オバ見え注意…! 男が「ここが残念」と思った40代女性の髪って?

ちょっとした“残念”のせいで、周囲からオバサンっぽく映ってしまうこともあるのが、私たち40代にはつきもの。

「顔のフレーム」である髪においても「あー、ここが残念だなぁ」「ここさえ直せば、オバサンっぽさは消えるのに」と冷静なジャッジをくだしている男性も珍しくない模様です。

今回は、時短美容家の私、並木まきが男性たちから聞いた「オバ見えの原因なんじゃないかと思った残念髪」の特徴から、特に「なるほど」と感じたものをご紹介します。

 

ここさえ直せばオバ見えしないと思うのに…男が思う残念ヘア1:やけに明るめなカラーリング

「白髪染めなのかもしれないけど、いい歳なのに、やけに明るい色にカラーリングしている40代は、かえってオバサンくささを出している気がしてなりません。

しかも今って、若い子でもあまり明るい色に染めている子がいないこともあってか、なんだか古臭いって言うか……。本当に申し訳ないと思うけど、そういう色に染めている中年女性を“おしゃれ”って思ったことは、個人的にはないですね。

白髪対策とかで染めるなら、自然な色に染めるほうがずっと若々しく見えるんじゃないかなぁって、余計なお世話かもしれないけど、思っちゃいます」(43歳男性/研究所勤務)

 

若いころからずっと染め続けてきた40代女性だと、自分なりの「定番カラー」がある人も。

そして、常に明るめなカラーに染めてきた人ほど、暗い色は「私には似合わないかも」と、避けがちでもあります。

しかしその明るい髪色こそが「残念」と思っている男性も。

このあたりは個人差もありそうですが、ちょっとでも「私も?」と感じたら、担当美容師に相談してみるのもいいのかも。

 

ここさえ直せばオバ見えしないと思うのに…男が思う残念ヘア2:生え際からかなり伸びてきた“プリンな白髪”

「プリン状態になっている白髪の女性は、本当にババくさいと思います。

ならばいっそ、白髪を染めずに活かしたスタイリングをしている人のほうが、すがすがしい。

途中まで染めているのに『最近は、サボってます!』なのがミエミエなあのプリン状態は、すさまじい生活感を垣間見た気分になるんですよね……。

僕自身は白髪染めをしていないけど、頻繁に染めるのは大変だろうなっていうのは理解します。

でも、白髪でも白髪じゃなくてもプリンな髪が苦手なので、どうしてもダメ。

で、それが白髪だとなんだか妙に年齢を感じてしまう」(42歳男性/経営)

 

染めている部分と染めていない部分のコントラストが目立つ“プリンな白髪”は、男性目線の「残念」を招きやすい面も否めません。

生え際近辺の白髪は、特に目に入りやすい箇所ですので、そこで「あ、染めるのをサボってるな……」がわかると、ズボラ感からのオバサンっぽさが出やすいのかも。

 

髪をふんわり見せるためにパーマをしても、○○だと…… 次ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク