40代の「品格メイク」にヴァセリンが超使える…! トレンドメイクにちょい足し3選

冬になると、なにかと登場する機会が増える『ヴァセリン』は、メイクでも使い方次第でさまざまな応用が効く、万能選手。

この時期くらいから「今年も、たっぷりお世話になります!」と、手もとに常備する40代女性も増えるアイテムの代表格ではないでしょうか。

保湿力が高く、適度なツヤ感のある塗り心地は、使いかた次第で、いつものメイクに“品格”を与えてくれる救世主にも!

「ヴァセリンを、もっといろんな美容に使ってみたい」とお考えの40代女性のみなさま、本格的に寒くなってきた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。時短美容家の並木まきです。

今回は、おなじみの『ヴァセリン』で、40代がトレンドメイクに“品格”を加える裏ワザのお話です。

 

おなじみ『ヴァセリン』を足すだけで品格メイク1:頬の高い位置にハイライトとして加える

疲れやくすみが肌に出ているときに、いつものメイクにほんの少しのツヤ感を加えると、40代の肌を健康的に見せやすいメリットが期待できます。

時代は、セミマット肌がトレンドに入っていますが、マットテイストが強すぎてしまうと、元気がないときの加齢肌は、しぼんで見えがちな面も否めません。

そんなときこそ、凹凸を強調してくれるハイライトが救世主。

しかしラメ感やパール感が強すぎる「いかにも」なハイライトだと、やや古臭い印象にも仕上がりがちです。

そこで、ヴァセリンをほんの少量、頬の高い位置に加えると、光を集め適度な光沢が生まれ、品格のある肌に。

成功のコツは「塗りすぎない」ことに尽き、テカらせずに“うっすら光らせる”くらいのさじ加減が重要です。

 

おなじみ『ヴァセリン』を足すだけで品格メイク2:薄く伸ばして、眉の毛流れを整える

メイクが決まっていても、眉がボサボサだと、それだけで品格を感じさせないメイクになるのも40代の常。

でも、アイブロウマスカラを使うと「いかにもメイクしました!」になりすぎると感じる日には、ヴァセリンで眉をホールドする方法が便利です。

眉コスメよりも弱い、ヴァセリン特有の“適度なホールド力”こそが、品格のあるナチュラルメイクの気分にぴったりで、自然体の眉で勝負するよりも、40代の顔に品格を与えてくれる裏ワザに。

こちらも塗りすぎるとテカテカになるため、綿棒などにごく少量をとったら、眉に薄く塗り、スクリューブラシを用いて整える程度にとどめて。

 

トレンドのマットリップを使うときにも便利!次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事