岩井志麻子 私も#me too だったのか? キャリア女性とセクハラ問題

痴漢された女性に、あなたが派手な格好してたからでしょ、とか。

性被害に遭った女性に、二人きりになるなんてあなたにもその気があったんじゃないの、とか。

さすがにそんな典型的なセカンドレイプみたいなことをいった覚えはないけれど。

はっきりしたセクハラ、#me tooではなく、あれは何だったの、やっぱりセクハラ? でも誰が誰に? 私は被害者なのか? と何かもやもやすることはいくつかある。

 

私って被害者だったの?

若かりし頃、男二人とベッドに入ったことがあった。

それは私にとってモテた記憶、ちやほやされて楽しかった思い出になっていたのに。

ある堅くて真面目な女性に、「それって輪姦されたのよ。あなた被害者なのに、なにへらへらしてんの」と真顔で怒られ、えーっ、私って可哀想な被害者だったの、と驚きつつ、その男達にではなく、その真面目な女性に腹を立てたことがあった。

もっといえば、その真面目な女性にこそセクハラされた、性被害に遭わされたとも感じた。

 

性被害に遭ったのか、遭わされたのか

もしかしたら、彼女のいうことが正しかったのかもしれない。

男達は本当に私をただの性的なおもちゃにして、陰で笑っていたのかもしれない。

そして私がその女性にもっと優しく丁寧に親身にいわれていたら、

「私は被害者だったんだ!あいつら許せない。今から糾弾して社会的に抹殺してやる」といきり立ち、彼女をよき理解者で頼もしい支援者としていたのか。

 

彼女が喜ぶだろうと思ったけれど

そういう私もあるキャリア女性に対し、もしかしてそれに類することをしたかもしれない。

そのキャリア女性は水木しげる先生が描いたような容姿だったが、本人もそれを明るく自虐ネタにし、いつも遠目には男と間違える服装をし、男に対してガッハハと豪快に同性のように振る舞っていたし、フェミニズム思想も強く持っておられた。

だから私は絶対に彼女が喜ぶはずの、もちろん私自身が素直に思ったことをいった。

「あなたはまったく女の武器を使わず、実力だけで出世して偉いですね」

 

彼女に嫌われた理由は

その日から私はこのキャリア女性にものすごく嫌われ、共通の知人にこういわれた。

「私は実力でがんばってきたのに、男に色仕掛けをしたと必ずいわれて困ると、彼女いつも自慢気にいってるよ。いや、彼女をそんなふうにいう人、一人もいないんだけど」

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

2019年に「増やすこと・減らすこと」。平成最後の元旦に考える

新年あけましておめでとうございます。“40代女性の一番リアルなメディア”をかかげる「OTONA SALONE」編集長の浅見です。本年もオトナ女性の「リアル」を追求してまいります…

【完全解説】メール文末の「ご自愛ください」正しい書き方バリエとNGなケースは?

たとえ形式的なこととは分かっていても「寒さ厳しき折、ご自愛ください。」このような言葉が文末にあると、相手の気遣いがほんのり感じ取れます。でも、こういう形式的な言…

クラブママに学ぶ「40代女性がオフィスで軽く扱われない4つのコツ」って?

他人に軽んじられることは決して気持ちのいいものではありません。同じ内容を伝えても一目置かれる人、そうでない人、軽く扱われる人とそうでない人がいます。この違いは何…

「お座りください」は実はNG!?失礼な敬語と正しい言い換えは

「お待たせしました。時間に少し遅れてしまいましたね」「いえいえ。暑い中ありがとうございます。どうぞこちらにお座りください」「……」。この言い方を失礼だととらえる人…

「すみません」と言いがちな3つのシーンのNGは?「すいません」は論外です

「お茶をどうぞ」「すみません」「すみません、遅くなりました」「すみません、何とお呼びしたらよろしいでしょうか」このように「すみません」は大変便利な言葉です。「ど…

「させていただく」の意味と正しい使い方は?代表的なNG例と言い換え方

あなたは、一日の中で何回「させていただく」という言葉に出会いますか? 会議や打ち合わせなど敬語のシーンでは意外に耳にすることがあるはずです。あなたも今日一日、自…

「凡例」ってぼんれい?みんなが読み間違えている熟語10選

先日、ある料理屋で鳥刺しをいただいたのですが、塩と梅肉が添えられていました。醤油ではなく、この塩と梅でいただくという形。「まさに良い塩梅ということですね」と申し…

