もったいない…!「髪が汚いオバサン」と思われる40代に足りないヘアケアって?

40代ともなれば、若いころと比較してパサつきやうねり、白髪などに頭を抱える女性も増えてくる年代。

白髪などは同世代であれば、もはや「お互いさま」でもありますが、とは言っても、お手入れ不足の髪には厳しい目を向ける人が多いのも実情です。

メイク直し用のコスメには気を配っていても、ヘアケア製品には無頓着……となってしまえば、顔の“フレーム”が残念なことにも。

「そういえば、出先でのヘアコスメって、持ち歩いてないかも」にお心当たりがあった40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は「あの人、髪が残念」と言われる40代女性ほど外出先に持ち歩いていないヘアケアグッズのお話です。

 

面倒だから持ち歩かない…でウッカリおばさん!? 髪が残念な人ほど持ち歩かないヘアケアグッズ1:ブラシoクシ

「出先では、ほとんど髪を梳かすことなんてないから」と、ブラシやクシなど髪をとかすアイテムを持ち歩かない女性ほど、いざというときに残念な髪に直面してしまっている実態も。

毎日決まってお直しで使うわけではないかもしれないけれど、突発的な強風にさらされたあとや、予想外の汗などで髪にボリュームが失われてきたときなどに、髪をとかすものを持ち歩いているのといないのでは、お直しの完成度が変わります。

「今日のお昼過ぎの突風、すごかったねぇ」などと言いつつ、髪の毛がパサパサのボサボサのままでは、想定外のオバサン感を醸し出してしかり。

大きなブラシ類を持ち歩くのは面倒でも、最近では折りたたみ式の小さなブラシ類も多く揃っているので、いざというときに備えて、ひとつは忍ばせておいて損はありません。

 

 

面倒だから持ち歩かない…でウッカリおばさん!? 髪が残念な人ほど持ち歩かないヘアケアグッズ2:ヘアワックス

40代の髪は気まぐれな傾向も強く、その日の気候や天候によっても、スタイリングの持ち具合が異なることもしばしばです。

そんなとき、ちょっと水で濡らした手もとでスタイリング直後のような仕上がりが取り戻せればベストではありますが、40代の髪は“うねり”や乾燥も深刻化しがちなだけに、一度崩れたスタイリングは、そう簡単に戻らないのも常。

そんなとき、ヘアワックスが手もとにあるのとないのでは、お直しの完成度に差が生じるのも実態です。

極端な話、ワックスが手もとにあれば、あまりにも言うことをきかない髪を思い切ってスタイルチェンジしてしまうのも可能ですが、コレが手もとにないとなると、崩れたスタイリングのまま、なんとかごまかしながらその場を凌がざるをえないことにも。

パサつきやうねりが一度出た髪は、生活感や疲れた様相を醸し出しがちなだけに、思っている以上のオバ見えを招く引き金にもなりがちです。

 

乾燥したときは、○○を持ち歩いて! 次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

BEAUTYに関する最新記事