10分で完成!ワインにあうおうちバル風おつまみ2種

スポンサーリンク

秋深まる今日この頃。11月に入り気温がぐっと下がってくると、なぜかおうちが恋しくなる季節でもあります。ハロウインが過ぎれば次はボジョレー!と、パーティーなどでお酒をいただく機会も増える頃。寒い日は、外で飲むより、家飲みのほうが気兼ねなく飲めてラク!というあなたに。帰宅から10分で完成するワインにあうおつまみをご紹介します。

 

 

意外な組み合わせ?紫キャベツとクランベリーのサラダ

レシピ
【材料】2人分

紫キャベツ(なければキャベツでも可) 120g
クランベリー(ドライ)        20g
塩                  2つまみ

A アップルビネガー、メープルシロップ  各大1
ブラックペッパー            適量

【作り方】
1.紫キャベツは千切りにし塩で揉みしばらくおき、水気をしっかり絞る。
2.1、クランベリーをボウルでざっくり混ぜ、よく混ぜ合わせたAとあわせ、ブラックペッパーをふり器に盛る。

まずは、アペリティフ的な一皿を。食材2つで準備もラクな切ってあえるだけの簡単サラダです。クランベリーの甘酸っぱさがアクセントとなり、食欲をそそる一品です。

包んで焼くだけ!なのにやみつきになる豆腐の大葉ベーコン巻

 

レシピ

【材料】2人分

木綿豆腐   1/2丁

ベーコン   3枚

大葉     3枚

片栗粉    適量

醤油     少々

小ねぎ    適量

【作り方】

1.豆腐はキッチンペーパーにくるみ電子レンジ(600W)で2分加熱し、6等分に切る。ベーコンは半分の長さに切る。大葉は縦に半分に切る。

2.豆腐の水気を拭き片栗粉をまぶし、大葉、ベーコンでくるむ。

3.サラダ油(分量外)を薄く塗ったフライパンを中火で熱し、2を両面きつね色になるまで焼く。最後に醤油を適量たらす。

4.器に盛り、刻んだ小ねぎを添える。

豆腐とワイン、一見してあわなさそうですが、水切りをして表面をしっかり焼き付けることで食べ応えのある一品に。ベーコンとあわせることで、下味をつけなくても主張のあるおつまみになります。

知って納得!ワインにあわせたいおつまみの選び方


せっかくおいしいワインをいただくなら、それにあうおつまみをあわせたいですよね?

でも、ワインに関する知識もおぼろげなのに、ワインとフードのペアリングなんてちょっとハードルが高すぎる・・・とおもっている40代独女の皆さん。

今日は、難しいウンチクはおいておき、ワインにあうおつまみをサクッとえらべるようになる簡単なポイントをご紹介します。

【家飲み流ワインとおつまみのあわせ方】

・産地が同じもの同士はあう。

・ビギナーは味・香りが同調するものを。

・慣れてきたら対比効果で味比べ。

 

まずはミネラルについてのお話。ワインも、葡萄からつくられるいわゆる農作物。育った土壌や水の影響をうけています。よく地産地消といわれるように、その土地で育ったものをその土地でいただくのが一番おいしいといわれるように、同じ土地で育ったもの同士は相性がいいという考え方があります。

次に、同調というのは、同じ香り、味のもの同士はあうということです。例えば、柑橘系の香りのするワインならレモンやライムを絞ったサラダなどがあいます。その場合、どちらかの香りや味が強すぎるとバランスが崩れるので注意が必要です。

先日、餃子バルにうかがった際、最初はレモン風味の鶏肉の餃子を食べていたのでワインはソーヴィニヨン・ブランでバランスがよかったのですが、途中で国産和牛にブラックペッパーがたっぷりの餃子がテーブルにきたとたん、ちょっと違うなとおもい、急いでカベルネ・ソーヴィニヨンを頼みました。牛肉の主張の強さに加えてブラックペッパーのスパイシーさはそれまで飲んでいたソーヴィニヨン・ブランではちょっと押しに負けてしまいそうですよね。

 

