必見!レースタイトスカートが「婚活に鉄板」な理由【オトナの婚活コーデ】秋

いかんせん恋人いない歴が長かったため、婚活を始めるとなったときに意外と悩んだのが「婚活に、何着てく?」ということ。それまで好きな服を着ていたので、たぶん実年齢よりギャルかったと思います……。

40代の婚活歴2年、婚活パーティや婚活デートを重ねること50回以上のOTONA SALONE編集長・アサミがだんだんわかってきた私なりの40代的【オトナの婚活コーデ】。今回で第4回目です!

 

オフィスではきちんと、婚活では女性らしくするテク

婚活パーティや婚活デートって、平日の夜ということもけっこう多いんです。仕事から婚活現場にいく間に着替えるわけにもいきませんから、「オフィス対応の婚活コーデ」も必要です。

編集という業種は、服装にしばりもありませんし、今までに紹介した婚活コーデで普通に仕事をしています。ですが、一般的な会社だとカジュアルすぎるかもしれません。

でも、今回ご紹介するコーデなら大丈夫(たぶん)。オフィス服の定番、ニットアンサンブルですから!

 

オフィスとデートで使い分ける方法

オフィスコーデ仕様では、カーディガンの袖を通して着ます。すると、デスクに座っていても周囲から浮かないきちんと感が演出できます。

でも婚活コーデ仕様では、カーディガンを肩がけにします。すると、腕が出るのでそれだけでヌケ感と女性らしさが演出できるのです。

「女の肌見せは、ジュエリーである」なんて言葉も聞いたことがありますが、女性らしさをあらわすものでもあります。しかも胸元ではなく腕なので、いやらしさもありません。

気を付けたいのはアンサンブルのニットを、絶対に長袖にしないこと。腕が出せず、ヌケ感も出ません。オフィス仕様のみだったら、それでもいいんですが……。半袖でもアリですが、ノースリーブのほうが女度は高いでしょう。

 

レースタイトが「婚活に鉄板」な理由

ボトムスにはきれいめOLの定番、レースタイトスカートを合わせました。いやぁ、見れば見るほどレースタイトスカートって婚活やデートに鉄板なアイテムですね!

レースは立体感があるので、華やかさがでる素材です。仮にこのコーデのスカートがコットンやニットなど立体感のないタイトスカートだったら、ホントにフツーになってしまいます。よっぽど小物で盛らないかぎり。

そして、ボディラインに軽くフィットするタイトスカート。着るだけで、大人っぽさと女性らしさのあるシルエットをつくることができます。

レース×タイトという組み合わせは、華やか+大人っぽい+女性らしいという印象を出せるので、お仕事のあとの夜デート、パーティにもぴったりなのです。

 

色はちょっとお地味ですけど

ニットの色は、この秋のトレンドカラーのブラウン。スカートの色は、お仕事対応のネイビー。ちょっと色味が落ち着いているので、赤×ゴールドのバッグを差し色にプラスしました。足元はブラウンのサンダルにしました。

ある男性との婚活デートに着ていきましたが「女性らしいですね」というお言葉をいただきました。そして次のデートのお誘いも……! お仕事帰りの夜デート、夜婚活パーティにおすすめの【オトナの婚活コーデ】だと思います!

 

ちなみにコチラのコーデのときの「婚活リップ」もご紹介してるので、よかったらご覧ください!

ノースリーブニット ZARA

カーディガン ZARA

レーススカート UNITED ARROWS

バッグ GUCCI

サンダル(7㎝ヒール) NEBULONIE

 

というわけで、40代編集長アサミによる【オトナの婚活コーデ】、たぶんまた木曜20時にお届けする予定です!

#オトナの婚活コーデ

 

【40代編集長の婚活記まとめはコチラ】

#40代編集長の婚活記

スポンサーリンク

40代が陥る「おしゃれ迷子」「シンプル&ベーシックという病」について

40代は「オシャレ迷子」になる人が多いという。今まで着ていた服がなんかしっくりこなかったり、似合わなくなったと感じたりする。それはアラフォー世代にからは少しずつ体…

40代がついやってしまう痛い若作りファッションと解決法8つ

世間では定番と言われているアイテムなのに、40代があわせると痛いオバさんコーデに?まだ似合うと思っていたのに、40代があわせると男性がドン引きするコーデに?「自分が…

40代が選んではいけない2018年春のNGファッションまとめ

人気のトレンドコーデといっても、そのまま着てしまうとなぜか違和感が出てしまうのがアラフォー世代のファッション。アイテム選びや合わせ方を間違えると、一気に痛さが出…

いつまで続く? こなれ感あるシンプルおしゃれ服の流行

「似たような服を着て」と歌う欅坂46の『サイレントマジョリティー』の歌詞ではないが、ここ数年、日本の街を歩く人がとっても似たような服を着ているように感じる。いわゆ…

