#86 どうする? 婚活相手が「シングルファーザー」だったら問題【40代編集長の婚活記】

45歳・未婚・独身・恋人いない歴8年以上。独身街道まっしぐらのOTONA SALONE編集長アサミが、重い腰をあげて40代の婚活をスタートして1年半。ネット婚活のアプリで知り合ったメガネさん(45歳)と3回デートを重ねた後、シングルファーザーであることがわかって……。

これは40代独女の「実名+顔出し」で書いている、リアル婚活ドキュメントである。

 

ため息ばかりの日曜日

シングルファーザーかぁ。

メガネさんが実は「子供と一緒に住んでいるシングルファーザー」であることがわかった翌日。朝からため息が出てしまう。昨夜は冷静に彼の話を聞いていたけれど、ため息が出るということは、私はちょっとがっかりしているんだ。

メガネさん。1年半の婚活でデートが1回で終わらなかったのは初めてだ(※デートと言わずに会っていたモトカレは除く)。3回もデートをしてもらえた……それだけで有り難いこと。まさにありがとうの気持ち。

同い年で会話が弾むし、共通の趣味もある。性格的にも穏やかで、誠実な印象だった。婚活アプリ上のメッセージ交換から始まって2カ月ちょっとになる。恋愛スイッチがなかなか入らない私だけれど、メガネさんに好感を持っていたのは確かだ。

 

メガネさんの告白で気になった2つのこと

でも……。昨夜の電話で気になったことは2つある。

1つは、メガネさんが「嘘をついていたこと」。

小さな嘘をつくことは誰にでもある。私にだってある。

だけど、子供と一緒に住んでいる/住んでいないの違いは、婚活においては重要な問題だと思う。これからの人生をどう暮らすか、どう生きるかに大きく関わってくることだ。

婚活におけるプロフィールで、身長や体型、趣味をちょっと偽ったとか、いつもより盛れている写真にするとか、そんな程度の小さな嘘とはワケが違う。

重要な問題に嘘をつくということに、モヤモヤとしたものを感じる。もしくは、それを重要な問題だと思わず、小さな嘘だと思ったのなら、それは価値観が違う……気がする。

 

嘘はついていたけれど

だけど、3回デートをした段階で、知り合ってから2カ月ちょっとで「実は子供と一緒に住んでいるんです」とメガネさんは正直に言ってくれた。そこに、根本的には嘘がつけないメガネさんの性格があらわれているとも思う。

だからメガネさんを「嘘つきな人」とまでは思えない。根本的には誠実な人だとは思う。でも、だからこそ、こんなに悩んでしまうのであって……。

そして、もう1つ、メガネさんの告白を聞いて気になったこと。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

LOVEに関する最新記事