そして最後は、対比効果です。全く味やテイストが異なるもの同士をあわせることでお互いの良さが際立つということです。例えば、甘いものに少しだけ塩を加えるとより甘さが引き立ちますが、それと同じことがワインとフードのペアリングでもあります。例えば、酸味の強い食事とワインをあわせると、ワインの甘みが強調されたり、塩味の強いアンチョビなどとワインをあわせるとワインの味がまろやかに感じられることがあります。

ペアリングも楽しい!手軽なおつまみで家飲み

今回ご紹介した『紫キャベツとクランベリーのサラダ』には、ほどよい果実味が感じられるピノ・ノワールや、若々しいボジョレー・ヌーボーがあうとおもいます。また、『豆腐の大葉ベーコン巻』は葡萄でいえばカベルネ・ソーヴィニヨンやメルロー、ミディアムボディのワインがあうようにおもいます。

ワインをただ飲むだけでなく、相性のあう食材やおつまみとあわせながら飲むと、会話も弾み、お酒もついついすすみそうですね。

おいしいワインとともに、お手軽にできるおつまみのレパートリーを増やして家飲みをもっと美味しく、たのしみましょう。

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

めんつゆにモッツァレラを漬けると驚きの味に!

「モッツアレラチーズをめんつゆに漬けると美味しいらしいよ」と聞きました。何それおいしそう! とりあえず漬けてみたところ、1・モッツァレラを買ってくる 2・めんつ…

「カステラフレンチトースト」が今すぐ作れてカリじゅわでおいしいという話

シンプルなのに、きちんと作るととっても時間がかかるフレンチトースト。有名なホテルオークラのレシピでは、なんと24時間もパンを卵液にひたします。ところが、カステラで…

どんなパンも「蒸し」で3割増しで美味しくなる!決定的コツは

あらゆるパンが素晴らしく美味しく焼きあがる、と買った人が全員絶賛するトースター「バルミューダ」をご存知ですよね。いわゆるスチームオーブントースターは、先に庫内を…

笠原将弘さんの「あぶり親子丼」が簡単&絶品! プロのコツ満載レシピ 

あまり家で作る機会もない親子丼。でも、一度このレシピを知ってしまったら、週5回でも親子丼を食べたくて震える騒ぎに! 主婦の友社のベストセラーどんぶり本、『笠原将…

豆乳グルトのおいしい食べ方レシピ、おすすめベスト3を広報に聞きました!

牛乳ではなく、豆乳を、植物性の乳酸菌で発酵させた豆乳ヨーグルト。ここしばらくで代表製品の「豆乳グルト」の流通範囲が広がり、各段に買いやすくなりました。でも、ネッ…

とかすだけなのに絶品!チョコフォンデュトースト

バレンタインも近い週末。大人になると、気になるあの人にチョコレートを渡すよりも、がんばっている自分に、ちょっとだけ甘いチョコレートをプレゼントしたくなる。そんな週末の朝に、簡単にできるチョコフォンデュ…

いちごとマスカルポーネの、軽~い♡ふわもこトースト

週末の朝。たまには朝からがっつり甘いもので自分にご褒美を。朝だと罪悪感もなくてぺろりと食べられちゃうから不思議です。今回は今が旬のいちごたっぷりの甘いトーストをご紹介します。いちごとマスカルポーネのふ…

とろ~り絶品!「ツナメルトトースト」が至福に仕上がる3つの簡単なコツ

フードスタイリストの河合真由子です。週末の朝。いつもより遅く起きた朝は、時間の余裕もあるせいか、心なしか気持ちもゆったり♪そんなときには、少し手をかけておいしい朝ごはんを食べられたらしあわせですよね。…

「餃子のたれ」最新アレンジ!意外に美味しいレシピベスト3

ここ最近の餃子ブームにあわせて、最近は、ワインやシャンパンなどとあわせたり、パクチーやキムチ、ゴルゴンゾーラチーズ入りなど個性的な餃子を提供するお店も増えてきました。餃子といえば、餃子にあわせるタレに…

しょうがで冷えを改善!料理家が教えるカンタン温活レシピ

体をあたためる食材といえば、まず思い浮かぶのが生姜。わたし自身も、長年冷えに悩まされていましたが、生姜を意識してとりいれるようになって以来、冬でも体がぽかぽかするようになり、苦手だった冬の朝も平気に。…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FOODに関する最新記事