ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。

美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。

デイリーにヨガやストレッチ、野菜多めの食生活を心がけてはいるものの、執筆中心の生活だと、どうしても運動量は少なめ。なので、一度増えた体重を戻すのは、ダイエットの原則「摂取カロリー<消費カロリー」を考えても、なかなか至難のワザな環境にいます。

しかし最近「2kg太った」のに、会う人から「あれ? 痩せた?」と言われる秘策をゲット。

そこで今回の特集記事では、現在の私が実践した「痩せ見え」のウソみたいなホントの話をご紹介します。

 

“前重心”に気づいただけで「3kg痩せ見え」に成功!?

「あー、太っちゃった。どうしよう」と思いつつ、治療中疾患の薬の影響もあり、今はなかなか思うように痩せにくい私。

ですが、あるときに自分が写った写真を見て、実際に太ったことに加え、太った影響で”姿勢が悪くなっている”というカラダの癖を発見しました。

以前よりお腹がぽったりしてきて、二の腕もぽちゃっとしてしまったために、なんとなく全体的に「前重心の丸っこい姿勢」に変化していたんです。

その瞬間、「コレって、ぽちゃ見えする典型だし、まずは姿勢を正すところから始めなくては」と一念発起。

壁にかかと、ヒップ、背中をくっつけてみると、やはり以前よりも“前重心”がかかっている姿勢になっている自分を改めて確信しました。

そこでまず取り組んだのは、“正しい姿勢”を常に意識すること。

正しい姿勢をとることで、脂肪の燃焼も効率化できると言われているうえに、背筋が伸びると見た目体重が落ちるメリットも期待できるので、手っ取り早い方法から着手しようと、ある意味「ズボラ」な発想ではありますが……。

すると、姿勢に気をつけるようになって10日ほどで「あれ? なんか痩せた?」と声をかけられる機会が増えました。

 

姿勢を正すと、ボディラインも整う!だから「痩せ見え」が叶う

私はヨガインストラクターの資格をもっていますが「姿勢を正すと、スタイルアップが叶う」は、よく言われるお話です。

そこで、日ごろパソコンに向かっている時間が長い私は、気づくとお腹から力が抜け、前のめりかつ肩が前に入る典型的な“ダメな姿勢”になっていた自分に喝を入れてみることに。

具体的には、意識的に作業中の姿勢を改善するところから開始しました。

座っているときにも“体幹”を意識し、お腹から気を抜かないよう、1時間ごとにアラームまでセットして、自らの姿勢をチェック。

こんなふうに、自分の“姿勢”に意識を向ける時間を増やしてみただけなのですが、その効果たるや、想像以上だったのです。

姿勢が整いはじめたことで、お腹の脂肪も少しずつ減りデニムは1サイズダウンに成功、さらには背筋が伸びた効果による“痩せ見え”たるや、狙っている以上のものに……。

また、パソコン操作中に前に入り込むことが多かった“肩まわり”も、体幹を意識することにより、本来の位置に戻しやすくなり、二の腕も少し引き締まってきました。

 

実は、この方法をトライしてから、実際に減った体重は約1kgほど。なのですが、会う人から「痩せた?」と声をかけてもらえるということは、見た目体重的には、多めに見積もって3kgほど変わったんじゃないかなと実感中。

「お正月太りを、今すぐになんとかごまかしたい!」と思っているみなさま、“姿勢”に注目するだけで、ムダなお肉を落としやすい作用が期待できたり、見た目体重がごまかせたりするメリットは大きいです。ぜひお試しあれ!

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

そのクセをやめるだけでヤセられる!生活に潜む"太りグセ”とは?

ヨガやサプリ、エステなど、頑張っているのにヤセない。その理由は、太りやすい体質のせいではなく、生活に”太りグセ”が潜んでいる可能性があります。自身のマイナス20kg体…

だいぶヤバイ!40代のお尻と太もも、今からでも効果大のエクサ4つ

パンツを履いて「ヤバイ」と感じたことありませんか? パンツのラインが肉に食い込んで痛いとか、動いているとパンツがどんどんお尻の谷間に入っちゃうとか、とにかくお尻…

植松晃士「疲れたオバさん」にならない! 40代から見直すべき大切なこと。 

みなさん、こんにちは。植松晃士です。バテそうな毎日。熱中症の話題がひきもきりませんが、40代以上になったら、やっぱり体力や免疫力って必要ですよね~。さて。今回は疲…

「いや、ナシでしょ!」男が厳しい目を向けている40代女性の美容努力3パターン

女性は「美しく見せたい」と努力しているつもりでも、男性視線だと「いや、ナシでしょ!」と思いがちな美容もあります。そのなかには「若い子がしているのはかわいいけど、…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」に合わせ…

