「自分に似合う服」が見つかる!大人のための骨格バランス診断

各タイプにおすすめの素材はコレ!

ストレートタイプ
ストレートタイプがもっている体の質感は、「むっちり」「がっちり」。だから体の存在感に負けない、しっかりとした厚みや張りのある綿や、ハイゲージのニットなどが似合います。逆にふわふわとしたシフォンやモヘア、レース、ツイードなどは上半身の厚みを強調して、太って見えるので苦手です。

ウェーブタイプ
ウェーブタイプの質感は「やわらか」「ふんわり」なので、体と同様の質感のシフォンやモヘア、光沢感のあるベロアなどが得意。やわらかな素材で上半身の薄さもカバーできます。

ナチュラルタイプ
ナチュラルタイプの質感は「骨っぽい」「やせているけれど華奢ではない」ので、その骨っぽさにふさわしいしっかりとした麻、デニム、ツイード、ムートンなどニュアンスのある素材が似合います。

また、50代以上になると、ウェーブタイプやナチュラルタイプが、ストレートタイプ向きのフラットな素材(綿やカシミヤなど)を選ぶと地味に見えがちに。ストレートやナチュラルは、若いころよりやわらかめの素材が似合うようになってきます。

タイプ違いの50代で似合うシャツ・NGなシャツを検証

ストレートタイプはパリっと張りのある素材、ウェーブタイプはふわっとやわらかな素材、ナチュラルタイプはゴワッと素材感のあるものを選ぶのが基本。骨格バランスタイプの違う3人が白シャツで試してみました。

ストレートタイプ

<おすすめ素材>

 

・綿などの張りのあるしっかりとした素材

・やわらかな素材ならヘビーシルクなど、肉厚の素材

<NG素材>

・ペラペラ、ふわふわした薄い素材は苦手。体の質感に服が負けて、たとえ高価なシャツでも安っぽく見えてしまう。

ウェーブタイプ

<おすすめ素材>

・シフォンやサテンなどやわらかな素材が似合う

<NG素材>

・張りのある素材を着ると、素材に体の質感が負ける。服に着られている感や、大げさな印象に見えてしまう。

ナチュラルタイプ

<おすすめ素材>

・麻やデニム、スエード、ネルなどのざっくりした素材

・表面に凸凹がある立体感のある素材

・やわらかな素材や張りのある素材を着たいときは、デザイン性のある服やオーバーサイズがおすすめ。ドレープやシワの立体感を活かすことでおしゃれに見える

<NG素材>

・表面がフラットな素材。地味で硬い雰囲気に見えてしまう。

自分の強みや弱点を知ることで、自分らしいおしゃれを楽しんでくださいね!

もっと詳しく知りたい方はコチラ

1 2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク