モテる女性はお金づかいが微妙に違う。元国税芸人の僕が思う5選

お金のマナーは、人それぞれ。しかし、あなたの振る舞いが、他人を不快にする、あるいは、迷惑をかけるものなら、それはいますぐに見直しの必要があります。誰にも注意されないからといって、完璧であるとは限りません。年齢を重ねると、注意してくれる人が減ってしまうもの。間違っていても指摘されない裸の女王様にならないように注意しましょう。

 

1・男性に支払ってもらって当然と思わない

デートをしたときに、男性が払うのは当然だと思います。ただ、払ってもらう側が「当然」と思うのは、あまり良くありません。女性があなたしかいなければ男性は何も思いませんが、複数の女性とデートしていると、他の女性の会計時の佇まいと比較してしまいます。「当然」と思っているかいないかは、言動などから簡単に分かります。あなたが、支払ってもらって当然なくらいの対価を支払った、あるいは、これから支払うのならそれでも良いのですが、知識や心地よい時間などを提供できないのなら、感謝の気持ちをしっかりと伝えましょう。
男性が使ったお金と時間は、無限に湧き出てくる価値の無いものではないのです。

 

2・マウントを取るために自慢話をしない

マウントを取るのが好きな女性というのは一定数いるようです。ぼくの知人の女性は、マウントを取るタイプのメンバーだけを集めた「マウント女子会」を催しています。何のメリットがあってそんなことをするのか分かりませんが、マウントを取りたい他人の自慢話を聞かされるなんて、時間の無駄遣い以外の何物でもありません。
自慢話を聞いてほしいのなら対価を支払うべきです。そもそも、マウントを取るときには自慢話であることすら隠してトークを展開するので、始末が悪い。そんなトークの弱い人と食事を共にし、アルコールを摂取しても得られるものがありません。速やかに帰って10回以上読んだ結末の分かっているミステリーを読むほうがましです。あなたが、マウントを取りたいなら、せめて参加者に場代を支払いましょう。

 

3・お金を払ったんだから何をしても良い、と考えない

年齢を重ね、社内の地位を得て、預貯金に余裕があると、知り合った若い男性を食事に連れて行ってあげることができるようになります。貧乏で知識も経験もない純朴な青年は、「おいしい、おいしい、ありがとう、ありがとう」と言うでしょう。
しかし、食事を奢るからと行って、何をしても良いわけではありません。例えば、予告なく遅刻をしたり、意見を聞かず自分の好きな店に連れて行ったり、何時に解散するか伝えずに延々と引っ張ったり、終電がないのに自分だけタクシーで帰ったりしていたら、若い男の子はそのうち遊んでくれなくなります。

 

4・なにかしてもらったら対価を払う

人が何かをしてくれたときに「ありがとう」だけで済ませていてはいけません。いつかお礼をしましょう。お礼をケチっていると、次からは何もしてくれなくなります。開き直って、もうお世話にならない、一回だけの付き合いだから何のお礼もしなくていいや、と考えることもあるでしょう。さらに、文句も不満も言ってこないから良かった、と自分を正当化するかもしれません。
でも、あなたのいないところで事実と不満を広めているかもしれません。そのことで失ったあなたの信用は、あなたが蔑ろにしたお礼の何倍もの価値があります。お金がなければ、人を紹介するか、たのしい催しに呼ぶだけでも構いません。感謝の気持ちを必ず有形物で示しましょう。

 

5・投資をケチらない

株を買えとか、FXを始めろ、というわけではなく、自分への投資や他人への投資を怠ってはいけませんよ、ということです。自分を成長させるために本を買うことや将来の可能性を考えて他人に恩を売っておくのが上手なお金の使い方です。ぼくは、ジュース一本でもふるまってくれた人のことは忘れませんし、「芸人頑張ってね」と食事に連れて行ってくれた人たちのためにも、「売れて、知り合いであることを自慢できるような存在にならなくては」と考えています。自分を成長させ、他人に喜んでもらえるお金の使い方を心がけましょう。

 

情けは人の為ならず。あなたが他人のために使ったお金は、きっとあなたに返ってきますよ。

 

■元国税!さんきゅう倉田の連載記事一覧■

#1・【新連載・元国税芸人】財布のココが違う!貧乏な人とお金持ちの現実

#2・【ドキュメント】これが借金250万芸人「西日本」の貧乏財布!倉田はどう整理した?

#3・その節約は間違いかも……⁉元国税芸人のぼくが、だめだと思う節約法5つ

#4・元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

#5・気になる!芸能人だけがやっている、5つの危ない経費……⁉

#6・お金持ちの社長たちの共通点。彼らが「普段しないこと」9選

#7・1つでも被ったらNG。28歳で借金250万円をつくった芸人の3つのお金グセ

#8・元国税芸人の僕が思うモテる女性のお金づかい5選

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

「信じられるのはお金だけ」世代!? 40代の平均貯金額とは

「信じられるのはお金だけ」という名言を残したマツコ・デラックスさん。老後のことを考えてお金を貯めているとのことでしたが、この言葉に激しく同意したアラフォー女性は…

独女がもらえる年金の平均額と、60歳までの目標貯金額を計算してみた!

独身女性が老後にかかるお金はおよそ5,400万円といわれています。この数字は、60歳以上の独身女性の毎月の生活費が全国平均15万円。平均余命が28.68年であることから算出さ…

【マネー専門家の事例】40代女性の平均貯蓄額はどれくらい?

