40代共働き家庭の家計に潜む落とし穴って?

みなさん、こんにちは! ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。最近は、社会で活躍する女性も増え、晩婚化が進んでいます。私のところにいらっしゃるお客様の中にも、40代以上で結婚したという方は少なくありません。40代で結婚し、夫婦で正社員として働いている、共働き家庭の家計を拝見すると、経済的に余裕があるからこその家計の落とし穴があります。今回は、40代共働き家庭の家計に潜む落とし穴についてお話します。

 

経済的なゆとりが油断を生む

男女ともに、それなりにキャリアを積んできた人であれば、40代ともなれば、役職にもついており、年収も高めの傾向にあります。ですから、夫婦ともに正社員で働いている40代の共働きカップルは、経済的にゆとりがある傾向にあり、世帯年収が1,000万円を超えるケースも少なくありません。

 

実際、家計を拝見しても、都心部の駅近のマンションに暮らし、車を所有。仕事が忙しいこともあり、食事はほとんど外食。休日も高級レストランで食事をしたり、ショッピングを楽しんだりという生活。加えて、年に数回、国内、海外を問わず旅行に行き、宿泊はもちろん高級ホテル…、といった具合に、経済的ゆとりを感じさせる使いっぷりです。

 

また、40代の共働き家庭の傾向として、食料品や日用品などの日常の出費も高くなりがちに。経済的にゆとりがあるので、イオンや西友より成城石井や紀ノ國屋、ドトールよりもスターバックス、ユニクロよりもユナイテッドアローズ等々、ワンランク上のお店で買い物をしてしまうわけです。

 

︎収入の割に貯蓄ができていない!?

ですから、40代共働き家庭の場合、経済的に余裕があることが仇となり、収入の割に意外に貯蓄ができていないというお悩みが多いのが実情です。

 

40代共働き家庭では、収入が高い分、夫、妻ともに自由になるお金が多いのでお互いの支出についてチェックが甘くなりがちです。また、相手が貯蓄してくれているだろうと思っていたらお互い好きなように使っていて結局全然貯蓄できていなかった!というケースもよくある話です。

 

共働き夫婦の家計管理の方法を見てみると、40代に限らず、家計管理の方法として一番多いのが、夫婦それぞれの財布で家計を管理する「それぞれの財布型」です。

 

この方法は夫婦共通のお財布はつくらずに、住宅ローンと食費は夫、通信費と水道光熱費は妻といった具合に予め分担する項目を決め各自が負担する方法です。貯蓄も各自で行います。この方法はお互いに自由になるお金が多く、お小遣いという面からは不満がたまりにくいですが、一方で相手の支出について無関心になりがちになり、一緒に家計を管理するという意識が希薄になります。

 

そのため、実は収入が多い割に無駄な出費が多く、貯蓄も思うようにできていないというのは、「それぞれの財布型」に見られる傾向です。

 

お金の流れが一番分かりやすいのが、夫婦の収入を全額共通のお財布に入れ、そこから固定費や生活費を支払う「共通財布型」の方法です。貯蓄やお小遣いもすべて共通財布から割り振ります。毎月のお金の流れも貯蓄も「見える化」されているので無駄なくお金がたまりやすい傾向にあります。また、家計が一元化されているので家計管理も簡単です。共働き家庭でなかなかお金が貯まらないという場合には、「共通財布型」を検討してみてもよいでしょう。

 

介護離職が高まる40代

今まで見てきたように、40代の共働き家庭は、経済的に余裕がある分、特段意識することなくお金を使っている傾向にありますが、気をつけたいのは、定年までの期間が短いということです。油断してお金を使っていると、定年近くになってほとんど貯蓄がないということにもなりかねません。

 

また、40代の場合、親の年齢も上がるため、親の介護が発生する確率も高い傾向にあります。その結果、共働きだった場合には、夫婦のうちどちらかが仕事を辞めざるを得ないことも。

 

2018年7月に総務省が公表した「平成29年就業構造基本調査結果」によると、過去1年間に「介護・看護のため」に前職を離職した人は約9.9万にもおり、要介護者と同居の介護者は、40代から増え始めるとのこと。このデータを見ても、親の介護は決して他人事とはいえませんね。

 

介護により夫婦どちらかが仕事を辞めてしまうと、収入が減る中で、介護費用が重くのしかかってくるので、それまでの生活と一変してしまいます。

 

ですから、今、経済的に余裕があるとしても油断せず、長期的な将来のビジョンを描き、マネープランを考えることが必要です。

 

2018年も残すところわずかです。1年の振り返りも兼ねて一度、現在の家計状況や将来に向けて貯めておくべきお金などについて考えてみましょう。

 

■次に読まれているのは■

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

お金が貯まる人、貯まらない人はココが違う!40代から貯金体質になるただひとつの習慣

なぜかお金が貯まらない人の3大理由「スタバ」「コンビニ」あと1つは?

