肩甲骨とお腹、あと1つは?「歩き方3つのコツ」で肌の乾燥がピタリと止まる!

暑かった夏も終わり、過ごしやすい季節になりましたね。

でも、これから寒い季節になるにつれお肌が乾燥してきませんか?

カッサカサのお肌は女性としても魅力がダウン。

何よりも、老けて見えてしまうのがネックです……。

 

老けて見える要因は2つ。「シミ」と「シワ」

老け見えの要因のひとつは「シワ」。

乾燥とシワは密接な関係性があります。

湿度が極端に減る冬は、シワが増える季節です。

小じわが大ジワ(深いシワ)にならないううちにケアしておきたいものですね。

 

どんなに寒くても日常生活では顔は外気にさらされています。

また、お肌は感覚も敏感なのでつっぱるような感覚や違和感もストレスになりますし、

気になっているのに自分では鏡が無いと見ることが出来ず他人からの目線ばかり気にすることもストレスに拍車をかけます。

 

もうひとつの老け見えは「シミ」です。

乾燥によってお肌の新陳代謝「ターンオーバー」が乱れると古い角質とともに排出されるはずだったシミが排出されなくなってしまい、いつまでも肌に残り続けてしまうことがシミが出来てしまう原因です。

 

「乾燥肌」の意外な原因は「ホルモン」だった!

スキンケアはオトナの女性にとって必須となっているので、皆さんは色々な商品を購入しては肌にぬったり飲んだりなどして、様々な対処法を模索しているのではないでしょうか?

今日は外からではなく体の内側からの乾燥肌対策をお伝えしますのでお試しくださいね

 

なぜ女性は乾燥肌になりやすいと思いますか?

 

それはホルモンが関係しているからなのです。

乾燥肌と女性ホルモンは密接に関係しています。

女性ホルモンには二種類あり、卵胞ホルモンと黄体ホルモンから構成されています。

ふたつのうちで重要なのが卵胞ホルモン。別名の「エストロゲン」だとよく聞く名前なのではないでしょうか?

 

年齢と共に体の機能が低下していくように、体内のエストロゲン分泌量も減っていき、それとともに乾燥肌になります。

乾燥肌を防ぐためにも、エストロゲンを補ってあげる必要があります。

歩けば歩くほど、「エストロゲン」が補えるって知ってますか?

エストロゲンの保有量は個人差がありますが、ほとんどの人は補充を意識しないと不足する傾向にあります。

エストロゲンを補充するためには有酸素運動を30分以上して汗をきちんとかくことが重要です。

 

おすすめなのがウォーキング。

自分が続けられそうなものを選ぶ事が大切ですが、ウォーキングは道具も場所も必要なく今すぐにでも始められる理想的な運動法です。

乾燥肌改善のためにと思って気合を入れていきなりジョギングを始めたり、ジムでガンガン筋トレを始めても、その運動は長く続けられますか?

 

激しい運動や慣れない運動は体に負担をかけすぎて、長続きしない人が多いと思います。

毎日コツコツできる運動を選び少しでも長く続けるのが良い方法です。

でも、ただダラダラ歩いていても汗をかくことは難しいもの。

歩きながら筋肉をしっかり動かすことで汗が出やすくなり、乾燥肌とオサラバできます。

 

逆に言うと、ハードすぎる運動は筋肉などを傷めてしまいますので、ウォーキング程度が望ましいのです。

私はいつも歩いているので、顔の乾燥肌とは今のところ無縁です。

ボディクリームなどもほとんど使用したことがありません。

 

加齢により、皮膚から分泌される皮脂は減少しますが、ウォーキングをして適度に皮脂を含んだ汗をかくことで、肌の乾燥を防ぐことができます。

私はジワっとかいた汗のことを「天然の美容液」と言ってますが、欧米のセレブの間ではその汗をかくために、自宅にインストラクターを呼んでトレーニングをしている人もいるそうです。

そこまではやりすぎかとも思いますが、それほど乾燥肌やシミやシワは、女性にとっての天敵と言えるのでしょう。

 

有酸素運動により新鮮な酸素が肌細胞にも送り込まれるので、いつも肌がツヤツヤでお化粧の乗りも良いです。

お肌のツヤで年齢がバレてしまわないよう、気をつけたいですものですね。

 

「天然の美容液」を出すための3つのウォーキングのコツとは

天然の美容液を出す歩き方は、以下の3点に気をつけてください。

・お腹を1センチでも引っ込める

・肩甲骨を1センチでも寄せる

・その姿勢のままで腕を後ろに(約40度)振って歩いてみる

30分も歩けば、終わった時にジワ~と汗がにじみ出る感じが味わえると思います。

自分から出る美容液は副作用もなく安心ですよね。

 

冬になる前のこのシーズンに、景色を楽しみながらウォーキングをすると、ストレスも発散出来て気分もスッキリします。

イライラしていてもお肌の調子が悪くなりますので、ストレス発散も意識できるといいですね。

 

お仕事などでお忙しい方は、以下のことを試してみるだけでも違います。

・いつも利用している駅の1つ手前で降りて歩く

・自転車も途中で降りて押しながら、姿勢に気をつけて歩く

・犬のお散歩を少し長めにする

・エレベーターやエスカレーターを使わず階段を利用する

・通勤や外出からの帰宅の際にあえて遠回りをする

・ショッピングモール内をぐるぐる歩く

・家の中でその場でテレビを見ながら足踏みしてみる

これらの工夫をして天然の美容液を出してあげる時間を確保してください。

 

しっかり歩けば、グッスリ眠れますし良質の睡眠は乾燥肌の改善にも良いのですよ。

乾燥の激しいシーズンですが、負担のない程度に上手く乗り切って、ツヤ肌を手に入れてくださいませ。

 

 

■編集部の櫻田先生レッスン体験記は→こちら

■airseaウォーキングスタジオ(仙台)

http://www.chiaki-walk.com/

毎月第二日曜日に東京でもレッスンあり!

