プロに「マネー相談」をしてみたい。費用の相場は?5つの方法とは?

お金のことはとても気になりますが友達や兄弟・姉妹など親しい人ほど相談しにくいものです。「マネー相談」に興味はあるけれど、どうすればできるのかご存じない人も多いのではないでしょうか?

マネー相談を日ごろ受けている筆者が感じるのは「お金があってもなくても不安」な人が多いということです。お金の専門家ファイナンシャルプランナー(以下FP)に相談するにはどのようにしたらいいのでしょうか? 実際に相談する方法を5つご紹介します。

 

マネー相談をする5つの方法とお値段は

① 無料マネーセミナーは「無料」なりの理由もある?

まずはフリーペーパーやインターネットサイトで募集されているマネーセミナーを受講してみましょう。お金の基本的な考え方について学ぶことができ、講師のFPの資質・相性を体感することもできます。お金のことはプライベートなことですから誰にでも言えることではありません。相談したいと思えるFPを探すにはまずセミナー受講がよいでしょう。無料相談特典があるセミナーもあります。

ただし、会社の福利厚生や大手企業のイベント以外のセミナーで「無料・お土産つき」など特典が多すぎる企画は要注意。金融商品販売の見込み客獲得が目的であることもあります。自分に必要な情報は有料であることを肝に銘じておきましょう。

 

② ひとり1回は無料で相談可能。日本FP協会のサイトで検索

FP資格は「級」があります。国家資格である「FP技能士」は1級・2級・3級があり一度取得すれば更新義務はありません。日本FP協会登録のCFPはFP技能士1級と同じレベルですが2年ごとに講習受講やセミナー開催など実績単位を取得する義務があり国際ライセンスなので海外でも通用する資格です。AFPはFP技能士2級レベルです。上級資格をもっていれば相談スキルが素晴らしいというものではありませんが、相談を受ける側としてどのような資格をもったFPなのかは知っておいたほうがよいでしょう。

■CFP検索システム

CFPに相談したい場合、日本FP協会の「希望に合うFPを探す」検索システムがあります。上級資格であるCFPしか登録できず、料金体系や写真も確認することができます。

■無料相談体験

マネー相談がどのようなものかとりあえず体験してみたい場合は、日本FP協会の「FP無料体験相談」を申し込んでみるとよいでしょう。FPの周知活動の一環として行われているもので一人1回まで体験することができます。ただし、事前にFPを指名することも男女の性別等も指定することはできません。そこで相性のあうFPと出会えたら後日有料相談を申し込むこともできます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

MONEYに関する最新記事