「能年玲奈」→「のん」はある意味出家?運気を上げる禅と名前の話

誰しも心に何かの悩みをかかえ、日々何かに迷いながら暮らしているもの。とある臨済宗のお寺の住職さんに教わった「毎日を少し軽くする生き方」のお話しです。今回は「名前」について。

「名前は変わるもの」?

 

最近ではツイッターなどSNSでの名前をリアルで呼ばれる機会もあり、「もともとの名前ではない名を使う」概念は急速に一般化しています。

仏教の大きな宗派の1つ、禅宗では、修行を始めると、お互いのことを苗字では呼ばなくなるのだそう。

 

では、どう呼ぶのでしょう。

 

もしあなたの名前が山田花子さんなら、姓名の名「花子」の1文字をとって「はっさん」に。

OTONA SALONEの編集長は「浅見悦子(あさみえつこ)」、彼女の場合は「えっさん」になるのだそう。

禅宗が生まれた中国では、たとえば玉梅さんという女性なら1文字をとり小をつけて小梅、シャオメイという愛称で呼ぶそうですが、それと同じことなのです。

この記事のタイトルでは能年玲奈さんを挙げましたが、禅宗で言うなら「のん」ではなく「れっさん」や「なっさん」になるというわけ。

 

 

愛称やブログ名だけを変えてみる

 

「出家後に苗字を呼ばない」、これは「それまでの俗世を捨てる」ことにもつながる行為です。芸能人の改名もお仕事が順調なときではなく、イメージの変更など本人の「運気」を変えるタイミングで行われます。

こうした名前変更の歴史的代表例が戦国武将。幼名と成人してからの名前が違います。

ちなみに、出版業界でも、まったく新しい氏名で執筆する「ペンネーム」のほか、「戸籍名をひらがなやカタカナに変えて表記する」「名前だけをローマ字表記する」など、名前の変更はカジュアルに行われています。著者だけでなく、編集者が変更するケースも周囲に多々あります。

例えば山田花子さんが「やまだ はなこ」になればやわらかくほっこりした印象に、「hanako」ならよりシャープなイメージに変わります。

そう、自分の過去を背負っている名前を自分の意思で変更しても「よい」のです。

 

仏教界ではよくあること

とはいえ戸籍名を変えるのは法律の手続き上も大変なこと。ですが、「名乗り」を変えるのは個人の自由です。

 

たとえば、ブログの表記名、会社でのネームプレートの表記、公的書類以外に自分の名前を書くシーンで積極的に変更していくのは自分の運気を自分で好転させる大きなきっかけになるでしょう。

 

この話を聞かせてくれたのは、神奈川県・伊勢原市の能満寺住職、松本隆行さん。もともとは「たかゆき」ですが、出家後は「りゅうこう」という読みで、僧職から呼ばれる場合は「りゅっさん」だそうです。

 

「このように名前の読みが変わるだけで、自分の負の部分を引っ張らなくて良い感覚になるのは不思議です」と笑顔でコメントしてくれた「りゅっさん」は、ただいま連載の準備中。今回の「名前」の話についても、こんな話を聞かせてくれました。

 

「姓」ではなく「名」を呼ばれる文豪の違いとは?

—- 突然ですが、文豪の話をします。太宰治は、ペンネームの苗字側で「太宰」と呼ばれます。「治」じゃないですよね。

いっぽう、夏目漱石は「漱石」、正岡子規は何で「子規」です。

なぜなのでしょう。

それは、漱石も子規も「号」だから。つまり、苗字のない「号」として名前として完結しているからです。

夏目漱石の本名は金之助。養子に出されていたので、しばらく夏目姓に戻れなかった。そのような背景もあるかもしれません。

ちなみに、漱石は満49才でなくなり、今年2016年12月9日に没後100年を迎えます。その戒名は

文献院古道漱石居士

「号」である「漱石」が使われています。これら戒名の話はまたいずれ、どこかでご説明しましょう。

漱石の3歳年下で、禅を世界に広め、ノーベル賞候補にも挙がった仏教学者、鈴木大拙は、鎌倉の円覚寺で漱石が来るのを迎えました。その様子は小説『門』で伺うことができます。

鈴木大拙も本名は「貞太郎」でしたが、仏門に入って「大拙」という名をいただきました。

不思議なことに今年は、大拙が亡くなって50年の年でもあります。

名前と人のご縁についてあれこれ考え始めると、いろいろな不思議を感じます。

連載では、そんな日頃の気づきをお伝えしていきたいと思っています。

—-

ちなみに、この「りゅっさん」も登場する新書がポプラ社から発売されています。日々疲れたこころを仏教に触れて溶きほぐしたい人、ぜひ手にそってみて。

 

つながる仏教 (ポプラ新書)51xtwpdf0cl

 

(お話し/能満寺住職 松本隆行さん)

スポンサーリンク

大切なものを失くしたとき。喪失感から立ち直る3ステップ

人は生きていく過程で、時として、大切な何かを失うことがあります。それも、予期していなかったかたちで、突然に、です。すると、絶望のあまり茫然自失の状態になったり、…

心がつらくなったら。ストレスが軽くなる10分の「リフレーミング」を

あー!悲しい、という気持ちで心がいっぱいになってしまったこと、誰でもありますよね。もう涙が枯れるまで泣いたりしたこと、ありますよね?たとえば、大好きな恋人との破…