 

櫻田千晶先生の連載「ウォーキングis人生」

1・姿勢が悪い人は「美しい人」とは思われない。あなたは歩き方のココを見直して

2・3秒で「美姿勢」が手に入る!3つの簡単なチェックと改善

3・誰もが勘違いしている?ハイヒールのメリットとデメリット

4・あなたの靴の裏どうなってる?靴底でわかる「4つの疲れチェック」とその対策

5・あなたの姿勢はいまドレ?40代がたるまない人生を送るための「美姿勢・4つの基礎」

6・肩甲骨とお腹、あと1つは?「歩き方3つのコツ」で肌の乾燥がピタリと止まる!

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

ほうれい線はその起点「小鼻の横にある溝」からケアして!シワ対策は【Katsuyoの顔筋ケア#3】

年齢とともに深まるほうれい線、気になりますよね。確かに、ほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢が全く違います。しかし、ほうれい線とは笑ったときにできる境界…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

パサ髪、オバ髪脱出! 髪のツヤを取りもどす5つのヘアケア

エイジングとともになくなるのが髪のツヤ。子供のころはツヤツヤしていたけど、気づいたら天使の輪が見えなくなった……なんて人も多いはず。髪のツヤは見た目年齢を大きく左…

唇を「オバさん」化させない!40代が知るべき4つのポイント

いくつになっても唇は大きさや形よりもコンディションの良さで美しさが決まるパーツ。つまり乾燥してガサガサしていたら、唇の魅力が損なわれます。ガサガサ唇はリップメイ…

もうオバサン!? 年をとったと感じたとき 【アラフォーあるある①肌&髪編】

ふとした瞬間に「年をとったなぁ」と感じることが増えてくるアラフォー世代。30代半ばまではまったく感じなかった肌や髪のエイジング……。アラフォー女性たちに「年をとった…

老け顔を招く最大原因は口元!?毎日のコリほぐしが効果あり!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケアPart2】

飲んだり、食べたり、しゃべったり、笑ったりする以外にもガマンをしたときや集中したときなどにも、無意識にグッと力が入る口元。顔のパーツの中でいちばん使う場所である…

【緊急対策!】乾燥でパサつく髪の毛をツヤツヤに戻す方法とは?

外気が一気に乾燥して、肌はもちろん、髪もパサつきが気になる季節になりました。ショートヘアの私ですら髪の乾燥が気になるくらいですから、髪の長いアラフォー女性はかな…

目尻のシワもほうれい線もほおのたるみも、元凶は◯◯◯だった!【顔筋ケアのパイオニアKatsuyoが教えるアンチエイジングケア】

年齢とともに深まるほうれい線や目尻の小ジワ、ほおのたるみ……。化粧品や美顔ローラーといったケアに取り組んでいる方も多いでしょうが、なかなか改善されないのなら、顔の…

植松晃士 オバ見えする女性の「9割ができていない」こと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回は話題の映画『クレイジー・リッチ』のお話から、40代アップのファッションについてお話させていただきましたが、今回はビューテ…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」に合わせ…

あなたはいまどの姿勢?「身体のたるみ」を予防する40代4つの基礎

40代のはじめ、エイジングはほうれい線や額のシワなど大きくてわかりやすいパーツから始まったことでしょう。そして40代の半ばともなれば、フェイスライン、首、お腹、ヒザ、そしてヒップライン……身体のいたるところ…

靴の裏どうなってる? 靴底でわかる「4つの疲れチェック」とその対策

今年の夏は記録的な猛暑が長く続きました。秋の訪れを感じつつも、夏の疲れを感じでいませんか?オトナサローネの読者の皆さんもいろいろなストレスや疲労に悩んでいると思います。9月になってもまだまだ暑さは続き…

ハイヒールが痛い人!靴選びと歩き方を変えましょう。プロが教える簡単な2つの対策

魅力的な女性の必須アイテム、ハイヒール。履くメリット自体、「美しく見えるため」がすべてと言っても過言ではありません。スタイルよく見えますし、脚だって長く見えます。かかとが高くなるとふくらはぎのラインも…

3秒で「美姿勢」が手に入る!3つの簡単なチェックと改善

視界に入っただけで引き込まれるような、素敵な印象の人っていますよね。通勤中にすれ違う人や、カフェから眺める雑踏。たくさんの人が行き交っているのに、なぜかその人が目に止まる。そして思わず目で追ってしまう…

姿勢が悪い人は「美しい人」とは思われない。あなたは歩き方のココを見直して

「……そんなある日、車の中からフロントガラス越しに街を見たの。仙台の街ね。そこで、ふと目の前の横断歩道を歩く女性たちの歩く姿を見て、ハッと驚きました。これはいけない、女性たち、みんなそんな歩き方をしてい…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事