女の指先に歴史あり。懐かしきかなアセトンとトルエンのかおり。

日常生活で目に入ってくる自分のからだパーツ、ダントツの一位、手。指先。他の部位は鏡をわざわざ覗かないと見えませんが、手だけは目に入る。

故にそこが整っているとそれだけでなんとなく気分が良いものですね。みなさんネイルカラーはどうされていますか?

その昔はマニキュアを塗っていない日はなかった私。18歳くらいの頃から15年くらいはぶっ通しで、長めに整えた爪にマニキュアやジェルネイル塗りっぱなしの人生。マニキュアとリムーバーにやられて白くなった爪を休めることなくせっせと次の色を塗り重ねておりました。シーズンごとに出るブランドの新色や新しいジェルネイルのデザインなどに心が踊っていたのだよなあ。O.P.Iとかエッシーとか、微妙なベージュピンクばっかり何色もワイキキでまとめ買いとかしたものです。

ネイルサロンにも通ったけど、イラストレーターだし、自分でネイルアートもがっつりやってた。マーブル模様つけてみたり、フレンチネイルっつってなあ、白いラインをピシーっと爪先に塗ってみたりなあ、一粒一粒ラインストーン乗せたりなあ。ベースコート、マニキュア、トップコートの三工程も真面目にやってた。私の塗装技術は年々上達し、それはもはや趣味だったような気もする。

そんな私に訪れた爪転機その1。

それは一世を風靡したSATCことセックス・アンド・ザ・シティでした。

サラ・ジェシカ・パーカーの演じる主人公キャリー・ブラッドショーの爪がね、意外にも短く切りそろえられていて、なんの色もついていないのに衝撃を受けたのです。爪は塗ってこそ女くらいに思っていた若い私は驚きました。洋服はあんなにこってり気味なのに爪無色! 長さもつんつるてん! でも、ささくれなんかはもちろんなくて美しく手入れされている! そして極め付けに、キャリーはその指にでっかいダイヤモンドをゴロッとつけていた。がーん。これおしゃれ。これ抜け感。これNY。私は心のおしゃれ手帳にそれをしっかりとブックマークしました。

それでもダイヤは持ってなかったし、マニキュアやジェルで白く痛んだ素の爪を世に晒すのも心もとなく、しばらくはそのままネイルを塗った指先で過ごしていましたが、私の元に爪転機その2が訪れました。それは美容雑誌の取材で「育爪サロン」なるものに出会ったことでした。このサロンは、もともと爪にカラーを施すネイリストさんだった方がネイルやリムーバーの影響で科学物質過敏症になってしまい、その後に開かれたサロンでした。色を塗るのではなく、オーガニックのオイルを使って素の爪を美しく育てるサロンだったのです。

ここで教えてもらった方法で、ネイルや指回りのケアを始めてみると私の爪と爪周りは、元気を取り戻しただけでなく、光が宿ったかのように清潔な感じになり、もうここにネイルを塗りたくない! という気持ちになり、ここからはもうずっと素爪で過ごして現在に至ります。

そして今。前略キャリー・ブラッドショーさん。私、41歳になりました。気付いたらでっかいダイヤ買ってました。思えば遠くへ来たもんだ。女の指先に歴史あり。

40歳からのおしゃれ論 ↓ これまでの人気記事は ↓

やたら布の袋をたくさん持っている私たち こちら

あんなにヒールを履いていた私がヒールを履かなくなった理由 こちら

今まで気にならなかった真珠が急に気になる私たち こちら

気持ちよくなきゃ、私もう無理なんです こちら

そりゃ「あの人痛い」って思われたくはないですけれども。こちら

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40歳からのおしゃれ論「やたら布の袋をたくさん持っている私たち」【新連載】

こんにちは! 女性ファッション誌やコスメ誌などでイラストを描いているイラストレーターのいいあいです。これから隔週で、おしゃれにまつわるあれやこれやをイラストエッ…

40歳からのおしゃれ論 あんなにヒールを履いていた私がヒールを履かなくなった理由

ハイヒール。履かなくなりました。私の中では完全に過去のものになりました。でも10代後半から30代前半まで、かなりの頻度でハイヒールを履いていました。そんな私がヒール…

40歳からのおしゃれ論「今まで気にならなかった真珠が急に気になる私たち」

これはですね、言っておきますけれども、本当の話です。 女は40の声を聞く頃に突如、本物の真珠が欲しくなるのです。 なぜでしょう? これも最初に言っておきますけれども…

40歳からのおしゃれ論「気持ちよくなきゃ、私もう無理なんです」

どうですか、皆様。気持ちよくなきゃ、もう無理じゃないですか? 私は無理です。30代後半から特に。いくらかっこよくても素敵でも、気持ちよくないと、絶対に無理です。な…

40歳からのおしゃれ論「なに着ていいかわかんなくなる」の話

20代後半、36~37歳、40超えたところ。 タイミングは人それぞれだけれど、年齢の角を曲がるとき、女はこう漏らすことがある。 「なに着ていいかわかんなくなるときあるよね…

40歳からのおしゃれ論。布好きイラストレーターいいあいが手仕事の聖地インドへ赴いた

みなさまこんにちは。突然ですが、好きな人ができたら、なるべくその人の近くにいたいですよね。その人のことならなんでも知りたいし、なんなら触れてもみたい。そんな想い…

「ストール大好き人間」の私にぼんやり訪れた気づき2つ

すっかり春ですね。巻いてますか? 私は巻いてます。スプリングコートだけでは肌寒く感じる日に。強くなってきた紫外線対策に。ファッションに春らしい色を差し込みたい時に。ということで今回はストールの話をして…

40歳からのおしゃれ論「なに着ていいかわかんなくなる」の話

20代後半、36~37歳、40超えたところ。 タイミングは人それぞれだけれど、年齢の角を曲がるとき、女はこう漏らすことがある。 「なに着ていいかわかんなくなるときあるよね」。進みゆく時間の中、すべての瞬間で確固…

地味にブーム来たる。バックトゥーザブローチ!つけてる?ブローチ。

ブローチ。リングやピアス、ネックレスなどアクセサリーの種類はたくさんあるけれども、ブローチってとりわけ懐かしい響き。子ども時代のお出かけの時、ジャンパースカートやワンピースの胸元に母親につけてもらった…

パワスポ、異世界、美味しいもの。いいあい的「箱根のおすすめスポット&お土産」4つ

みなさまこんにちは。隙あらば旅。イラストレーターいいあいです。今日は、東京砂漠に疲れた私が箱根に通うようになってから、改めて、これは皆様におすすめしたいと思ったスポットとお土産をご紹介しますね。ひとつ…

東京砂漠に疲れ果てた私がおすすめする、箱根の大人な楽しみ方3つ

神奈川県生まれ神奈川県育ちなこともあり、子供の頃から箱根に行く機会が多かった私。親の運転する車の後ろで、いつも車に酔って気持ち悪くなりながら行くドライブ。それは、当時住んでいた横浜から箱根の芦ノ湖や仙…

40歳からのおしゃれ論 理想のコートとまだ出会えていない件

みなさんこんにちは! 日に日に寒くなってきましたね。そんなわけで今日はコートの話です。私のパートナーは、かなり寒がりかつアウトドア志向なので、真冬になると南極観測隊が着るような宇宙に行く人が着るような…

40歳からのおしゃれ論 インドの代官山でショップ店員に教わった。

みなさまこんにちは。先月に続き、今月もインドに行ってきたいいあいです。自分でも2ヶ月連続でインドに行くとは驚きですが、インドのお隣ネパールで友人の結婚式があり、帰りにインドのデリーに寄ったのです。今、…

40歳からのおしゃれ論 そりゃ「あの人痛い」って思われたくはないですけれども。

服の「痛い」「痛くない」の話って良くあります。20年以上、女性誌とその周辺でお仕事をさせていただいているので、かなりの頻度で耳に入ってくるトピックです。このアイテムはIN!でもこっちはもうOUT!というあれ…

40歳からのおしゃれ論 布好きイラストレーターいいあいが「手仕事の聖地」インドへ赴いた・お買い物編

みなさまこんにちは〜。今回の40歳からのおしゃれ論は前回に続き、手仕事聖地インドの「お買い物編」をお送りします。私の中で、心ときめく美しいものを自分の稼いだお金で買うって、人生の中でかなり上位の喜びです…

40歳からのおしゃれ論。布好きイラストレーターいいあいが手仕事の聖地インドへ赴いた

みなさまこんにちは。突然ですが、好きな人ができたら、なるべくその人の近くにいたいですよね。その人のことならなんでも知りたいし、なんなら触れてもみたい。そんな想いが募ってしまって、私は先日インドの端っこ…

FASHIONに関する最新記事