20万からの起業で「年商7億」。女社長の仕事の流儀とは?【It Woman #1荻野みどり・前編】

常識や世間体を気にせず、自分らしく、自由に、自立した女性の生き方を応援する「OTONA SALONE」。まさにそんな生き方をしている女性にせまるインタビュー【It Woman】が今…

「返信ください」はかなり失礼?敬語・丁寧語を間違えない2ポイントとは

「〇〇を返信ください」「〇〇に参加くださいまして……」「〇〇を利用ください」。このような誤った日本語が、世の中にはびこるようになってきました。もともとは20年ほど前…

キャリア女性が女として気遣うことTOP3。「身だしなみ」「言葉遣い」あと1つは?

いまさらモテようと努力するのも面倒だし、今からファッションリーダーの生きざまやらバッグの中身やらを完コピするのもしんどい(でも気になる)。そもそも仕事は忙しいし…

岩井志麻子 他人を「ブス」と言う人は。~女とコンプレックスの話~

コンプレックスって、わかりやすいものとわかりにくいものとがある。でもそのわかりやすさって、本人ではなく第三者から見ての憶測だったりもする。第三者には分からないもの太めをコンプレックスにしているかと思っ…

岩井志麻子 男女の別れは醜い?美しい? 私が離婚したときのこと

私がやってる唯一のスポーツは射撃で、つまり猟銃を所持している。最初に所持許可をもらうのもなかなか大変なんだけど、三年に一度の更新ってのもかなり手続きが煩雑。モノがモノだけに、所轄の警察署から関係者に聞…

岩井志麻子 実は顔の造作じゃなかった。「美人とブス」を決めるもの。

「超のつく美人よ」「腰が抜けるほど可愛い」なんてあらかじめ聞かされてから本人に会うと、確かに美女には違いないけど、おのれを棚に上げまくって「そこまでいうほどか」「このくらいなら、ちょっとした会社の受付…

岩井志麻子 「今年こそ結婚したい」と願う婚活女子たちへ。必読のバイブル書とは

あちこちで話題の我らが浅見悦子編集長の婚活体験をまとめた『40代ご無沙汰女子の、ざんねんな婚活』は、すべての婚活女子のバイブルとなるべき書である。なんたって浅見編集長は一回りくらい若く見られる可愛らしい…

岩井志麻子 私の「重大ニュース2018」とは? 1年を振り返る

十二月に入り、今年を振り返ってみたのだが。良くも悪くも、ぱっとしない一年だったなぁ~、と苦笑いするしかない。今年、何か自分にとっての大きな出来事や事件があったっけ? と考えても、すぐには何も浮かばない…

岩井志麻子 42歳の中谷美紀さんも。40代からの「国際結婚」を考える

昭和の半ば過ぎまで、特に田舎であれば女の人生の選択肢は乏しいというより限定されていた。何はともあれ結婚しなければ生活できない、生きていけない女が大半だった。大昔の結婚から今の結婚までの流れ明治、大正生…

岩井志麻子 モテたいなら、モテる女より見たほうがいい「アレ」

昔からあちこちで書いたり発言したりしているが、何度でも繰り返させてもらう。モテたかったらモテる人を真似るのではなく、モテない人を真似ないようにしなさい、と。モテる人は何をしてもモテる人は、その人だから…

岩井志麻子 40代からの「女の年齢と市場価値」を考える

そりゃ、女にとって年齢ほど価値のあるものはないよ。そして、女にとって年齢ほど厳しい査定を突きつけられるものもない。結婚市場、婚活の現場、ナンパの路上、そして水商売や風俗といった色気と美を売る職種におい…

岩井志麻子 潔く引くか、死ぬまで現役か。人生の幕引きを考える

人気絶頂期にすっぱりと芸能界を引退。昭和なら百恵ちゃん。平成なら安室ちゃん。それぞれ、愛する人と結婚するから。違う人生を歩みたいから。という、これまた時代に合った美学を見せつけられ、「もったいないけど…

岩井志麻子 40代の「痛いファッション」について考える

アラフォー以上に対していわれる「イタいファッション」とはたぶん、本来なら十代や二十代が着るような「過ぎた若作り」、もしくは派手すぎ露出度の高すぎな「セクシーすぎる」感じを指すのだと思う。いずれにしても…

WORKに関する最新記事