植松晃士 赤リップが「似合わない」? おすすめ&選び方のコツ教えます!

みなさん、こんにちは。植松晃士です。

もうそろそろ、ゴールデンウィークの計画も進んでいる頃じゃないでしょうか? リゾートに行く方々は、くれぐれも日焼けにご注意を。紫外線はハンパないから最高UVカット値のものをお忘れなく! 40代以上の日焼けは即エイジングにつながりますからね。

つけていないと「オジサン見え」⁉

さて。ビューティのお話ですが、今回は似合わないというお悩みの多い「赤リップ」についてです。

何度かお話させていただいてますが、赤リップは女性である「おしるし」。つけていないと、おじさんかおばさんかわからないという人が増えてきちゃう(苦笑)。

だんだんと肌もくすむし、シミも増えるし、ツヤもなくなるし、ヌーディカラーのリップじゃ成立しなくなっちゃうお年頃ですよね。ということで、流行ってもいるから赤リップをつけてみたい!と思うんだけれど、なかなか上手につけられない。

 

質感しだいで「7歳」老けちゃう

そういうみなさんは、選び方を変えてみて。

まず、今年のトレンドのひとつにマットがあるのだけれど、マットな仕上がりになるものは避けましょう。7歳は老けちゃうから! 若い子がつけるには、ちょっと年上に見えていいんだけどね。

でも、40代の女性の野心は「若く見られたい」だから(笑)、マットをつけちゃ逆効果よ! しかも、マットなリップは「お式ですか?」(この年代の言うお式っていろいろあるしねぇ)と言われるような仕上がりになるリスクもあるし、唇のシワに入り込んでシワを強調してしまうリスクも~!

 

自分に似合う赤リップを選ぶコツ

40代以上の肌はツヤ肌が理想的だけど(なぜならお粉をはたかないから。だって、乾いてシワシワになっちゃうでしょ?)、すべてがツヤツヤになるのはトゥーマッチだし、バブリー感が出がち。

少しでも健康的でピュアに見せたいんだから、セミマットソフトグロウな赤リップがおすすめです。

赤リップといっても、本当にたくさんの赤バリエがあるので、自分に合うものを見つけて。

塗った時に、自分の肌から浮かないか歯が汚く見えないか、がポイント。塗ったらちょっと歯を出して笑ってみるといいかも。赤すぎて肌から浮くのも最悪だけど、歯が汚く見えると哀しいから。

 

塗り方も大事なんです!

それに、リップの塗り方も大切です。リップベース(下地)を塗って、赤リップを塗ったら、唇の中央だけにリキッドグロスっぽいものをのせて立体的に仕上げましょう。下地を塗るとシワ感もカバーできるし、持ちもよくなります。

赤リップは、まずは日本ブランドのほうが日本人の肌を考えて作ってあるような気がする。海外ブランドのものは発色もいいし、それこそたくさん赤バリエがあるけれど、まずは日本ブランドで自分にしっくりくる基本の赤リップを見つけるといいと思います。

僕は個人的に赤リップはつけないけど(苦笑)、資生堂やルナソルあたりはいいんじゃないかしら? 資生堂なら幅広い女性に対応できる赤リップが見つかりそうだし、ルナソルは大人なリップを展開している気がする。とはいえ、たくさんの日本ブランドがあるから、いろいろ見て歩いて、この春夏こそ赤リップにトライして♪

 

 

大人におすすめ、赤リップ3選

ルナソル エアリーグロウリップス 04 3,000円+税

軽やかな塗り心地なのに鮮やかに色づいて、ソフトグロウな質感に仕上げる口紅。華やかな口元に仕上げます。
お問合せ:ルナソル

 

資生堂 ルージュルージュ ピコ RD312  ぽぴー 1,800円+税(5月まで限定発売)

多彩な赤を展開する「ルージュルージュ」の半分サイズ「ピコ」登場。5月までの限定発売。

お問合せ:SHISEIDO

クレ・ド・ポー ボーテ ブリアンアレーブルエクラ 8  4,000円+税

宝石にインスパイアされて誕生したリップグロス。顔色さえも冴えて見せる美しい発色が特徴。唇にぴたりとフィットしながら上質なツヤを与えます。

お問合せ:クレ・ド・ポー ボーテ

では、また次回お会いしましょう★

スポンサーリンク

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

植松晃士 オバ見え回避! 40代が「捨てるべき服、持つべき服」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前代未聞の10連休をみなさん、どうお過ごしになりましたか? 海外に行かれた方、国内旅行を楽しんだ方、おうちでまったりしていた方それぞれでしょうけれど、平成から令和への…

植松晃士 もう挫折しない!新元号から始めたい「ダイエットの新ルール」とは?

みなさん、こんにちは。植松晃士です。あと1週間ほどで令和元年がスタートしますね。ということは、ゴールデンウィークが始まるってこと!みなさんは、ご予定はもう決まっているのでしょうか。僕は、美容ウィークに…

植松晃士 もうやめて!40代は「脱・ベーシック」するべき4つの理由

みなさん、こんにちは。植松晃士です。4月になり、新元号「令和」の発表があったり、なんだか新鮮な年度スタートですね~。意外にもベーシックは、年輪が浮き彫りに⁉そこで、ご提案。気持ちも新たになったところで…

植松晃士 大人の春メイク「トレンドより大事なこと」って? 40代が必要な春コスメ3選

みなさん、こんにちは。植松晃士です。三寒四温で春が近づいてますね。今回のビューティー編では、「大人の春メイク」をテーマにお届けしたいと思います。「大人の春メイク」に必要なのはとはいっても、若い人々と違…

植松晃士 オトナ女性こそ「ピンク」を取り入れるべき3つのワケ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。日中はかなり暖かい日が多くなってきたから、気分もウキウキしてきましたね~! そろそろ春らしいファッションに身を包みたい頃ではないかしら?なんて言いながらも、毎年同じ…

[PR]

植松晃士 脱・無難おばさん! この春40代が取り入れるべき「3つの流行キーワード」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。2月ともなると春ファッションの特集を組んでいたりしますが、実際問題としてはまだ寒いですよね?春物は「靴とバッグ」から取り入れていち早く春ファッションを取り入れて風邪…

植松晃士 大人のエチケット!「ニオイ問題」どうしてる? 4つのオススメ対策法は……

みなさん、こんにちは。植松晃士です。インフルエンザが大流行していますが、うがいと手洗いでしっかり予防線を! くれぐれも気をつけてくださいね。閉め切った冬のほうが「ニオイ」が気になる!エチケットは…お仕…

植松晃士 知ってる? 永遠に変わらない「5つの美の基準」とは

みなさん、こんにちは。植松晃士です。2019年がスタートして、1月もあっという間に過ぎていこうとしていますが、慌しさは落ち着いてきましたか? さて。私事で恐縮ですが、2月にFOXネットワークスで放送される「…

植松晃士 大人の女性は「品」が大切! いますぐ品を身につける7つのポイント

みなさん、こんにちは。植松晃士です。平成最後の年明けですね。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。大人の女性の重要キーワード「品」一年の計は元旦にあり、と申します。毎年必ずお伝えしているんですが、「…

植松晃士 コレで解決!「品がいい」ファッションに大切な3つのこと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。年末行事のひとつとして、前回は「ベストコスメ」をお送りしました。今回はファッション編で、“品”というものを考えてみたいと思います。これで解決、品がいいファッションの答…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事