ウソみたいなホントの話…たった「コレだけ」で3kgやせ見えに成功しました!

年末年始には、ふだんより飲食する機会も増えがちなだけに「気をつけていても、太った」を招きやすい時期。

美容家として活動する私も、この年末年始で、御多分に洩れず2kg弱増えました。

デイリーにヨガやストレッチ、野菜多めの食生活を心がけてはいるものの、執筆中心の生活だと、どうしても運動量は少なめ。なので、一度増えた体重を戻すのは、ダイエットの原則「摂取カロリー<消費カロリー」を考えても、なかなか至難のワザな環境にいます。

しかし最近「2kg太った」のに、会う人から「あれ? 痩せた?」と言われる秘策をゲット。

そこで今回の特集記事では、現在の私が実践した「痩せ見え」のウソみたいなホントの話をご紹介します。

 

“前重心”に気づいただけで「3kg痩せ見え」に成功!?

「あー、太っちゃった。どうしよう」と思いつつ、治療中疾患の薬の影響もあり、今はなかなか思うように痩せにくい私。

ですが、あるときに自分が写った写真を見て、実際に太ったことに加え、太った影響で”姿勢が悪くなっている”というカラダの癖を発見しました。

以前よりお腹がぽったりしてきて、二の腕もぽちゃっとしてしまったために、なんとなく全体的に「前重心の丸っこい姿勢」に変化していたんです。

その瞬間、「コレって、ぽちゃ見えする典型だし、まずは姿勢を正すところから始めなくては」と一念発起。

壁にかかと、ヒップ、背中をくっつけてみると、やはり以前よりも“前重心”がかかっている姿勢になっている自分を改めて確信しました。

そこでまず取り組んだのは、“正しい姿勢”を常に意識すること。

正しい姿勢をとることで、脂肪の燃焼も効率化できると言われているうえに、背筋が伸びると見た目体重が落ちるメリットも期待できるので、手っ取り早い方法から着手しようと、ある意味「ズボラ」な発想ではありますが……。

すると、姿勢に気をつけるようになって10日ほどで「あれ? なんか痩せた?」と声をかけられる機会が増えました。

 

姿勢を正すと、ボディラインも整う!だから「痩せ見え」が叶う

私はヨガインストラクターの資格をもっていますが「姿勢を正すと、スタイルアップが叶う」は、よく言われるお話です。

そこで、日ごろパソコンに向かっている時間が長い私は、気づくとお腹から力が抜け、前のめりかつ肩が前に入る典型的な“ダメな姿勢”になっていた自分に喝を入れてみることに。

具体的には、意識的に作業中の姿勢を改善するところから開始しました。

座っているときにも“体幹”を意識し、お腹から気を抜かないよう、1時間ごとにアラームまでセットして、自らの姿勢をチェック。

こんなふうに、自分の“姿勢”に意識を向ける時間を増やしてみただけなのですが、その効果たるや、想像以上だったのです。

姿勢が整いはじめたことで、お腹の脂肪も少しずつ減りデニムは1サイズダウンに成功、さらには背筋が伸びた効果による“痩せ見え”たるや、狙っている以上のものに……。

また、パソコン操作中に前に入り込むことが多かった“肩まわり”も、体幹を意識することにより、本来の位置に戻しやすくなり、二の腕も少し引き締まってきました。

 

実は、この方法をトライしてから、実際に減った体重は約1kgほど。なのですが、会う人から「痩せた?」と声をかけてもらえるということは、見た目体重的には、多めに見積もって3kgほど変わったんじゃないかなと実感中。

「お正月太りを、今すぐになんとかごまかしたい!」と思っているみなさま、“姿勢”に注目するだけで、ムダなお肉を落としやすい作用が期待できたり、見た目体重がごまかせたりするメリットは大きいです。ぜひお試しあれ!

 

スポンサーリンク

白髪より気になる…男が密かに「ナシ」認定している40代女性の残念ヘア3選

40代ともなると、これまでよりも白髪に頭を抱える女性も増えてくるのは確か。白髪があると老けて見える要因にもなりやすいだけに、実年齢より下に見せたい女性ほど、白髪染…

だいぶヤバイ!40代のお尻と太もも、今からでも効果大のエクサ4つ

パンツを履いて「ヤバイ」と感じたことありませんか? パンツのラインが肉に食い込んで痛いとか、動いているとパンツがどんどんお尻の谷間に入っちゃうとか、とにかくお尻…

40代の顔が一気に老ける「たるみ」。どうして肌はたるむの?どう対策すればいい?

日に日に深刻になっていく40代のお肌の悩み。中でも顔の印象を一気に老けさせてしまう「たるみ」の悩みは深刻です。オトナサローネの「特集・オトナのたるみケア」では、皮…

そのクセをやめるだけでヤセられる!生活に潜む"太りグセ”とは?

