3秒で「美姿勢」が手に入る!3つの簡単なチェックと改善

視界に入っただけで引き込まれるような、素敵な印象の人っていますよね。

通勤中にすれ違う人や、カフェから眺める雑踏。たくさんの人が行き交っているのに、なぜかその人が目に止まる。そして思わず目で追ってしまう。そんな経験はありませんか?

 

「美しい歩き方」とは言うけれど、具体的には?

 

その人の顔立ちだけでもなく、ファッションやアクセサリーだけでもない。

本能で感じる心地良さ、誠実さや清潔感さえ漂うような印象。

……日頃から自分の身のこなしを強く意識している方なら、それが「姿勢や歩き方」によって放たれている魅力だと理解できるかもしれません。

が、意識していない人は

「なんかあのひと、いつも素敵だなぁ〜」

で止まってしまいます。

ステキになるコツを自分自身に取り入れられないのですね。

 

では、「美しい歩き方」とはいったい何なのでしょう?

 

パッと思いつくのはやはり背筋が真っ直ぐに伸びていることです。

 

視線も真っ直ぐで、

体の中心に軸があり、

左右の腕の振りと両足の一歩一歩が規則正しく出て、

連続運動によって「左右対称に歩ける」こと。

これが、最も美しい歩き方だと思います。

 

でも、このように文字で説明すると意外と複雑に感じませんか?

 

複雑そうだからこそ「なんか素敵だなぁ(でも細かい理由はわからない)」と漠然としてしまい、

漠然としているからこそ時には「オーラ」と表現されるほどその人の大きく深い魅力となるのです

 

歩き方は「文字」と似ていると思います

 

文字は読めて理解さえできればその役を果たしますが、いっぽう「美しい文字」「迫力のある文字」「可愛らしい文字」などいっしょに表現できることも無限です。書道やタイポグラフィなどでは、文字の美しさそのものに感動することもあります。

 

ここで思い出してください。

 

文字を美しく書ける人の多くは子供の頃から書道を習い、時間をかけて何度も練習して身につけていますよね。

しかし、歩き方を子供の頃から習ったり自分で練習する人はどれほどいるでしょうか?

文字よりもさらに、常に周囲に見られている姿勢や歩き方。なのに、意識している方が少ないのはとても残念なのです。

 

姿勢や歩き方が乱れるキッカケとは

ハイヒールを履き始める年齢は様々ですが、多くの女性は10代後半。この、最初が肝心です。

慣れていない人がハイヒールを履くと、数センチといえ急に高くなった視界と、足元の不安定さで、知らずに恐怖心を持ちます

その結果身体についてしまうのが以下のクセ。

あなたにはどれが当てはまりますか?

 

■前に倒れそうなので、ヒザを曲げ、強引に上半身の重心を後ろにかけてしまう。

■猫背の人は、もともと上半身の重心が前にかかっているので、お尻を突き出してしまい、まるでダチョウのように。

■ほとんどの人が、倒れないように足をハの字に。ガニ股にならないよう内股にすると脚の外側の筋肉が使われ、結果O脚に。

 

いちどついたクセはなかなか取れないものですが、中でもハイヒールで付いた履きグセは体が覚えているために、靴を脱いだ時も残ります。そのまま歩けば関節や筋肉を痛めたり、健康への害にもなるのです。

歩くことは、ただの移動手段ではありません。まっすぐな姿勢で身体に負担をかけず歩く、それだけのことなのにできている方が圧倒的に少ないのを私も危惧してます。

 

3秒であなたも「美姿勢」に。チェック&改善方法とは

 

それでは、皆さんもセルフチェックを兼ねた美姿勢を体験してみましょう。

オフィスや電車の中でも簡単にできますのでぜひやってみてください。

座ったままで上半身だけでもOKです!

 

1・

まずはぐぐっと背筋を伸ばしましょう。

首も曲げずに視線もまっすぐに!

