#117  40代独女、バツイチ男とのデートで「初めての経験」【40代編集長の婚活記】

仕事をほめてくれるジェントルさん

私のキャリアをほめてくれるのも、うれしかった。

ジェントル「OTONA SALONEの記事はとても面白いです。新時代の女性カルチャーの最先端です」

まずはwebサイト全体をほめてくれたことから始まった。

ジェントル「ロゴがとてもオシャレでカワイイです」

と、デザイン的な視点でもほめてくれた。

ジェントル「アサミさんは素晴らしい。編集長というキャリアをしっかり積まれて」

と、女性とキャリアという点からもほめてくれた。仕事のことをほめてもらえるのは、素直にうれしかった。やっぱり仕事が好きだし、そこに時間も情熱も込めているし、プライドも持っている。ジェントルさんの言葉は励みになった。

 

さらにほめてくれるジェントルさん

そしてジェントルさんのほめ言葉は続く。

ジェントル「アサミさんは肌がキレイですね」

アサミ「いえ、照明がちょっと暗いからそう見えるだけで」

ジェントル「そんなことないです。肌がキレイだからお若く見えます」

アサミ「ありがとうございます。シミとかシワとか、暗いから目立たないだけで。ジェントルさんこそ、男性なのに肌がおキレイじゃないですか」

ジェントル「男は、男性ホルモンのせいかキメが細かくないし。うらやましいです」

肌のことをほめてくれたジェントルさん。社交辞令だとしてもうれしい。

実は30歳前後のころ、あご周りにニキビがたくさんあったせいで男性から「ボツボツ」と言われたことがあった(#68 男の本音って…。モテない独女が合コンで痛感したこと)。

そんな汚肌で悲しい思いをしていただけに、肌がキレイになりたいと願った。美容や健康に関する知識を深めたのは、そのことも理由だったと思う。

 

ほめられるのは、うれしいけれど

ほめてくれたのは、肌だけじゃなかった。

ジェントル「髪、キレイですね」

アサミ「そうですか? 40代になってからツヤが減った気がして」

ジェントル「いやいや、ツヤがありますよ。サラサラでキレイです」

アサミ「ありがとうございます」

ジェントル「特別なケアをしてるんですか?」

アサミ「ヘアケアはエイジング用のものを使ったりしています。年齢なりのケアというか」

穏やかな声で、仕事、肌、髪をほめられたことに、ドキドキし始めていた。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク