岩井志麻子 私も#me too だったのか? キャリア女性とセクハラ問題

痴漢された女性に、あなたが派手な格好してたからでしょ、とか。

性被害に遭った女性に、二人きりになるなんてあなたにもその気があったんじゃないの、とか。

さすがにそんな典型的なセカンドレイプみたいなことをいった覚えはないけれど。

はっきりしたセクハラ、#me tooではなく、あれは何だったの、やっぱりセクハラ? でも誰が誰に? 私は被害者なのか? と何かもやもやすることはいくつかある。

 

私って被害者だったの?

若かりし頃、男二人とベッドに入ったことがあった。

それは私にとってモテた記憶、ちやほやされて楽しかった思い出になっていたのに。

ある堅くて真面目な女性に、「それって輪姦されたのよ。あなた被害者なのに、なにへらへらしてんの」と真顔で怒られ、えーっ、私って可哀想な被害者だったの、と驚きつつ、その男達にではなく、その真面目な女性に腹を立てたことがあった。

もっといえば、その真面目な女性にこそセクハラされた、性被害に遭わされたとも感じた。

 

性被害に遭ったのか、遭わされたのか

もしかしたら、彼女のいうことが正しかったのかもしれない。

男達は本当に私をただの性的なおもちゃにして、陰で笑っていたのかもしれない。

そして私がその女性にもっと優しく丁寧に親身にいわれていたら、

「私は被害者だったんだ!あいつら許せない。今から糾弾して社会的に抹殺してやる」といきり立ち、彼女をよき理解者で頼もしい支援者としていたのか。

 

彼女が喜ぶだろうと思ったけれど

そういう私もあるキャリア女性に対し、もしかしてそれに類することをしたかもしれない。

そのキャリア女性は水木しげる先生が描いたような容姿だったが、本人もそれを明るく自虐ネタにし、いつも遠目には男と間違える服装をし、男に対してガッハハと豪快に同性のように振る舞っていたし、フェミニズム思想も強く持っておられた。

だから私は絶対に彼女が喜ぶはずの、もちろん私自身が素直に思ったことをいった。

「あなたはまったく女の武器を使わず、実力だけで出世して偉いですね」

 

彼女に嫌われた理由は

その日から私はこのキャリア女性にものすごく嫌われ、共通の知人にこういわれた。

「私は実力でがんばってきたのに、男に色仕掛けをしたと必ずいわれて困ると、彼女いつも自慢気にいってるよ。いや、彼女をそんなふうにいう人、一人もいないんだけど」

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

クラブママに学ぶ「40代女性がオフィスで軽く扱われない4つのコツ」って?

他人に軽んじられることは決して気持ちのいいものではありません。同じ内容を伝えても一目置かれる人、そうでない人、軽く扱われる人とそうでない人がいます。この違いは何…

20万からの起業で「年商7億」。女社長の仕事の流儀とは?【It Woman #1荻野みどり・前編】

常識や世間体を気にせず、自分らしく、自由に、自立した女性の生き方を応援する「OTONA SALONE」。まさにそんな生き方をしている女性にせまるインタビュー【It Woman】が今…

キャリア女性が女として気遣うことTOP3。「身だしなみ」「言葉遣い」あと1つは?

いまさらモテようと努力するのも面倒だし、今からファッションリーダーの生きざまやらバッグの中身やらを完コピするのもしんどい(でも気になる)。そもそも仕事は忙しいし…

キャリアコンサルタントが教える、女性が「自分らしく働く」ために大切なこと

3月8日に渋谷ヒカリエで行われたイベント「HAPPY WOMAN FESTA 2017」。国連が定めた国際女性デー、この日にあわせてヒカリエでは、女性の生き方、働き方を考えるセミナ…

坂東眞理子さん他が語る「魅力ある女性の生き方」とは?

3月8日は国連が定めた国際女性デー。渋谷のヒカリエでは「HAPPY WOMAN FESTA 2017」というイベントが行われました。当日は、終日に渡って女性の生き方、働き方を考える…

なぜ「働く女性」を選択をしたか? 原点は母の言葉にある

国際女性デーというのをご存じだろうか? 国際女性デーは3月8日。女性が政治、社会において「平等に」参加できるように呼びかける日。1975年に国連が3月8日を国際女性デー…

場所も人材も「手放すこと」が働き方改革につながる【It Woman #1荻野みどり・後編】

大ブームを起こしたココナッツオイルの火付け役、ブラウンシュガーファーストの代表取締役、荻野みどりさん。前半では起業するきっかけ、ココナッツオイルとの出会いからブ…

起業に大切なのはスキルより揺らがない信念、そして熱意。「ママバター」を作り出した流儀とは?