さらに胸を張って左右の肩甲骨もぐぐっと寄せる感じで、大げさなくらいにおこなってください。

これが力を入れて背筋が伸びている状態です。

 

2・

最後に軽く息を吐きながら入れすぎてる力を抜きつつリラックスしてください。

おおよそですがこの状態が程よく背筋が伸びた状態です。

気持ちよく感じる方が多いと思います、辛い方や痛みが出た方は要注意ですよ!

 

3・

ここまでは座ったままできました。可能な方は、真っ直ぐに立って下半身のバランスも確認してみましょう。

もちろん上半身はキープしたままです。

左右の足、どちらに体重が乗ってますか?

前後ではつま先とかかとのどちらでしょうか?

足の内側と外側ではどうですか?

上記の全てが中心にあることが理想的です。

 

「ただバランスよく歩くこと」、ごく簡単なことを少し意識するだけで身体によい影響が出ます。

上半身だけでも真っ直ぐにキープして、日々の習慣を変えてみてくださいね。

 

■編集部の櫻田先生レッスン体験記は→こちら

■airseaウォーキングスタジオ(仙台)

http://www.chiaki-walk.com/

毎月第二日曜日に東京でもレッスンあり!

 

櫻田千晶先生の連載「ウォーキングis人生」

1・姿勢が悪い人は「美しい人」とは思われない。あなたは歩き方のココを見直して

2・3秒で「美姿勢」が手に入る!3つの簡単なチェックと改善

3・誰もが勘違いしている?ハイヒールのメリットとデメリット

4・あなたの靴の裏どうなってる?靴底でわかる「4つの疲れチェック」とその対策

5・あなたの姿勢はいまドレ?40代がたるまない人生を送るための「美姿勢・4つの基礎」

6・肩甲骨とお腹、あと1つは?「歩き方3つのコツ」で肌の乾燥がピタリと止まる!

スポンサーリンク

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

植松晃士「やってはいけない! 大人の女の前髪のハナシ」

みなさん、こんにちは。植松晃士です。一月は行く、二月は逃げる、三月は去るというように、あっという間に新年気分も吹き飛びますね~。今年の目標、決めましたか?さて。…

40代、50代に「前髪」は必要!白髪も薄毛もカバーできる【前髪×ボブ】

なぜか、頭頂部や顔周りに集中して生えてくる白髪。鏡を見ると、分け目からピョンピョン元気に飛び出して気になります。もちろん毛穴が傷つくので抜くのはNG。染めるといっ…

だいぶヤバイ!40代のお尻と太もも、今からでも効果大のエクサ4つ

パンツを履いて「ヤバイ」と感じたことありませんか? パンツのラインが肉に食い込んで痛いとか、動いているとパンツがどんどんお尻の谷間に入っちゃうとか、とにかくお尻…

白髪が目立たない!薄毛もカバー!40代のアレンジ裏テク

ヘアアレンジをして仕上がりを鏡でチェックしたとき、「あれ!?」と焦ったことありませんか?ちらりとのぞく白髪、分け目がやけに目立つ、頭頂部が貧弱……。若い気分でいても…

白髪よりヤバいのはコッチ…男が「みっともない」と思う40代独女の残念髪3パターン

髪は、スタイリングの出来によってフレッシュなイメージにもなれば、オバサンぽくもなる“顔のフレーム”。それだけに、若見えやみずみずしい印象を狙っている40代女性ほど、…

植松晃士 オバ見えする女性の「9割ができていない」こと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回は話題の映画『クレイジー・リッチ』のお話から、40代アップのファッションについてお話させていただきましたが、今回はビューテ…

「ひとつ結びのゴム」どれを使えばいいの?ゆるまない切れない、プロの選び方は

ゴム1本でできる簡単アレンジのド定番・ひとつ結び。40代にとって「オバサン度が上がる」ので、できれば避けたいまとめ髪でもありますが、難しいことはできないし、パパッ…