かつて、落語家のヨネスケがリポーターを務めた「突撃!隣の晩ごはん」という超人気番組がありましたね。隣の家の晩ごはんが気になるのと同じくらい、隣の家の人や友達の貯…

お弁当越えのコスパ!「ランチ1回140円」で済ませる裏ワザ

お弁当vs外食ランチの差は一ヶ月どれくらい?仕事もプライベートも何かと忙しい40代。朝早く起きてお弁当づくりするのは大変です。話題のお店でご褒美ランチを楽しむことは…

年収300万と400万では結構違う?「お金の貯め方」のコツ

私のところには「無駄遣いを減らしたい」「お金を貯めたい、増やしたい」というご相談でやってくる40代女性が多いのですが、年収によって「お金の貯め方」のコツは違います…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女…

「1000万円貯蓄する人が買わないもの」とは?ごくごく普通な3つの答え

貯蓄をするなら、1000万円を目標にする人が増えています。40代で、1000万円以上の貯蓄がある人は20.2%*。この数字からは、決して無理な金額ではないようにも思えます。し…

気付けば貯金が300万円!年収300万円会社員が実行した3つのルール

貯金とは、「楽しみの先延ばし」です。お金を使わないでいることは、何かを我慢することになります。たとえば、新しい服とか、新しい家電とか。そういったものを得られる楽…

40代は借金世代!? 40代の平均「住宅ローン」残高とは

40代で住宅ローンを抱えている人の平均残高はいくらくらいなのだろう? 先日、アラフォーのときに都内の2LDKマンションを購入した知人の40代後半独女が「今年じゅうには住…

ほったらかしでも貯まる!「お財布を休ませる」方法って?

触れない日はないといえるお財布。私たちも休みがないと疲れ切ってパワーがなくなってしまうように、お財布も休みがないとお金が貯まるパワーがなくなってしまいます。お金…

だから女性と芸人が騙される!「投資」が気になる人は気をつけてほしい詐欺

InstagramやFacebookで華やかな写真やLINEの画面を載せている人は詐欺師です。ぼくは、Instagramで“いいね”を押してくれた人のプロフィールをチェックしていますが、20代~30代の女性で高級ホテルの写真やベタな…

元国税芸人の僕が「それはやめたほうが」と思う投資は…初心者ほど失敗する。l

投資が身近になってきました。国はNISAを施行し、こども向けNISAも始まって、誰でも投資に触れることができるようになっています。どうして投資を勧めるかというと、銀行に預けてもお金が増えないからです。世界のお…

40歳独身の会社員が、定年までに貯めておきたいお金はいくらか?

40歳になると、将来のことを考えて、個人年金を考えたり、噂になっている確定拠出年金を調べてみたり、不動産投資のセミナーに参加してみたり、NISAの口座を開いてみたりすることがあると思います。情報が多くて、…

行き当たりばったりの節約はNG!40代おひとりさまの正しい貯金術4選

「貯金がなかなかできないわ」そう嘆く方がいます。世の中には、貯金ができるタイプとできないタイプの人間がいます。さらに、貯金ができないタイプの中には、「だらしがないから貯金が貯まらない人間」と「貯める方…

1つでも被ったらNG。28歳で借金250万円をつくった芸人の3つのお金グセ

ほとんどの若手芸人が、多かれ少なかれ借金があります。それは、“お笑い”をお金にするのがとてつもなく難しいということもありますが、ぐうたらのダメ人間が集まる巣窟だからでもあります。その中でも、ギャンブルも…

お金持ちの社長たちが普段から「絶対していないこと」9選【元国税芸人】

芸人は、お金持ちとも貧乏な人とも遊ぶことの多い職業です。さらに、その中の極端と最も会う機会の多い職業かもしれません。貧乏な人の行動からもお金持ちの行動からも、学ぶことは多いのですが、同じような環境にい…

それ脱税…?芸能人に見る5つの経費判断基準【元国税芸人】

会社員として仕事をしていると、自分のお金ではない“経費”で支払いをすることがあります。ものを買ったり、取引先と食事をしたり、どんなものが経費で落ちるかは社内ルールで決められていて、よほど杜撰な会社でない…

「副業」が会社にバレる3つの理由と、バレても誤魔化せる5つの方法

働き方改革で、副業・兼業が盛んです。読者の方の中にも、会社でお仕事をしながら、就業後や休日にアルバイト、あるいは、趣味を活かしたビジネスをしている方がいると思います。会社にばれないかしら、税務署にばれ…

元国税芸人が見てきた「お金持ちが絶対やっていない」7つのこと

仕事が忙しくてお金のことなんて気にしていられない、気にはなるけどどうしていいかわからない、損をするのは嫌だけど積極的に調べたり聞いたりするのは億劫、そう考える女性はたくさんいらっしゃいます。でも、日々…

その節約は間違いかも……⁉元国税芸人のぼくが、だめだと思う節約法5つ

会社員や主婦の方が、収入を増やそうと思っても簡単にはできません。それが感覚的に分かっているので、貯金を増やそうと考えたら、多くの方が“節約”をします。生活を切り詰め、お誘いを断り、趣味を我慢する。自らを…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

MONEYに関する最新記事