【40代が選ぶべき】2大トレンドカラー、レンガ色&グレーでコーデを一新

トレンドをゆっくり追う時間も、心の余裕もないアラフォーにとって、手っ取り早く今年っぽくなれるのが、コーデに流行色を取り入れること。簡単なのにオシャレに見えて、出…

植松晃士 絶対にやってはいけない、40代からの秋のファッション講座

みなさん、こんにちは。植松晃士です。秋の訪れを感じるのは、やっぱり「食」だよね~。銀杏もいいけど、やっぱり松茸! 今年は何回食べられるのかしらー(笑)? そして、…

靴とバッグに年齢がにじみ出る!? 街で「オバさん認定」される40代の安っぽ小物

シンプルになりがちな夏コーデのアクセントになるのが、靴とバッグをはじめとした小物使い。だからこそ、トレンド感や大人っぽさを演出できるものを選びたいもの。でも、街…

「#ハタラクユニクロ」に学ぶ、大人のオフィスカジュアル6コーデ

さりげなくトレンドをおさえながらもシンプルでスッキリとしたデザインのユニクロのアイテムは、大人の女性にとっても欠かせないですよね。新年からお仕事をさりげなくばっ…

植松晃士 トレンドの白。40代が「太って見えない」着こなしのコツ

みなさん、こんにちは。植松晃士です。3月も下旬。4月が目の前ということで春なので、今回もファッションのお話をさせていただきますね♪いま買うべきカラーはズバリ白!…

まだ着ていたら痛い!? 40代が「即捨てるべき」7つのアイテム【2019春】

気温も上がってきて、そろそろワードローブも冬物から春物へと入れ替えたい時期。春の新作を買い足す上で、去年のアイテムをどれを残してどれを処分しようか悩んでいる人も…

【40代編集長の婚活記#171】ギャップ萌えと偶然の一致に、40代独女「決意」する!

紆余曲折ありまくりの40代の婚活。44歳から始めて3年以上が経過した、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活。やっとのことでお付き合いする男性ができるも、たった3カ月でフラれる。失恋直後、知人Y嬢から誘わ…

【40代編集長の婚活記#170】イヤな予感!「2人では会わない」理由って?

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、44歳から婚活をスタートさせて3年以上。やっとのことでお付き合いする男性ができたと思いきや、たった3カ月でフラれる。失恋のショックも癒…

【40代編集長の婚活記#169】バツイチ男の本音って? 思わせぶりなメッセージの真意

47歳のOTONA SALONE編集長・アサミは、婚活をスタートさせてから早3年。出会いを求めて婚活パーティへ行ったり、婚活アプリを試してみたり、一人でバーに行ってみたりするが、いまだにゴールは見えず。やっとのこと…

#168 「安心感」は 運命⁉ 失恋の直後に出会ったバツイチ男性【40代編集長の婚活記】

混迷を極める40代の婚活。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は、婚活歴が3年を超えるも、いまだにうまくいかない。果敢に出会いを求め続け、やっとのことで恋人ができても3カ月でフラれてしまう。失恋ではげしく傷…

【斎藤工さんに聞いた】もし、シンガポールの街をエスコートするなら?【独占インタビュー】

日本人初のシンガポール観光大使として、2年間活動をした俳優の斎藤工さん。主演映画『家族のレシピ』の撮影やその他の仕事でもたびたびシンガポールを訪れているそうです。そんな斎藤工さんにシンガポールのおすす…

#167 40代の「出会うきっかけ」はコレだった!? 【40代編集長の婚活記】

44歳にして婚活をスタートさせて3年、OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)の婚活はなかなかうまくいかない。さまざまな出会いを求めて婚活し、やっとのことで恋人ができるもたった3カ月にしてフラれた。失恋直後に知…

シンガポールで買いたい! オシャレで可愛い人気お土産11選

旅に出かけたらチェックしたいのがお土産。オトナ女性のたしなみとして、「センスいいね」と言われるお土産を選びたいものです。ちょっとラグジュアリーなものからプチプラまで、オシャレなものを選びました!【シン…

#166 出会わなければよかった…。失恋独女の心の闇【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、山あり谷あり。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)は婚活歴3年。あらゆる婚活、出会いを求めながらやっとのことでジェントルさんという恋人ができた。しかし、たった3カ月にしてフラれる。失恋に落ち…

インスタ映えで人気! シンガポール「カトン地区」でプラナカン文化に触れる

パステルカラーの可愛い街並みが「写真映えする!」と人気上昇中なのがシンガポールのカトン地区。プラナカン建築、お菓子、雑貨、衣装など、シンガポール独自の文化に触れるなら、絶対に訪れたいカトン地区の見どこ…

#165 40代独女が「失恋直後」、飲み会に参加してみたら?【40代編集長の婚活記】

20代、30代の婚活と、40代のソレとはだいぶ様子が違う。OTONA SALONE編集長・アサミ(47歳)、婚活歴3年。婚活パーティ、婚活アプリ、知人の紹介、一人行動……など、さまざまな婚活を続けてきた。婚活2年半でジェント…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

FASHIONに関する最新記事