魔法の1フレーズで激怒もスッと収まる「アンガーマネジメント」

突然ですが、みなさんのメンタルは「健やか」ですか?私たちは生活を続けている限り、さまざまなストレスから逃れることはできません。でもストレスを感じた時に早めになん…

あえて「空気を読まない」。もっとのびのび生きるためのコツ

世に言うKY、つまり空気を読まないで行動することは、果たしてそんなに悪いことでしょうか?ちょっと窮屈に生きているあなた、今までの思い込みや常識を捨てて、むしろ空気…

約6割の日本人が間違えている日本語「敷居が高い」

バラエティ番組でもよく見かける「日本語の誤用」。やっぱり日本人だもの、ちょっとは気になりますよね。しかも、誤用には世代差があるらしい? 文章力養成コーチが「よく…

人生がつらい人は「つらい呼吸」をしている。身体を軽くする呼吸法

「恋人や夫と価値観があわない」「同僚とうまくいかない」など、常に人間関係の悩みを抱えている人。また、「肩と首がいつも痛い」「朝起きたときから背中が重い」など、体…

ねたみや劣等感でいつも苦しい人。つらさをプラスに変換する4つのコツ

いろいろな場面で、誰しもが経験する「どうしてあの人ばかり…」と思ってしまう「妬み」という厄介な感情。このマイナス感情に支配されずに、どうやって上手く付き合ってい…

出世も未婚も原因に?人生でもっとも大変な「40-50代の危機」を乗り越える

人生の中で、公私共にとても忙しく、もっともストレスが多いとされる中年期。仕事や家族などのさまざまな問題を抱え、精神的にも肉体的にもバランスを崩しやすくなる時期で…

恋愛力が自然に上がる、マインドフルネス3つの愛ポイント

若い頃は、自分の行動パターンも柔軟に変えることができます。が、仕事に慣れてきて、出会いの機会も少なくなってくると、その数少ない「魅力ある異性」に合わせて色々変え…

眠りの質を高める。お風呂で簡単マインドフルネス

「禅」の精神がアメリカで研究され、「マインドフルネス」という形になって日本に戻ってきました。グーグル社などトップ企業が社員マネジメントの一環に利用しています。こ…

1つ結びもサマになる!「ぎりぎり結べるボブ」がいま40代に人気|ボブヘアランキング

今年の秋冬ヘアは、柔らかさを意識した、ちょっと女っぽいシルエットが人気です。カラーは引き続き暗めが旬。中でも注目度の高い「女っぽいボブ」の人気スタイルは? そのアレンジは? ボブにまつわる人気記事ラン…

メルカリ初心者はまず100均でコレ買って!「ラクラク梱包アイテム」5選

さて、そろそろ季節も変わり、絶好の断捨離タイミングですね!そんなときフリマアプリを使って不要なものを手放す方もいるのではないかと思います。「フリマアプリって興味はあるけれど、何を用意して始めていいかわ…

間違っている人が多い!洋食でライスを食べる時、フォークを持つ手はどっち?|オトナの常識ランキング

わかっていそうで意外と知らない「マナー」。クイズ形式のテレビ番組にはつい見入ってしまいますよね。オトナサローネでも「オトナの常識」シリーズが大人気ですが、一番読まれているのは…?実は、お葬式や結婚式の…

「なまぬき」ではありません!「生抜き」の正しい読み方、知っていますか?|人気記事5選

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「漢字の読み間違え記事」や「ファッション記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきま…

酒飲み必見!「飲んでも不健康にならない」お酒の組み合わせ方は?

ホームパーティーへの差し入れやお世話になったかたへの贈り物に、お酒を選ぶ機会は多いもの。今回はお酒好きな女性の間で人気が高まるナチュラル&オーガニックなお酒を種別にご紹介します。おすすめのマリアージュ…

不調を自覚し「自分に必要なコスメ」を作った開発者。40代に大切なことって?

一般に、閉経の前後5年を更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45-55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。オトナサローネは同世代…

きゃくいん?かくいん?「客員」の本来の読み方は……|みんなが読み間違えやすい日本語10選

オトナサローネで人気の「漢字記事」。よく使うけど実は読み間違えやすい!単語10選を、一気にご紹介していきます。是非参考にしてみてくださいね!①蒲魚「かまとと」です。なぜ「蒲魚」が“知っているくせに知らない…

40代の蓄積疲れには「○○すること」が大切。切り札は糖質3:たんぱく質1

日ごろ、体を酷使している相手には、きょうの疲れを翌日に持ち越さないためのリカバリーアイテムを贈ってみませんか?どれもすぐ食べたり、飲んだり、使えるものばかりだから、喜ばれることまちがいなし。【オトナの…

40代独女、たまたまバーで隣に座ったオトコがまさかの…|今週の人気記事ランキング

40代働く女性のサイト、オトナサローネでただいまの人気記事を、配信先もあわせて1週間分集計。今週は、「恋愛記事」や「マナー記事」が人気でした!それでは、人気記事トップ5をご紹介していきます。(9月2日~9月8…

「まだ夏服着てるの?」と言わせない!秋入り口のコーデって|今週の人気コーデランキング

オトナサローネで人気の【毎日コーデ】記事の中から、今みなさんが注目しているコーデをピックアップ。お買い物に行くときは、是非参考にしてみてください!ここ1週間は、みなさん【秋コーデやオバサンに見えないコ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事