年齢より上に見える…老け見えする40代女性のポーチに高確率で「入っていないもの」3選

デイリーに持ち歩くコスメは、極力少なくしたいのもホンネながら、年齢の波をうまくフォローするアイテムは、賢く味方につけておきたいのも実情です。

メイク崩れが激しくなれば、それだけで即・オバ見え! の恐怖にも直面しがちなだけに、お直しグッズは常にスタメンを精査したいもの。

「そういえば、ポーチには適当なコスメしか入れていないかも」に少しでもお心当たりのある40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、実年齢より上に見られがちな40代女性のポーチには、高確率で“入っていないコスメ”を3選ご紹介します。

 

「ある」と「ない」では大違い…老け見え40代女性が持ち歩かないもの1:皮脂やうるおいにアプローチするパウダー

肌の状態は、見た目年齢を大きく左右します。

時間の経過とともに崩れがちなベースメイクのお直しは、40代ではなくともマストな部分ではありますが、加齢によって不安定な肌に陥りがちな私たち世代は、ただ「直せればいい」という話でもなく、劣化ポイント(!)に適切にアプローチしてくれるパウダーが頼りになる存在に。

体調や気候によっても、肌の“崩れポイント”が異なる40代も少なくなく、メイク直しによってフレッシュな肌を取り戻すならば、それらのポイントをフォローしてくれるアイテムがマストです。

生理前や生理中など、タイミングによって肌状態が異なるルーティンがあるかたは、その時期に合わせてパウダーを入れ替えるように意識しておくと、いつものお直しでの若見えが狙いやすくなります。

 

「ある」と「ない」では大違い…老け見え40代女性が持ち歩かないもの2:きちんとした専用ブラシ類

出先でのお直しには、アイシャドウやアイブロウなど、細かな部分の微調整もつきもの。

しかしパレットに付属している小さめのチップやブラシだと、手元が狂ったり狙った箇所に思いどおりに塗れなかったりといった“プチ残念”も起こりがちです。

トイレの洗面台など、十分なスペースや採光がないことも多い空間でのメイク直しでは、お直しに用いるお道具の利便性も、思っている以上に重要。

指先で細かな操作をしなくてはならない付属ブラシでお直しするより、きちんと長さのあるメイクアップ専用ブラシでお直しをしたほうが、扱いやすさから失敗も少なくなりやすく、時短でのお直しが叶ううえに、仕上がりも格段に美しくなります。

少々持ち物は増えてしまいますが、ご自身がデイリーでおこなっている“お直しポイント”に使用するブラシだけを厳選してポーチに忍ばせれば、思っているよりかさばらずに持ち歩けるはずです。

ちなみに、「付属品よりは大きいけれど、家で使うものよりはコンパクト」なブラシも各メーカーから多くつくられているので、こういったものを活用するのが便利です。

 

お直しで大活躍のアレはないと困るかも!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事