残業もせずにさっさと帰って勝手だよね」

「自分は仕事ができるって勘違いしてるのがムカつくよね」

など、他人を悪く言う人の特徴は「自分を基準にしていること」にあります。

「私は残業しているのに」

「私は仕事ができても勘違いしないのに」

と、自分とは違う他人の姿を見て不満を感じるのですね。

ですが、もし本当に残業をしている自分に満足しているなら、ほかの人の振る舞いを気にすることはありません。

気に入らないと思う対象は、実は他人ではなく自分。

本当は残業をするのが苦痛なのに、それをしている自分に対して怒りを持っています。

ほかの人の中に「こうありたい自分」を見ると、攻撃することで何とか自分を満たそうとするのですね。

悪口を言う人は、まず自分が満たされていない状態なんだと思いましょう。

 

悪口を言う人は自分に縛られる

 

「本当はこうありたい自分」をほかの人の中に見つけてしまい、それを攻撃することは、自分の視野を狭くするだけでなく想像力を奪います。

自分が知らないだけで、実はその人は残業をしないようにがんばっているかもしれないという可能性を考えられないのですね。

なので、別の人から「でもあの人、今日は昼休みを返上してパソコンに向かってたよ」なんて言われると、余計に腹が立ちます。

誰かのことをあえて悪く言うとき、必ず聞いている人に賛同して欲しい気持ちがあります。それを否定されることで、ますます嫉妬が深まる状態です。

悪口は、聞いている側も決して良い気持ちはしませんよね。

他人を貶めることは、それだけ自分から人が離れていくことにもつながりますが、それをきちんと考えられない想像力の乏しさが、結局自分を縛ります。

他人をどれだけ悪しざまに言っても、自分の現実に変わりはありません。それだけでなく、聞いている人に敬遠される危険が高まります。

悪口を言うことには、何のメリットもないのです。

 

相手の土俵に上がらない勇気を持つ

 

もし、誰かが自分のことを悪く言っていると知ったら。

一番気をつけたいのは、自分まで同じように相手を貶めてしまうことです。

「だって、私は何も悪くないのに」

と思うかもしれませんが、「○○さんが私のことをこんな風に言っている」と周りに伝えてしまうと、それを知らない人にまでふたりの確執がわかってしまいます。

そうなると、雰囲気がおかしくなったり興味本位で首を突っ込んでくる人が出てきたりと、事態が悪化する一方です。

まず、話を広げないこと。

自分が相手にしなければ、相手はいつまでも言い続けることはできません。言い返したり、自分も相手の悪口を口にしてしまうから、長引くことになるのです。

見当違いな批判なら、正々堂々と胸を張っていましょう。

第三者が見るのは、潔さです。えんえんと人を貶める発言をする人間と、相手にせず自分のことにしっかり集中している人間では、どちらがより正しいと思われるでしょうか。

相手と同じ土俵に上がらないことで、自分を守ることができます。

 

 

相手を一方的に責めてくる人は、言っている間は強気でいられるかもしれませんが、頭が冷えて冷静になってくると、自分の言動を顧みて恥ずかしいと思う瞬間がきます。

そうなったときに、あなたが一貫して相手にしていなければ、その人も恨みを残すことなく反省することができます。

話を広げないことは、お互いにとってダメージを少なくするためにも大切なことです。

むやみに反応しない姿勢が、その後を決めると心得ましょう。

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

男性にとっても大問題!40代独女と付き合うときの”性欲“、ここに悩んでます

お付き合いになれば、避けて通れないのがベッドでの時間。男性にとって、好きな女性を抱けるのはもちろん嬉しいことだけど、気になるのがお互いの欲。「望んでいるのが自分だけだったら」「彼女のほうが積極的だった…

男性に「恥ずかしい!」と思われる40代独女の「冬のヘアメイク」3つ

寒くなると、ロングヘアの人なら髪をおろしてみたりパーマで軽さを出してみたり、夏とはアレンジを変えるという女性も多いでしょう。首元を温めたくなる冬は、マフラーなど小物と髪型とのバランスも大切。ですが、凝…

どうして?「距離感」を大切にしてきたはずの40代独女が幸せになれないワケ

恋愛には相手との「距離感」を間違えないことが大切。そう思って頑張っているのに、なぜかいつも男性が離れてしまう。アプローチもしているし、LINEの返信も合わせているし、ちゃんと”ちょうどいい離れ具合”を考えて…

冬のオフィスでこれは無理!男性がドン引きした40代独女の「出社したときの行動」3つ

冷え込みが厳しくなってくると、毎朝の通勤もつらく感じますね。電車や徒歩で移動するし、コートにマフラーを重ねて途中のコンビニでホットコーヒーを買って……。いざ会社に着いたとき、脱いだ服やドリンクはどうして…

男性も悩んでいる!「冬デートに誘ったとき返されたら嬉しい言葉」って?

コートがないと外出が難しくなる冬。寒くて外に出たくない女性もいると思いますが、それでも好きな男性に誘われるデートは別ですよね。イルミネーション見学にクリスマスと、楽しいイベントがある冬デートは男性だっ…

「今度こそ」をいつまで繰り返すの?その「元サヤ」、ただの悪縁かもしれません

別れた恋人を忘れられない。やっぱり私にはあの人しかいない。そんな切実な気持ちで、何度も同じ男性とつらい別れを繰り返していませんか?何度追い詰められても結局最後は別れてしまうなら、その復縁は「良くないも…

彼氏は欲しいけどズボラな自分を変えられない。40代独女が悩む「女性らしさ」の壁

もう何年、彼氏がいないんだろう……。未婚独身のまま、気がつけばもう40代。まだまだ恋愛はしたいけど、一人の時間が長かったせいかズボラな生活から抜け出せない。ある40代の女性は、そんな「女性らしさを失った自分…

「スタンプで終わり」はNG!?男性が「恋の余韻を感じる」40代独女からのLINEって?

好きな男性とやり取りするLINEは楽しいもの。絵文字を使って気持ちを表現したり、かわいいスタンプを使ったりと会話を盛り上げる工夫をがんばる40代独女も多いと思います。でも、顔が見えないLINEでは、スタンプより…

あ、これ惚れる。40代独女が職場でこっそり見せた「応援してるよ」サイン

仕事を頑張っているとき。同僚や上司からの応援は励みになりますよね。男性にとって、気になる女性が職場で見せてくれる「応援してるよ」サインはテンションが上がるし嬉しいもの。かといって大げさに伝えられると周…

拗らせすぎると危険!40代独女が「片思いに疲れてやらかしたダメ行動」って?

気になる男性はいるんだけど、なかなか進展しない。アプローチが上手くいかない。片思い中はいろいろなストレスがありますね。やめてしまいたいけど、そう簡単にいかないのが恋心。拗らせてしまっておかしな行動に出…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事