フレンチネイルでも不評に…!? 男ウケ最悪な40代女性の「爪」3大NG

婚活を意識しているタイミングではなくとも、職場や取引先の異性から「ダメなオバサンっぽいなぁ」なんて思われるのは、できるだけ避けたいところ。男性から「これはなしだ…

植松晃士 ご注意!「生活感ある」オバ髪にならない方法

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回のコラムを読んで、さっそくセールに行った方はいらっしゃるかしら?ぜひ、新しいアイテムでフレッシュな自分を見つけてください…

お尻の冷えは怖い⁉︎ お尻を温めて美尻を作る7つのコツ

昨年は「美尻」を目指す女性が多く、美尻づくりのためのお尻専門のパーソナルジムが注目されました。たしかにお尻って普段自分ではあまり触らないし見ることもありません。…

勝手に予測! 2017美容&ダイエットの流行、4つのキーワード 

新年あけましておめでとうございます。本年も、OTONA SALONEはリアル役立つ情報を発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。さて、2017年がスタートし…

2018これが来る! 美容・健康・ダイエット流行予測 by編集長アサミ

新しい一年が始まりました。あけましておめでとうございます。OTONA SALONE編集長・浅見です。本年もよろしくお願いいたします。2018年のスタート。今年はどんな年になり、…

30代までは不要でも…40代になったら絶対に「手元にあったほうがいい」コスメ3選

年齢を重ねるごとに「若い頃と、なんとなく肌がちがう」を感じる女性は少なくありません。ちまたにあふれているコスメも、“そのときの自分”に適しているか否かの視点で選ぶようにすると、無駄買いを防ぎつつも、効率…

やりすぎ…! 40代女性の「義母の美容」にまつわる暴走おせっかい3選

40代女性のパートナーの親世代となると、60代後半から70代、場合によっては80代の女性もいらっしゃいます。日ごろから美意識が高い女性ほど、彼や夫の母親との美容談義にも花が咲くものですが、ちまたには「よかれ」…

定番でもデンジャラス…? 男が内心「うーん」と思っている40代女性のデイリーメイク3選

20代や30代の女性がしていると「ちょっとざんねん」で済むのに、40代女性がしていると「痛いオバサン」などと男性からの強烈な不評を招きがちなメイクもあるのが実情です。トレンドを追いすぎて「若づくり?」などの…

男は敏感…!「ひょっとして性格ブス?」の疑惑を向けられる40代女性の傾向3選

外見の印象がどうであれ「あー、性格ブスってやつね」と男性に思われれば、恋愛チャンスは激減するのが常。パートナー探しを真剣に進めている男性ほど「性格のいい女性とのご縁を狙っています!」も多いだけに、ちょ…

食事会に出没…!? パッと見で「深入りしたくない40代女性」3大NGな傾向って…?

出会いの場においては、パッと見で周囲に好感を与える女性もいれば、残念ながら「あ。この人とは、深入りしたくないな」と思われてしまう人もいるのが実情。パートナーを求めているタイミングや婚活を意識している時…

「ざんねんな40代女性って、こんな人」男性たちの意見が辛辣だけど的を射ていた…

今から、ちょっと不快な言葉を連呼します。ご不快に思われるかたもいらっしゃるかもなので、先に謝っておきます、ごめんなさい。実は私、ついこの前「ざんねんな女性」について真正面から、男性たちと語りあう機会が…

パートナーは大丈夫? 「イケてない風貌のオジサン」だと彼女や妻にもダサい疑惑が…!?

彼氏や夫などが、いわゆる「イケてる」部類だと「奥さんがしっかりしているのだろう」「彼女がちゃんとしているのだろう」などと、“内助の功(!)”的な評価を受けがち。一方で、失礼ながらも“見るからにイケてない風…

オバサン上等! 男が思う「コムスメには絶対に負けない」40代女の魅力って…?

「女は若いほどいい」なんて女性からするとイラっとする言葉も耳にするものの、ちまたには「40代くらいの女性のほうが、付き合いやすい」と口にする男性も多いのは確か。今どきの40代は、ひと昔前と比べても気力も見…

接触してこなくても図々しいオバサン…! 40代再婚女性たちが「許せない」元妻エピソード3選

いまや、夫婦のどちらか、あるいは双方が再婚というカップルだって珍しくない時代。過去があるのは悪いことではないけれど、そこで“過去”が“過去”で済まされず、“現在”にまで影響を及ぼすとなると、ウンザリするのも…

20・30代ならよくても…「40代ではさすがにナシ」男に厳しいジャッジを下される女の特徴3例

20代や30代なら「アリ」でも、40代だと「ナシ」になることって、恋愛シーンにおいてはそれなりにあるようです。出会いの場での会話ひとつにも「40代にもなって、さすがにキツイ……」と辛辣なジャッジを下されているケ…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事