植松晃士 それじゃオバさん感が丸出し! 40代の「おブス」なメイク

みなさん、こんにちは。植松晃士です。毎日暑い~! とはいえ、まだまだこの暑さは続くそうなのでご自愛くださいませ。すっぴんで出かけるなんてお気の毒!さて。今回はビ…

ミュールがパカパカいうのは勘弁…「素足に靴」でブス脚になる5つのNG

暑い夏はできるだけ素足になりたい!素足になって、サンダルやミュールも履きたい!でも、歳を重ねた女性たちは要注意。裸足になるとキレイに見えないことが多いのです。たとえばこんな問題が!以下、あてはまるもの…

汗をかいてもニオわない!「よい汗」を出すためのたった1つの習慣とは

香りは記憶とつよく結びつきます。日常の中で偶然ある香りを感じた瞬間に、その香りにまつわる人やシチュエーションなどの記憶が鮮明に蘇るものです。香りは人の「感情」と強く結びつくので、いい記憶だけでなく、悪…

床に手のひらはつく?1日1分でベッタリつける足指ストレッチとは

たとえば体重や体脂肪率などの「数値」は自分でわかっていても、自分の身体の「柔軟性」まで意識している人はなかなかいないと思います。ですが、柔軟性は身体の美しさを作る一番大きな要素の一つです。柔軟性に欠け…

肩甲骨きゅっと寄せられる?代謝を上げ不眠を撃退する2つのポイント

新しい年度が始まる4月。1年の中で最も寒暖差が大きい月なので、体がついていかない人も多かったと思います。寒暖差は体温調節や血管の収縮など、自分の意識とは無関係な部分。体にストレスがかかり自律神経が乱れて…

パンプスのかかとがパカパカしてません?9割くらいの日本人は「足の幅」を間違えてる

ご存知でしょうか。実は欧米では、家の中でも靴を脱ぎません。1日の大半を靴と共に暮らしています。自宅に帰るとまず靴を脱ぐ、会社や電車の中でも脱ぐ日本人にとっては、1日中靴を履くだなんて信じられないですよね…

下半身の冷え、上半身のコリを解消する「やせ歩き」2つの方法

最近は運動不足だと感じているのに先延ばしにしたり、お正月休みに増えた体重が気になっているのに、寒いから運動したくな~い!と、思っていませんか?夏になっても暑くても運動したくないのに、それでは一体いつす…

ヒモ・ベルト1本巻いて、その場で歩くだけで。誰でも簡単に3kgやせするコツ!

夏と冬、ダイエットに適しているのはどちらのシーズンでしょうか? ダイエットに取り組む人が多いのは、肌を露出する機会の多い夏。また、汗の量や夏バテによる食欲の低下など、夏のほうが痩せやすいイメージがある…

あなたのお尻、太ももから冷えてない?「ちょっと冷え性」改善2つのコツ

女性に多い「冷え性」。暖房機器メーカーのリンナイの調査によれば、実に女性の約80%が冷え性を自覚しているそうです。意外なことに男性も約40%が冷えを自覚しているそうですが、ともあれ女性は「倍くらい冷えてい…

肩甲骨とお腹、あと1つは?「歩き方3つのコツ」で肌の乾燥がピタリと止まる!

暑かった夏も終わり、過ごしやすい季節になりましたね。でも、これから寒い季節になるにつれお肌が乾燥してきませんか?カッサカサのお肌は女性としても魅力がダウン。何よりも、老けて見えてしまうのがネックです………

あなたはいまどの姿勢?「身体のたるみ」を予防する40代4つの基礎

40代のはじめ、エイジングはほうれい線や額のシワなど大きくてわかりやすいパーツから始まったことでしょう。そして40代の半ばともなれば、フェイスライン、首、お腹、ヒザ、そしてヒップライン……身体のいたるところ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事