ヨガやサプリ、エステなど、頑張っているのにヤセない。その理由は、太りやすい体質のせいではなく、生活に”太りグセ”が潜んでいる可能性があります。自身のマイナス20kg体…

白髪が簡単に隠せた!おすすめヘアファンデーション3品&失敗しない使い方5点

白髪があるかないかで見た目年齢にかなりの差が出てしまうアラフォー世代。定期的に染めている人も多いと思いますが、数日たてば髪がのびてきて生え際が白くなってきますよ…

オススメ!白髪染めを市販の「ヘアマニキュア」に変えてわかった5つのメリット

40代ともなると、大きなテーマの1つとして急浮上するのが白髪問題。他の人の白髪率なども気になってくるお年頃なのか、私自身もこの1~2年の間に「もしかして、まだ白髪出…

少しの違いが大きな差! メイク下手な40代女性ほど「持っていないアイテム」3選

40代ともなってくると、日々のメイクには自分なりのルーティンが確立されてくる女性も珍しくありません。もはや何十年と日常的にメイクをしていれば、極端な話「目を瞑って…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

「自分で見えない部分」の白髪に困る人、3COINSで今すぐコレ買って!

ひろたかおりさんの【男の本音】で取り上げられていましたが、男性が気になっているのはスタイルよりも髪の毛とのこと。女性よりも背が高い人が多いわけですから、立ち話な…

もう失敗しない!「白髪染め」色選びは肌タイプより〇〇が重要だった

白髪染めはカラーバリエーションが少ない、暗い色に仕上がってしまうというのは昔の話。今は薬剤の進化でトレンドカラーも取り入れられるようになりました。また、カラーの…

眉が決まらない理由はコレ!メイク下手な40代ほど「使っていない」化粧ブラシ3選

40代にも、デイリーのメイクに苦手意識をもっている女性は、決して少なくありません。「友達から“メイクが濃いね”って言われてから、凹んでいる」「親しい男性から、“化粧が下手だね”って言われた」などなど、何かを…

今日のメイクは大丈夫? 2019秋「男が嫌がる40代女性のメイク」の共通点って?

秋らしい季節感を意識して、夏までとはメイクを変えた40代女性も少なくないはず。深みのある色も増えるこの時期には、大人のクラシカルを楽しむメイクにも、惹かれがちではないでしょうか。ところが、この“クラシカ…

オバ見えが加速!40代が買ってはいけない「アイシャドウ」秋の3大NGカラー

昨今のメイクトレンドは、40代女性が若い頃と比較すると、よりカジュアルかつナチュラルな仕上げが主流です。アイメイクも、ここ数年でグッとシンプルになり、オーソドックスな塗り方であるグラデーションや締め色使…

彼の家に行ったらこっそりチェック!「育ちの悪い40代男」の家に潜む悪習慣3選

男女ともに、新たな恋人の前では「自分を良く見せたい」の心理から、“きちんとした人”に見える振る舞いをあえて心がける傾向も。そして関係が安定してきた頃合いに、気を抜いた言動が増え、パートナーから「実は、こ…

このセリフが出たら要注意!浮気性な40代男ほど口にする危険なフレーズ3例

浮気や女グセの悪さは、ある種のビョーキで「浮気性な男は一生治らない」とも聞きますよね。確かにまわりの男性を見渡してみると、浮気をする男性、あるいは複数の女性と同時進行で交際する男性は、年齢を重ねても悪…

モテを逃す!男性が嫌う40代女性のダメなすっぴん顔3例

いつの時代も、男性は「すっぴんが好き」と言われます。40代の恋愛話においても「ケバいメイクの女性はイヤ」「派手なメイクの女性には警戒する」などの声がたびたび聞かれますので、あえて“すっぴん風”のメイクでモ…

【40代のプチプラコスメ】大人も大満足!肌にも髪にも使える便利ワザって ?

気になっていたプチプラアイテムを使ってみたものの「保湿力がイマイチかも?」「やっぱり高いもののほうが、満足度は高いわ」などと感じた経験のある40代女性は少なくないはず。実際、使い勝手が価格と比例するコス…

「いつものほうが素敵だったのに」男がガッカリした40代彼女のヘアチェンジ3例

イベントデートなど、普段よりも気合いを入れたい日には、いつもとは異なるスタイリング剤を使って髪を整える40代女性も少なくありません。しかしせっかく気合いを入れたのに、男性目線だとむしろ「いつものほうが素…

結婚はあえて選択しません! 40代の「長続きカップル」意外な共通点って?

昨今は、カップルの関係にも、多様性が顕著。出会いから交際、結婚、出産……と、いわゆる“お決まり”のパターンにハマらずに、自分たちなりのスタイルを貫く男女も増えてきました。40代カップルでも、長く交際を続けな…

ギョッ、デートでその食べ方は…男がドン引きした40代女性の「お育ちが悪すぎる」食事マナー3例

男女の仲は、食事をともにすると、相手の“人となり”がよくわかるのも事実。だからこそ、興味のある異性とはまずは食事デートから……の流れは、40代の恋愛においても一般的ですよね。そして、そのデート中に「ん? な…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事