常識や世間体を気にせず、自分らしく、自由に、自立した女性の生き方を応援する「OTONA SALONE」。まさにそんな生き方をしている女性にせまるインタビュー【It Woman】の第…

どんな人生をチョイスした社員にも寄り添える働き方。マニュアルではなく「相談」で働く

自分らしく、自由に、自立して生きる女性をクローズアップする【It Woman】。センセーショナルな売れ方をした『ママバター』の生みの親、ビーバイ・イーの代表取締役社長、…

岩井志麻子 女50代、「私の更年期」について考えてみる

四十になる前にガツンと重いのが来た人もいれば、軽めのが閉経したときの五十くらいで来たかな、とか。閉経間際の四十代後半でかなり長引いて苦しかった、などなど。更年期とは、年齢も症状も本当に人それぞれのよう…

岩井志麻子 「セックスでキレイになる」は、本当なのか?

あるオシャレなファッション誌が、定期的に「セックスでキレイになる」なんて特集を始めるようになってから、セックスがもはや美容法や健康法を超え、何やら民間信仰にまでなってしまったようだ。裸になる、性的サー…

岩井志麻子「育ちがいい女」と「育ちが悪い女」のちがいとは?

育ちがいい、育ちが悪いというジャッジ。この基準も、わりと人それぞれ。とはいうものの、前者は円満な富裕層、後者は貧しく複雑な家の出の人がいわれがち。ある女たちの、事件の話。お金だけある下品な家だから育ち…

岩井志麻子 美貌か金か?「年下男を攻略」するには 

四十路女達の夢をかきたてた……ではないな。ぶっつぶした、だな。立て続けに、ものすごく年下の夫を殺した四十代の女達が現れた。「年下の夫」を持つ40女の恐しい事件先に出てきた女Mは、一回り近く下の夫を自宅でコ…

岩井志麻子 40代以降の「晩婚でよいこと、そうでないこと」

私は最初の結婚が23歳、再婚が41歳のときだった。つまり、早婚と晩婚を経験していることになる。うーん、だからといってそれぞれのメリットとデメリットを、普遍的に絶対的に相対的にきちんと語れるものではない。だ…

岩井志麻子 「結婚できるブス」と「結婚できない美人」について

ダイエット本と英語学習本の決定版は、いまだに出ていない。だって、決定版というか絶対的解答や解決法が出ちゃったら、それで終わりだから。そしてダイエットや英会話に関わる仕事をしている人達が、大量に失業して…

岩井志麻子 下品に思われる「言葉遣い」のお作法について

下品なエロ話ばっかりしているオバサンと、世間では思われている私。それはまったくもってその通りなんだけど。常に下品なエロオバサン、ではない私を全然知らない人の中に入れば、とことん普通の言葉遣いで世間話を…

岩井志麻子 40代「オバサンと呼ばれたくない」女性がいて

オバサンと呼ばれたくない。と、真剣にいう一回りほど下の女性がいて、きょとんとしてしまった。誰も呼んでないじゃん。そりゃ世間一般的にはギャルじゃないけど、おしゃれだしきれいだし。私も彼女が年下というのも…

岩井志麻子「そろそろ閉経…」と思い始める40代女性に伝えたいこと

私自身が五十代も半ばとなり、閉経もした。少なくとも自然の状態、つまり医療行為をしない状態であれば絶対、妊娠はしない。当然、出産もない。50代になって思うこと子どもがいない五十代の女達は、「自分は生涯、子…

岩井志麻子 雑誌ではわからない【男の本音】というもの

直接会ってのインタビューではなく、簡単に電話でコメントをってのがときどきある。その中で、「あっ、また来たな」と苦笑させられる男性記者が何人かいる。私が「女の本音」をぶっちゃけたら「女の本音を教えてほし…

注目の記事

WORKに関する最新記事