スポンサーリンク

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

月の手取り23万でも年100万円貯めた!40代女性のテクニック

1ヶ月の手取りが23万円、ボーナス37万円が年に2回、合計で1年間の手取り年収350万円。そんなに多い方ではないかもしれないこの年収で、1年間で100万円貯めた女性がいらっし…

お金のプロって「1年で100万」どう貯めるんですか?FPタケイさんの場合

OTONA SALONEでマネー記事を連載している3人のFPに、まったく同じ「1年で100万貯めてくださいと言われたら、自分ならどうしますか?」という質問しました。三者三様の貯…

【勝手に貯まるオンナ】頑張らないでも貯金が増える!5つのチェックリスト

貯蓄を頑張っても貯まらない女性もいる一方で、頑張らなくても貯まる女性もいます。自分は貯まる女性なのか、気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、5つの…

40歳時点で必要な貯蓄額を、定年から逆算してみると…えっ500万も?

世の中の40代は貯蓄をしっかりしているだろうと周りが気になるものの、お金の話は友人にはしづらいものです。貯蓄ができないことを何年も心の片隅にあるものの、一向に貯蓄…

ああ、勘違い…コレやってる人は貯まらない!お金が逃げるやりくり習慣5つ

あなたが「やりくりのつもり」でしている習慣、実はお金が貯まらない習慣かもしれません。当てはまることがあれば要注意。貯まる体質になるためにチェックしてみましょう。…

50代独身女性の平均年収と平均貯蓄は?いま貯めておくべき貯蓄額はいくらでしょう

定年退職までの残りがあと10年を切る……そんな50代。それまで漠然としていた「退職後の生活」が急にリアルになり、具体的なことを考えるようになります。50代の女性のマネー…

ほったらかしでもラクラク貯まる!カンタン貯金の仕組み3選

お金を貯めたいと思っていても、なかなか貯まらず「よし来月から!」と思っていませんか? ダイエットと貯金は似ているところがあり、始めようと思ってもなかなか貯まらず…

1つでも被ったらNG。28歳で借金250万円をつくった芸人の3つのお金グセ

ほとんどの若手芸人が、多かれ少なかれ借金があります。それは、“お笑い”をお金にするのがとてつもなく難しいということもありますが、ぐうたらのダメ人間が集まる巣窟だか…

消費税増税前に家を買うべき?2019年家の買い時を考える時のポイントは

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。今年の10月に消費税が10%になることが決まり、増税前に家を買うべきか迷っている人も多いのではないでしょうか。とはいえ、1年後に東京オリンピ…

読むだけでトクする「お金のトレンド」大予測!2019年はどうなる?

みなさん、明けましておめでとうございます!ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。昨年の年末は、米国の利上げや米中貿易摩擦劇化の懸念などの影響で米国株式のみならず、日本の株式も大暴落。加えて英国のEU…

会社が倒産してお給料が未払いでもあきらめないで!知っておきたい「未払い賃金立替制度」

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。さて、現在、企業の約70%が起業して3年以内に倒産するといわれており、勤務先の倒産は、他人事ではないかもしれません。勤務先が倒産した場合、…

40代女性の貯蓄事情!1年間で100万円の貯蓄って少ないの?

みなさん、こんにちは!ファイナンシャル・プランナーの高山一惠です。私のところには、多くの40代女性がマネー相談にやってきますが、みなさん必ずといって良いほど質問するのが「私の貯蓄額って平均と比較してどう…

もらってないなら損するお金。知っておきたい「実はもらえる」3つの給付

みなさん、こんにちは!ファイナンシャルプランナーの高山一惠です。毎年少しずつ社会保険料はアップし、来年の10月から消費税は10%になることが決定…と、収入が伸びない割に出費ばかりが増える印象で暗い気持ちに…

実は損している?銀行でよく見かける「お得っぽい」セットの真偽

みなさん、こんにちは!ファイナンシャル・プランナーの高山一惠です。銀行の預金にお金を預けていても全く増えないし、かといっていきなり投資はハードルが高いという人は多いと思いますが、そんな人にとって魅力的…

iDeCoを利用して、実質利回り20%で「定期預金」する方法!

40代になると、そろそろ老後が気になるお年頃。老後に向けてお金を増やさなくてはと思いつつも、投資は元本割れのリスクもあるしイマイチ気乗りしない…という人も少なくないことでしょう。そんなあなたにオススメな…

ボーナスどこに預けるのがベスト?「安全で賢い貯め方」3つの知識

夏のボーナスが支給されるシーズンとなりましたね。ボーナスがでたら、あれもこれも買おう!と、ボーナスを待ちに待っている人も少なくないことでしょう。自分へのご褒美も良いけれど、将来に向けてお金を貯めたり、…

40代シングル女性が「買ってはいけない」マンションとは

40代になり一生独身かも…と思うと、「家でも買っておこう」とばかりに、マンション購入を考える人も少なくないと思いますが、マンションを購入する時に資産価値や生活の利便性などをきちんと考えて買わないと、家が…

別居の親を扶養に入れると4万円得?40代が知るべき2つの注意点とは

40代といえば、親が高齢になり親の生活も心配になるお年頃ですね。特に自分が会社員でそれなりに収入を得ていて、親が年金生活者という場合、親を自分の扶養に入れるべきかどうか悩む人が少なくないでしょう。そこで…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

MONEYに関する最新記事